さよならぼくのともだち

  • 2018.06.12 Tuesday
  • 09:10

 

 森田童子が4月に亡くなっておった、と。

 享年66歳。

 

 ワシ的には『さよならぼくのともだち』に尽きる。

 コノ曲は実際に聴くまでもなく、このタイトルを見るだけで、すぐにアノ声がよみがえり、続いて、当時の景色やら空気やらニオイみたいなモンまでが明確に想い出される。

 ケダルイ感じ、アンニュイなムードなのに、繊細で鋭くてキョーレツなエネルギーを感じる不思議な曲で、表現される世界も手法も違うけど、バンバンの『いちご白書をもう一度』と被るイメージがある。ちなみに、『いちご白書をもう一度』が荒井由実作詞作曲だと知ったときは、かなり驚いた。

 ドチラも青春の影とか蹉跌とか・・・マイナーコードの権化みたいな、情景的で煽情的で、ココロの奥底のツーンとする弱い部分をえぐってくるような、名曲でしたぁ〜。

 

 女性でありながら一人称を「ぼく」と表現した先駆者ではなかったか。そのうえ、名前が「どうじ」で、声がアレで、顔をあまりハッキリと露出しなかったコトもあって、最初男子かと思っていた。やがて、間違いなく女子、しかもメッチャ美人らしいゾという情報が入ってきたが、結局、あのパーマロン毛で隠された顔を確認するコトは叶わないまま時代は過ぎていった、のであった。

 早くに引退して(実質活動は10年ほど?)、主婦をしておったらしい。他は謎。

 合掌。

 

😊今朝のNHK朝の連ドラ『半分、青い。』😊

2週間で2回フラれるというのは、ソレはソレでスゴイな。なかなかないと思うよ。物語を作るコトは人を癒すチカラがあり人を救う、と。最近、秋風先生、二枚目やな。そして、神の啓示ならぬ、律がくれた名作誕生の予感。すずめはコレまで律に触れたコトがないらしい、というコトが判明。フラれたコトはあるけど。結局すずめは益々律から離れられないような気がする。作品に昇華する過程で、論理的でないすずめのアタマの中で整理され、モヤモヤとした情緒が客観的なカタチに構築され固定化されるような気がする。さて、ソノ頃、サヤと律はドコでナニをしておるのか・・・。

 

Thumbnail
●和モノ 【絵本『CONTON』】 http://www.youtube.com/watch?v=RA1t2ssZk_o
びごーじょうじ×KatsukiHarusuke
洋モノ 【CONTON English version】 Picture Book『CONTON』Joji Bigo×Harusuke Katsuki
Story and Pictures:Joji Bigo/Music:Harusuke katsuki/Translated:Yukiko Nakata

 

無我

  • 2018.06.11 Monday
  • 09:16

 

 必死とか我武者羅とか熱とかが、観ている者に伝わるか伝わらないかの差は、プレーヤーがソーやっているかいないかに尽きる。

 で、スポーツの面白さはソレ。

 たまたま週末にサッカーとラグビーの日本代表の親善試合があったワケで、たまたま見比べてしまうコトになった。

 現在の双方が置かれた状況も歴史も違うコトは百も承知だが、そんなコト度返ししてマジメに見比べてしまった。

 

 無論、サッカーとラグビーでは、コンタクトの度合いや質が違い、コンタクトの持つ意味も違う。アル意味、ラグビーはどのレベルであれ、必死にならないと怖くて出来ないという側面もある(若干の経験上)。ほぼ格闘技だから。

 では、サッカーは必死にならなくても出来るかというと、あのレベルでは必死ならないと試合にならないのではないか。

 けど、サッカー自体には必死にならなくても成立するレベルもある。しかし、日本代表として自分より強い相手に対して必死にやってアタリマエとワシは見るのだが、ソノように伝わらないままズーッと腑抜けのまま、必死にならないままやっているように見えてしまうのは、彼らが必死ではないからかというと、たぶん一応一生懸命ではあるのだが、アレコレ考えすぎて、必死というレベルに達していないのではないかと思うのですよ。はい。

 必死というのは、ウダウダとした考え(迷いや不安なども含む)を超越した精神状態で、アレコレのウダウダが入り込む隙もない突き抜けた在り様ではないか、と思うのである。無我か。

 まだまだミョーな余裕コイているよな気がする。カッコつけている。そもそもカラダが動いてない。

 

😊今朝のNHK朝の連ドラ『半分、青い。』😊

サヤ(ゴアの本名やっと憶えた)の役者は、最初はマドンナとして清楚に凛とした表情を演じ、ドンドン悪魔的に女の情念を演じるようになり、女優ってスゴイなぁと改めて感心しております。律のすずめに対する失望と怒りは凄まじい。すずめ、地面を失う恐怖。胎盤をなくした胎児。生まれてすぐに出会って、19の夏に分かれる2人。本日はほぼ2人だけのシーンでした。月曜の朝から、一人称で語られる重〜い青春ラブストーリー「別離編」をズップリと見せられて、ナゼかミョーに爽やかなワシなのであった。

 

Thumbnail
●和モノ 【絵本『CONTON』】 http://www.youtube.com/watch?v=RA1t2ssZk_o
びごーじょうじ×KatsukiHarusuke
洋モノ 【CONTON English version】 Picture Book『CONTON』Joji Bigo×Harusuke Katsuki
Story and Pictures:Joji Bigo/Music:Harusuke katsuki/Translated:Yukiko Nakata

 

半泣き

  • 2018.06.09 Saturday
  • 11:30

 

 ホントに虚ろで、目が泳いでいて・・・ひょっとしてチョッと泣いてなかったか、試合後の西野監督インタヴュー。うるうる半泣き。

 W杯本番数日前辞任とか、ないのんか?そんなコトは、出来んのか?・・・・解任の辞任または解任。

 あんな人やったっけ?西野監督て。

 ま、元々そんな饒舌で陽なタイプではなかったような気はするけど、あんな陰やったかな・・・・ま、そんなにJリーグは見てないし、よぉ知らんけど。日本人では名将なんやろ?かつての、やけど。

 目が死んどる。顔色が悪い。土偶色。

 ナンか、ディフェンスの連携、ヘンじゃねぇ?吉田の表情も、死んだままやし。

 川島は、ひょっとして目悪いんじゃねぇか。視力もやけど、視野狭窄とか、動体視力の低下とか、飛蚊症とか・・・。

 

 さ、午後のラグビーに切り替えよーッと。ひひ。

 

😊今朝のNHK朝の連ドラ『半分、青い。』😊

ベランダに姿を現したゴア(なかなか弓道カノジョの名前憶えられないので今度からゴアと呼びます)に勧められ、律が留守の部屋に上がるすずめと助っ人。ゴアとケンカして、律出て行ったらしいゾ。ゴアがふくろう会写真の撤去を要求して揉めたらしい。律に自分の知らない過去があるコトが許せないとゴア。そしてマグマ大使のいない部屋は修羅場。すずめとゴアが恐怖の乱闘。共に女の恐ろしさを具現化した直接対決。暴力と叫び。NHK朝の連ドラらしからぬドロドロ阿鼻叫喚の世界。ブッチャー、前髪伸びたね。パーマかけたね。ははは。秋風事務所のみんなに誕生日を祝ってもらっても、すずめの頭の中は、律と2人の幼少期〜青年期の7月7日グラフィティが走馬灯のようにグルグル回る。そして涙。律から電話。破れた写真。そして来週、律とすずめは決別か。ボクネは事務所離脱?ナンか激しく動くなぁ。岐阜篇の単調な日々に比べて、ナンと過激に激動する東京編であるコトか。ソレにしても、つくづく秋風事務所にプライバシーはない。すずめのだけやけど。ところで、改めまして、アノ双子(?)のメイド風お手伝いさんはナンなん。メイド喫茶から引き抜いたんやったか?喋りまでシンクロしとるし。また来週。待望。

 

Thumbnail
●和モノ 【絵本『CONTON』】 http://www.youtube.com/watch?v=RA1t2ssZk_o
びごーじょうじ×KatsukiHarusuke
洋モノ 【CONTON English version】 Picture Book『CONTON』Joji Bigo×Harusuke Katsuki
Story and Pictures:Joji Bigo/Music:Harusuke katsuki/Translated:Yukiko Nakata

 

謝罪顔なんてね。

  • 2018.06.08 Friday
  • 09:53

 

 朝、チャンネルパラパラしていたら、チラッと見えたけど、面倒臭いのでソノままスルーしたけど、「ビビッド」で、モンダイのジャニーズのうちの1人がシンミョーな顔していて、ソノ横で、もう仲間の謝罪トークはベテランの国分太一が、慣れた感じのシンミョー顔でナンか喋ってました。

 

 企業や政治やスポーツや社会一般の様々な不祥事の謝罪会見に、ジャニーズ事務所は今後、国分を貸し出してはドーか。

 国分の困り顔には、一定の鎮静効果があるように思うゾ。向いとるよ。「ごめんなさい」が伝わってくるよ。

 もう国分がムズカシイ顔して立ってるだけで、「あ、とにかくナンか謝っとるよ」っていうのが、パッと分かるもん。コレ大事。

 で、スケジュールが合えば、テーブルにはTOKIOの仲間たちも一応同席し、全員で申し訳ないオーラを放ち、会場を同情の空気で包み込む、という作戦。ドーでしょ。

 凋落著しいジャニーズ事務所の、巻き返し、V字回復を狙っての新事業。

 ドコかの下手な危機管理学の授業に、出前講座も承ります、なんてね。

 ナンなら、オプションで、歌ったり踊ったりもします、なんてね。

 

😊今朝のNHK朝の連ドラ『半分、青い。』😊

喫茶「おもかげ」での直接対決は、秋風事務所仲間の彼女が加勢というか、すずめ以上に喧嘩腰で挑発するから、そりゃ険悪なムードになるわな。ま、弓道の律の現カノジョは美人だけに、やや鼻につくわな。しかも日々女子力を増強して、律に迫り来る感じ。アノふくろう会の集合写真のすずめの顔に、爪でバッテン付けた行為には戦慄が走りました、わしゃ。コワやコワや、女はコワや。律は律で、マニキュア爪に絆創膏を巻いた理由を、咄嗟にテキトーな理屈つけて、ソノ場凌ぎしたワケで、ナニか大人の関係を構築し始めておる。つまり律は器用なので、相手の女子によって変幻自在。すずめが相手のときは、保身のウソはつかん。ん〜・・・朝からドロドロ。そして、マグマ大使の呼び出し笛に反応して、ベランダに登場したのはマグマ大使ではなくて、ゴア=弓道カノジョ。上から見下ろし目線。見上げるすずめの背後には助っ人。おおー、タイヘンなコトになってきたゾ。真っ向勝負勃発か。もう一度言おう、コワやコワや、女はコワや。さぁドーなる。明日まで待てんゾ。

 

Thumbnail
●和モノ 【絵本『CONTON』】 http://www.youtube.com/watch?v=RA1t2ssZk_o
びごーじょうじ×KatsukiHarusuke
洋モノ 【CONTON English version】 Picture Book『CONTON』Joji Bigo×Harusuke Katsuki
Story and Pictures:Joji Bigo/Music:Harusuke katsuki/Translated:Yukiko Nakata

 

ゼロ

  • 2018.06.07 Thursday
  • 10:03

 

 有働さんは日テレの「NEWS ZERO」なんや。ソーか、ソーなったんや。ほ〜。

 NHKという枠の中では異質でも、民放では埋没してしまうというパターンにならにゃええけど・・・心配や〜。

 

 ジャニーズのNEWS(お、コレもNEWSや)の誰やらと誰やらが、また未成年者と飲酒とか。

 新体制になって、タレントたちのコントロール不能状態か、タレントの質の劣化か、タレントの人数が多くなりすぎたか、事務所の揉み消しチカラが弱まったか・・・全部か。ま、バラ売りジャニーズが多すぎるわね。ジャニーズとよしもとで、テレビ番組の何%占めるとるんやろ。

 

 ソーソー、紀州のドン・ファン、55歳年下モデル妻、家政婦のミタゾノと、豊富なタレントに彩られたドラマに感心しておったら、さらに友情出演のデヴィ夫人が証言者として登場。益々、オモシロクなってきたなぁ。

 ところで、和歌山のドン・ファンご自宅の塀囲いとか玄関ドアの柄ですけど・・・ああいうのを見たコトないのですが、ドーいうトコロからの発想でしょうか。

 

 ソーソー、アメリカのミスコンでビキニ審査がなくなり、知性やとか社会貢献やとか内面を審査の中心に置くコトになるとか。そりゃソレで立派なコトやけど、見た目関係なく人間性重視のミスコンて・・・ソーいうのはソーいう別のコンテストをしなさいよ。

 ナンかヘン。

 でないと、近所のオバチャンとか、およそ「美人」とは無関係の、しかし人間性がスバラシイ、とにかく立派な人のコンテスト、なんちゅうモンになってしまったら、そんなんマズイぞ。

 ま、ミスコンがアル種の男女差別やセクハラや、とか言う立派なヘンな人がおるんやろうねぇ。

 やっぱナンかヘン。

 

 梅雨空の日本、および世界は、ま、そんな感じですね

 

 

😊今朝のNHK朝の連ドラ『半分、青い。』😊

律にとって、すずめはシズカちゃんではなくてドラえもんか、なるほど、分かりやすい。マサトくんの律に対する感情、チョッとナンかキモイ。すずめ泣きすぎて脱水症状・・・ははは。歓喜する秋風羽織。久しぶりぃ〜ッ!あのコンソメスープ美味しそうや〜。アソコに味噌を投入してもよさそう。今度やってみよう。律の薬指のマニキュアに絆創膏。そして喫茶「おもかげ」で、ついにニアミス。直接対決か。さぁドーなる。んん〜、益々オモシロクなってきたゾ。

 

Thumbnail
●和モノ 【絵本『CONTON』】 http://www.youtube.com/watch?v=RA1t2ssZk_o
びごーじょうじ×KatsukiHarusuke
洋モノ 【CONTON English version】 Picture Book『CONTON』Joji Bigo×Harusuke Katsuki
Story and Pictures:Joji Bigo/Music:Harusuke katsuki/Translated:Yukiko Nakata

 

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM