ひろしデス。

  • 2014.07.02 Wednesday
  • 13:00

 我が家では、梅干作りは既に賑々しく華々しく始まっておりますが、スーパーの店頭にはまだまだ、ソレ関係の商品が並んでおります。
 ただ、コレなんかは、糠漬けにも必要でしょうし、あと、あと・・・・何でしょ? 汗出るし、舐めるか?
 塩です。


見たコトない、塩。
よく見たら、このスーパーチェーンのPB(プライベートブランド)でした。
ま、ソレはいいのですが、パッケージの文句が、ワシのココロを揺さ振ったというか、「何じゃそら」と目を惹いたのであります。

「自然が生み、天が干した」
 コレも何だかチョッと・・・・今更そんなコト言わんでも、ええんちゃう?という感じで、もひとつですが、ま、ええとしましょ。モンダイは次。
「ひとふりの塩が甘味を増すように ひとの涙もいつか人生の甘味料になる。」
 ・・・・・ん〜・・・いかがですか?
 ん〜ん〜ん〜、あまりにも巧いコト言い過ぎていて、ドーでしょ。しかも、こんなトコで、ワシの嫌いな「みつお(を?)」みたいなええハナシされても・・・ねぇ。

 が、ワシがホントにモンダイ視したのは「天日塩」という商品名の左下に書かれた・・・


「ひろし」というサイン。
誰?
コノ「天日塩」という文字を書いた、名のある書家でしょうか?
ソレとも「みつお(を?)」みたいなコトを言う「みつお(を?)」みたいな人のお名前でしょうか?
社長か?

 ま、いずれにしても、ココまで大袈裟に、哲学じみた、人生訓みたいな、教育的な、ポエッティな、パッケージの塩で漬けても、梅は美味くならないような気がする、というか不味くなりそうなので、ワシなら買わない。
 恐らく、中に封じ込められた塩にとっても、荷が重いと感じて萎縮するマジメなヤツもいるだろうし、「結局、このコピー、俺たちの評価ではなく別のコトを語っているワケで、そんなん関係ねぇし」と、ムクレるヤツも出てきたりして、とにかく、袋詰めされたコノ段階で、あまり良い環境にあるとは思えず、コノ段階でコレだと、製造過程で様々なエゴが係わっていそうで、美味くない、きっと。
 ま、やたらタイソーな売り文句を並べた商品には気をつけなはれや、ちゅーコトです。
 多いけど、ソーいうの。

Thumbnail
和モノ 【絵本『CONTON』】 http://www.youtube.com/watch?v=RA1t2ssZk_o
びごーじょうじ×KatsukiHarusuke
洋モノ  【CONTON English version】 Picture Book『CONTON』Joji Bigo×Harusuke Katsuki
Story and Pictures:Joji Bigo/Music:Harusuke katsuki/Translated:Yukiko Nakata

(病床の奥さんからの手紙、宛名も離婚直訴の文字もワープロというかワードで書いたような立派な字やったね。)
(コーやって、次のコマに進んだか。ソレより他の女のコト、ドーして分かったんやろ? 分かるかなぁ、フツー・・・・)
(・・・・・・・・・・・・・よぉ分からん。     以上『花子とアン』関係)
 

懐石

  • 2014.06.19 Thursday
  • 09:28
       
 「懐石」?
 何じゃろかと見たら、猫の餌である。
 そりゃソーだ。ココはスーパーの犬猫の餌売り場やからね。
 


 しかし、猫の餌に懐石料理とはドーいうこっちゃ。コレは少し解析せねばならんな。へへ。
 コレが高いのか安いのか分からんが(ワシは猫の担当ではないからね)、ま、ウチのアホ猫茶太なんぞには関係ないジャンルやね。せいぜい居酒屋とか焼き鳥とかファミレスか。ん?・・・・ファミレスちゅうシリーズがあってもええんちゃう?猫餌。
 
 茶太の場合、コーいうタイソーな名前の餌を出されると、まず正座して対峙するな。
 そして、一度、深々と会釈し、一応「ええお庭どすなぁ」などと社交辞令的に主人に愛想を言うてみたりして、軽く食前酒に口をつけ、次に、床の間に置かれた茶器などを眺め、何の興味もなく価値などサッパリ分からぬくせに「アレはドチラの窯の・・・」とか「アノ軸は何方の・・・」と途中でコトバを切ってみせたりするのである。
 やがて、ショリショリなどと下品な音を立てないように気をつけて、まずは八寸に箸をつけようとお膳を見下ろすのだが、ソコは悲しいかな猫餌、八寸も何も、ザザザザとした乾燥チップがただただテンコ盛りになっているだけで、仕方がないので、とりあえず「ニャ」と小さく咳払いなどし、乾燥チップを一つまみ、小指を立ててオチョボグチへと運ぶのだが・・・・日頃食べている安モノの餌とさして変わらず、そんなコトより、先ほどからカッコつけてアレコレ気を遣い、自覚する以上にキンチョーしていたのだろう、フと我に返った途端、モノスゴイ空腹感が襲ってきて、ついつい己を抑え切れなくなり、ワシャシャシャシャと、懐石料理をかき込む茶太であった。


(ああ〜、腹減ったニャ〜・・・・)  
※本人(本猫)にすれば、コレでもかなり背筋を伸ばしているのだが、いかんせん猫背


「ええお庭どすなぁ」


「アレはドチラの窯の・・・」
・・・・・
「アノ軸は何方の・・・」
「アノ雌の見返り猫がなかなか妖艶で・・・へへへ」
(しもた。下品か? 余計なコト言うてしもたニャ)
・・・・・
・・・・・
・・・・・
「ニャ」 ※小さな咳払い
(うわぁ〜、腹減り過ぎて、血糖値下がって、アカンわ、こんなんアカンアカン)


ワシャシャシャシャ

腹に入れば皆同じニャ。
ふわぁぁぁぁ〜・・・・
  
Thumbnail
和モノ 【絵本『CONTON』】 http://www.youtube.com/watch?v=RA1t2ssZk_o
びごーじょうじ×KatsukiHarusuke
洋モノ  【CONTON English version】 Picture Book『CONTON』Joji Bigo×Harusuke Katsuki
Story and Pictures:Joji Bigo/Music:Harusuke katsuki/Translated:Yukiko Nakata

(ソーかソーか、東京に出て来たんや。アノ2人の出逢いて・・・・もしかアノ2人が逢引するコトになるのか?)
(ブルジョアとプロレタリア(?)の許されぬ恋? おおー、またまた朝ドラらしかぬドロドロの悲恋の始まりか?)
( 以上『花子とアン』関係。)
    

毅然と・・・・

  • 2014.06.13 Friday
  • 10:42
    
 始まったらしいやん。観てないけど。
 ブラジルのオウンゴールで、クロアチアが先制したらしいやん。
 ネイマール2本決めて、3-1でブラジルの逆転勝利らしいやん。
 日本人主審が毅然とブラジルにPK与えたし、クロアチア監督やらいろんな人々から毅然と非難されたし、ネイマールに毅然とイエローカードも出したらしいやん。
 とにかく、毅然としていたというコトのようです。はい。
 
 ところで、「ルーズベルト・ゲーム」というのは、野球で8対7の乱打戦のコトで、米ルーズベルト大統領が「野球で最も面白いのは8対7だ」と言うたコトが起源というか由来らしい。
 ほぉ〜。なるほど。ソーやったんか。
 で、サッカーの場合、5対4とか4対3アタリの点の取り合いが、ソレに当たるらしい。コノあたりがイチバン面白い、と。
 元オランダ代表のクライフが「1−0で勝つよりも、4−5で攻めて負けた方が美しい」などというようなコトも言うておるとか。ただ、イタリアなど伝統的に守備を重視する国は、1−0のロースコアが最も好まれるそうです。はい。
 以上、日刊スポーツの受け売りです。
 ザックJは、コノ度、コノ線で行くみたいですな。
 
 さて、コートジボアール戦が間近に迫って参りました。
 放送日時や日本の初戦というコトで、オソロシーほどの視聴率になるのではないかと予測されます。
 街は静まり返り、電気使用量は鰻のぼり、結果によっては昼から鰻重。
 ああ〜盛り上がる・・・・・・・・だろうなぁ。
 ただ、ワシは参加できないのだ、コノ好機に。
 法事なのである。
 ピッタリ、ソノ時間帯。
 前々から分かっていたコトなのだが、まだココロの整理がついていないのだ。
       


スーパーへ行っていなかったワケではないが、ご報告するような魅惑的な事象に恵まれていなかったのであります。
で、昨夜久々に、こんなモンを見つけました。
初めて行ったスーパーなのです。実は。で、あまり時間の余裕がなかったのであります。
レジも終わり、帰り際に気づいて慌てて撮ったので、ブレてます。しかも、内容についてじっくりチェックしてないので、詳細は分かりません。
焼酎の量り売りというか小分け販売という、そんなモノのようです。かなりデカイ。
麦の樽にも、芋の瓶にも、下の方に蛇口のようなモンが付いていて・・・・ドノようなシステムなのか、今度じっくりチェックしてきます、というか、量り買いしてみます。
で、毅然とご報告する予定でおります。はい。
  
Thumbnail
和モノ 【絵本『CONTON』】 http://www.youtube.com/watch?v=RA1t2ssZk_o
びごーじょうじ×KatsukiHarusuke
洋モノ  【CONTON English version】 Picture Book『CONTON』Joji Bigo×Harusuke Katsuki
Story and Pictures:Joji Bigo/Music:Harusuke katsuki/Translated:Yukiko Nakata

(『ごちそうさん』の源ちゃんといい、『花子とアン』の朝市といい、近すぎるのかなぁ。)
(あと、やっぱ、パワー系女子は、ソレを上回るというか尊敬できるようなパワーというか・・・・)
(あまりコッチばかりを見ていないというか、自分の世界を確立している男子でないと、魅(ひ)かれないのでは。)
(・・・・知らんけど。)
(ジーは大往生でしたねぇ。今頃になって気づいたけど、バーてどんな女子だったのか・・・・。  以上『花子とアン』関係)
    
 

メッシと15分間と20%OFF

  • 2014.03.08 Saturday
  • 15:56
    
 滅私じゃなくてメッシが、バルセロナでもアルゼンチン代表でも、精彩を欠いているらしい。
 原因不明の体調不良で、たびたび嘔吐しているらしい。
 監督はコレまでにもあったコトなので心配していないと言うておるらしい。
 原因不明でたびたび嘔吐て、心配せんとアカンやろ。
 ・・・・もしやオメデタか。誰の子か。
 
 ま、ソレは置いといて、『ごちそうさん』ねぇ〜・・・・金言、名言テンコ盛りやったなぁ。今日の15分間が、『ごちそうさん』の中で、脚本家がとにかく言いたかったコトなんちゃうやろか。生きるとは、人生とは・・・・ん〜・・・。今日の15分間を描くために、昨日までと月曜からがあるんちゃうやろか。でもないか・・・・。
 イケズのセリフもスゴカッタが、め以子の演技もエカッタ。
 まだ見てない方は、今晩必ずジックリ見て下さい。

  
Thumbnail
和モノ 【絵本『CONTON』】 http://www.youtube.com/watch?v=RA1t2ssZk_o
びごーじょうじ×KatsukiHarusuke
洋モノ  【CONTON English version】 Picture Book『CONTON』Joji Bigo×Harusuke Katsuki
Story and Pictures:Joji Bigo/Music:Harusuke katsuki/Translated:Yukiko Nakata



(寒いけど、いつものスーパーの花屋さんにチューリップの苗のまとめ売り(?)が並んでおりました。)
(最初、グリーンアスパラかと思いましてん。へへへ。  20%OFFで、お得になっております。はい。)
              
           

ひなまつり近し

  • 2014.03.01 Saturday
  • 15:02
      
 せつなかったねぇ〜。
 お互いに相手をオモンパカって、自分のキモチを抑え、まるで和歌でも詠むかのように、本心を別のコトバに置き換えて、見送り見送られる。
 ああ〜ッ・・・・せつないせつない。
 ま、来週はイケズが登場するみたいなので、ワシはひととき寂しさを紛らわすコトができると思っている。しかも長男が対決するみたいで・・・・ヤツは口が立つみたいやし、かつ、なかなかの人タラシの才もあるみたいやし、このバトルはかなり見応えがあると期待しておる。
 以上『ごちそうさん』関連ネタです。

 『ごちそうさん』といえば『おひなさん』でしょ。
 おひなまつりも近いので、スーパーにはソレ関連の犹劼匹皀瀬泪鍬畄肋ι覆山のように積まれております。
 例えば・・・・


こんなのは、チャンとおひなさん関連菓子をアレコレ詰め合わせてパックにしてあるみたいなので、まだいいとして・・・・


コレの上の方に写っているモノも、一応、ひし餅に見立ててチャンと爐ひなまつりバージョン瓩砲覆辰討襪ら許すけど、下の方に写ってるのは何だ! ただのイチゴ味というだけ、赤やらピンクやらギンガムチェックやらキティちゃんやらで覆い尽されているだけであって、別に関連商品を詰め合わせているワケでも、それバージョンでもなく、ドサクサ紛れに置いたというか、紛れ込ませたというだけで、何の工夫も努力もなく、アワヨクバという魂胆が見え見えなのである。

 つまり、コレは別にメーカー側の策略ではなく、店側の猜黒い陳列系抱き合わせ商法瓩砲茲覬∨鼎覆里任△襦
 ん?
 それとも、ハッリとはおひなまつりとは謳わず、オールシーズン商品として発売し、コノ季節、アワヨクバという、ソコまで計算し尽されたメーカー側の陰謀なのかも知れない。
 ん〜、も〜、娑婆中、陰謀だらけで何を信じればいいのか・・・・。
 とにかく、ダマされるなッ!
 (て、こんな穿(うが)ったモノの味方してるのはワシだけか?・・・・)
    
Thumbnail
和モノ 【絵本『CONTON』】 http://www.youtube.com/watch?v=RA1t2ssZk_o
びごーじょうじ×KatsukiHarusuke
洋モノ  【CONTON English version】 Picture Book『CONTON』Joji Bigo×Harusuke Katsuki
Story and Pictures:Joji Bigo/Music:Harusuke katsuki/Translated:Yukiko Nakata
               
(チョッと便所へ行ってきます。はい。)
         

よーこそよーこそ

  • 2014.01.10 Friday
  • 11:32
    
 警官4000人、パトカー900台、ヘリ2機・・・・警官の大失態をカバーするために47時間かけて、小川で挟み撃ちするに至るまでに要した機動量。スンゴイなぁ。西部警察か。ブラインドの隙間からボスが覗いておったかドーかは知らんが、大爆発が起きたり、無茶苦茶なカーチェイスでパトカーが横転したり、現場指揮官がショットガンを滅茶苦茶撃ったり・・・・ま、ソーいうコトがなくてヨカッタ。
 それにしても、逃げ出して程なくして、偶然知り合いのスクーターだかバイクだかが、そんなトコをウマク通るかなぁ・・・。

 ま、ひとまず無事犯人確保されてヨカッタ。
 というワケで(ドーいうワケか?)、チョーチョー久しぶりの「スーパーの店頭からコンニチハ」なのであります。
 いつものアソコです。違う違う、ソッチじゃなくてアッチの方です。ソーです。コッチのスーパーです。


いんげん豆。
ソー、インゲンです。このインゲンが陰険かドーかは知らない。
ま、見た目フツウのいんげん豆です。
ま、ツージョー目にするインゲンよりチョッとお安いかなぁ、と、主婦的にはソー思うワケです。オッサンですけど。
で、よ〜く見たら・・・・

「オマーン産」なのですよ。
ん〜・・・・。
近年「産地」は益々広域化し、何でもアリだとは思ってますが、ソレにしても・・・・「オマーン」から来たインゲンというのは初めて見た。
今、安倍ちゃんが行ってるのも彼の地ではなかったか。
あとはサッカーのW杯アジア予選などで耳にするくらいか。
インゲンぐらい、日本国内で賄えんのか。よほど国内産のが陰険で・・・・というコトもあるまいに。
とにかく、随分と遠くから小雪舞い散る酷寒の北陸までいらしたモノです。寒かろうに。
よーこそよーこそ。
ま、ゆっくりしていって下さい。
温泉もありまっせ。

Thumbnail
和モノ 【絵本『CONTON』】 http://www.youtube.com/watch?v=RA1t2ssZk_o
びごーじょうじ×KatsukiHarusuke
洋モノ  【CONTON English version】 Picture Book『CONTON』Joji Bigo×Harusuke Katsuki
Story and Pictures:Joji Bigo/Music:Harusuke katsuki/Translated:Yukiko Nakata

(インフルエンザがジワジワきてますねぇ。)
    
    

大黒さん×シメジ

  • 2013.12.08 Sunday
  • 20:19
   
 スゴイ久しぶりの「スーパーの店頭からコンニチハ」です。
  
で、早速コレなんすけど・・・・・

ワタクシ初めて見ました。
シメジなんやね。
で、単に何となく「大黒さん」に似てるから、イメージが「大黒さん」っぽいから、というコトで、コノように命名されたのではないかと思うのですよ。
或は、「大黒さん」が手にする「打出の小槌」に似てるから?
いやいや、ソレなら「打出の小槌シメジ」「小槌シメジ」となるでしょうに。

やっぱ、大黒さん似のシメジというコトでしょうねぇ。
こういう造形的改良というのは、ドーするのでしょう。型にハメるのか、掛け合わせ掛け合わせで到達するのか・・・・サッパリわかりませんが、最初に「大黒さん」のイメージがあって、ソコへもっていったというより、アレコレやっているうちにコーいうのが出来て、「さぁネーミングはドーしましょうか。皆さん。え?」というコトになり、「何となく、キノコちゃんて感じやね。
」「ん〜・・・」「ズングリムックリで・・・ムックリンでどぉ?」「メルヘンチックやけど、食材としてドーなん?」「確かに・・・・。」「何かに似とるよね・・・・何やろ」「ドコモダケ」「そりゃあかんやろ。」「ウチの床の間に飾ってある置きモンにチョッと似てるなぁ・・・・」「あ。大黒さんか。」「ソーや。」「おお、ソレええんちゃう。」「おお。おお。おー。大黒さんがええんちゃう?」「縁起もええし、な。」「ポッテリして丸くてモッサリしていて愛嬌あるしな。」「ええんちゃう。」「おお。」「ええど。ええど。」「さ、乾杯や。」・・・・ま、そんな感じで、商品化に踏み切ったのでしょうねぇ。


というお値段です。

とにかく、見た目の可愛さと、このネーミングで、ついケータイをかまえた、というワケです。はい。
けど、買わなかったので、味は分かりません。
ソッチはまた今度。

Thumbnail
和モノ 【絵本『CONTON』】 http://www.youtube.com/watch?v=RA1t2ssZk_o
びごーじょうじ×KatsukiHarusuke
洋モノ  【CONTON English version】 Picture Book『CONTON』Joji Bigo×Harusuke Katsuki
Story and Pictures:Joji Bigo/Music:Harusuke katsuki/Translated:Yukiko Nakata

(今日はええ天気やったぁ〜・・・・けど冷えるわ。)
(明日からまた崩れるらしい。)
       
               

『あまちゃん』の余韻

  • 2013.07.24 Wednesday
  • 12:12
    
 『あまちゃん』について。
 といっても『あまちゃん』ソノモノについてではない。
 ドーいうこっちゃ?

 夜11時からのBSのは置いといて、地デジの2回、即ち、朝8時からのと、昼の12時45分からの2回の放送後について、つまり『あまちゃん』ではなく、ソノ後、つまりつまり朝の8時15分からと昼の1時からについてである。
 特に、昼のヤツ。
 朝の8時15分になると、有働アナとV6のナンとかという万年アンチャンがアップで映り、必ず『あまちゃん』について何か言う、リアクションする。コレは、ま、いい。
 モンダイは、昼の1時にアップで登場するニュースの真面目な男子アナウンサー。
 キチッと横分けして(最近はソーでもない)スプレーで固めて(だから最近はソーでもない)、イヤらしくない程度に軽くコロンの香りがするような(テレビのコッチ側では分からない)、折り目正しい(私生活ではドーか?)、アノNHKニュース男子アナだ。

 お気づきの方もあるかと存じますが、ビミョーなのです。表情が。
 無論、朝のバラエティーの有働+V6(イノ、イノ、イノ・・・ナントカ・・・イノキじゃなくて)みたいなコトはないのですが、ソノ日のお話がお笑い・オモロイ系で終わった時と、ややフクザツ・ムズカシイ系で終わった時では、真面目男子アナの表情がビミョーに違う。
 あってはならないコトだが、やはり前のドラマを引き摺っているような気がして仕方がない。

 たぶん、『あまちゃん』が終わって、ニュースはいきなり始まるので、そのタイミングを目視によって確認するのだろう。
 だからニュースの直前まで、『あまちゃん』を凝視していなければならないのだろう。
 
 で、ややフクザツ・ムズカシイ系エンディングの場合は、通常業務の顔づくりのままでニュースに突入し違和感もないのだが、お笑い・オモロイ系エンディングの直後「あまちゃん・・・ですが・・・」と全国のあまちゃん職業人が静止画で紹介され、一瞬の静寂の直後にパーンと映る真面目男子アナの目元口元が、やや弛んでいるのをワシは見逃さない。

 ただ、アレが「ついウッカリ」なのか「余韻を楽しむゆとり報道の在り方」といったようなモノなのか、ワシは真意を測りかねている。


  【絵本『CONTON』 びごーじょうじ×KatsukiHarusuke】

         

         http://www.youtube.com/watch?v=RA1t2ssZk_o

         (昨夜、スーパーで、『あまちゃん』のテーマソングがBGMに流れていた。驚いた。)
         (ロイヤルベイビー。イッツ・ア・ボーイ。・・・・・ママの退院、早っ!)
         

ニコニコヒマワリ

  • 2013.06.17 Monday
  • 09:04
      
 昨日の日曜日は、チョッとアレコレ用事があって、アクティブに活動しなければならない予定になっておったので、早朝4時からのブラジル戦などに照準を合わせているワケにはいかない。
 そんなモノないコトにして、いつものように寝て、いつものように起きるつもりでいたのだが、いつものように寝て、いつもより早く起きてしまった。

 つまり4時に起き、4:04過ぎにテレビをつけたら、もう既に1点入っており(もちろんブラジルに)、しかもネイマールだったワケで、ああナルホドなどと思いつつボォ〜と観ていると、分かってはいるものの「こりゃハナシにならんな」というコトはワシにも明確に理解でき、「後半もっと点差が出るゾ」と思っていたが、ソートーキッチリとゲームを掌握したブラジルは「入れる時には入れるから」というスタンスで、サラサラサラ〜とヒョヒョイのヒョイとやっていても、日本は何もできないまま3−0で終了し、大きなコーフンもなく、ソコからまた2時間ほどグッと寝た。

 というワケで、サッカーも観つつ、1日を予定通りアクティブに過ごした。
 つまり、一石二鳥・・・ではないな、一興両得・・・でもないな・・・、二兎を追う者二兎を得る・・・はヘンだし、こういう場合、何て言うたらええんか、ま、満願成就というか、全部無事成し遂げました。
 はぁ〜、ま、エカッタエカッタ。


 で、いつもの休日通り、最後にスーパーで買いモンして、無事帰宅したのであります。
 で、ソノ(フダンあまり行かない、チョー久しぶりに行った)スーパーの花屋さんで、こんなモノを見つけました。



一瞬、昔ひと頃流行った、音に反応してクネクネする・・・・フラワーロック(?)やったかな、アノ手のモンかと思ったけど、花が造花ではなくホンモノで、クネクネする様子もなく、何かなぁ〜と見ていると・・・・コレ、ケッコー買って行く人がおり、ソノ誰もが、何か悪戯っぽくニヤニヤと嬉しそうな顔をしているのでございます。
何でしょ?
ドーいう仕組みになっておるのでしょ?



名はニコニコヒマワリというらしい。
ホンモノの生のヒマワリの真ん中の種の密集地帯に、目と口を付けただけのモノだというコトが分かった。



あまりにも鮮やかな色の、キレイに整っている生の爛曠鵐皀劉瓩法↓犧遒螢皀劉瓩硫燭を付けて、ソレが見事に調和すると、全体が犧遒螢皀劉瓩妨えるから不思議だなぁ〜・・・・と思った次第です。
 はい。


 ソノ点、コレは・・・・・ドーなんでしょ・・・・・

        【絵本『CONTON』 びごーじょうじ×KatsukiHarusuke】

         

         http://www.youtube.com/watch?v=RA1t2ssZk_o

         ( ん〜・・・・・・・。)
    

イカとアレ

  • 2013.04.24 Wednesday
  • 10:49
     
 イカが喰えんようになるかもしれん、というニュースにワシはビビッテいる。

 燃料費が高騰して、イカ寄せの照明代がままならず、漁をすればするほど赤字になるから、ヤメタというコトらしい。
 ん〜・・・・・・ワシは驚愕し、ビビリまくっている。
 イカが好きだからだ。大好きだからだ。
 スルメイカ、コウイカ、アオリイカ、ヤリイカ・・・・ワシは何でも来いなのだ。ただし、ホタルイカはイカン。理由を話すと長くなるので割愛するが、ワシはホタルイカをイカとは認めていない。アレは虫の仲間と捉えているのだ。

 日本人はエビとかイカ好きだというから、ビビッテいるのはワシだけではないと思う。
 アノ透明感のある白がよい。
 柔らか(軟らか?)いのに、歯でキュシッと捕えるコトのできる、アノ何とも言えない独特の歯応えは他に置き換えるコトのできない・・・・・・・・とにかく、よい。
 で、アノ甘味。
 生姜、ワサビ、醤油、そうめんダシなど何でも受け入れる度量に感服する。刺身のハナシね。
 無論、焼いてもよし、煮てもよし、炙ってもよし、そして、ソノ時々で様々な抱き合わせ相手と協調する器用さを敬服する。
 つまり、単独プレイもチームプレイもソツなくこなし、つまり、柔道でも金、バレーボールでも金、そして、例えば、バドミントンのシングルでもダブルスでもメダル圏内のトップアスリートであり、主役をやっても脇役をやっても光る確かな演技力。間違いなく実力者なのだ。

 イカのない人生なんてイカサない。


 ま、関係者各位には、何とかコノ難関を乗り越え、今後ともイカの安定的供給に努めて頂きたいとセツにお願いするコトにして、また、スーパーの花屋さんである。



ミニガーベラである。



そして、ミニバラである。
ワシの知らん間に、慣れ親しんだ花のミニ化が進んでいるのだろうか?
ただ、ワシのスルドイ観察からすると、ミニなのは背丈や葉っぱなど、全体的なサイズであって、花そのものは、ま、やや小ブリの感はあるものの、ま、フツウだと思うのです。
だから、結果として、頭デッカチのズングリムックリ的な、アニメやゆるキャラなどの2〜3頭身的なフォルムであり、チョッと笑ってしまった。
もし、そういう目的で品種改良された観葉植物だとするなら、ソレはソレでスバラシイ。
見る者をチョッと笑わせる花って、スゴクないか?

 てなコトを思いつつ、ヨコに目をやると、あ、コノ前のアノ花。何やったけなぁ〜・・・・・名前はもう忘れた。ほら、アレ・・・・・アジサイに似てるけどアジサイじゃないアレ。



けど、コレはやや大柄で華やかな感じがする。
と、思って、さらに、ソノお隣に目を移すと・・・・・・・・



?!
コレはドー見てもアジサイではないかい?
・・・・けど、やっぱ先日のアレなんでしょうねぇ〜・・・・・・・・・けど、ふふふ、ワシは全てお見通しなんだよ、へへへ、いくらアジサイのフリをして、ワシを騙そうとしても、同じ手に二度引っ掛かるほど、ワシは愚かではないわッ!
フンッ。バカタレがッ。
今度はワシの勝ちやな。ふん。

ところが、POPを見たら・・・・・・・



ご、ご本人ではありませんかッ!
ああ〜、ビックリしたぁ〜。
アジサイ。
2700円也でした。
高くないかい?
いくら「ギフトラッピング付き」といってもねぇ〜・・・・・。

 というコトで、本日は以上でございます。
     

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM