今度はマイケル・ダグラスやてか

  • 2018.01.12 Friday
  • 11:23

 

 ハリウッド大物プロデューサーの30年に及ぶセクハラに端を発した、芋づる式セクハラ暴露運動が益々盛り上がっておるようですが、今度はマイケル・ダグラス(73)に32年前のセクハラ疑惑が浮上したとか。

 被害に遭ったという元スタッフ女性の告発で、表面化したらしいですが、ドーやって証明するのでしょう。

 

 ソノ女性の前で自慰行為を行ったというコトですわ、マイケル・ダグラスが、32年前に。うひゃ〜。

 録画でもしてあったんけ。うひゃ〜。見たくねぇ。

 ま、無論真偽のほどは本人らにしか分からんとは思いますが、こんなん、女子が男子を貶(おとし)めようと思えばドーにでもなるハナシで、ドーなるんでしょ。

 ま、こんなトコでワシが問題視しようがしまいが、告発の行方を見守るしかないワケで(別に見守りませんけどね、チョッとハリウッド映画のタイトルを言うてみたかっただけです。へへ)、しかも、ワシの日常生活にナンの関係もありませんが、ドサクサ紛れに、いろんなモンが出てきて、ウソやらホントやらをグチャグチャにしてしまい、モンダイを余計にフクザツ化し、かつ、真のモンダイ追及を無力化してしまうのではないかと、ま、危惧しておるワケです。ええ。

 

 

😊今朝のNHK朝の連ドラ『わろてんか』😊

母子のフクザツな愛憎劇は益々混迷の度合いを深めるが、周囲の人々の優しさが、ソレをナンとかしようという流れ。ただ、かなり意固地になっとるからなぁ、母子は。トーゼンと言えばトーゼンかもしれんけど。それに、キースはドーなるのかねぇ。相方が救う、かな?フータの努力で、活躍の場を失った東京の芸人たちが、風鳥亭にソノ活路を求めるコトになりそう。女中はんとの仲も、災い転じて福となす的に、お互い素直になって、ええ感じになるような雰囲気。エカッタ。ただ、本日も、藤井隆「万丈目吉蔵」の出番はございませんでした。寂しい。そろそろ、うしろ面が見たいのぉ。

 

Thumbnail

●和モノ 【絵本『CONTON』】 http://www.youtube.com/watch?v=RA1t2ssZk_o
びごーじょうじ×KatsukiHarusuke
洋モノ  【CONTON English version】 Picture Book『CONTON』Joji Bigo×Harusuke Katsuki
Story and Pictures:Joji Bigo/Music:Harusuke katsuki/Translated:Yukiko Nakata

 

『相棒』の反町について思うコト

  • 2018.01.11 Thursday
  • 10:04

 

 サブいわぁ〜。

 

 『相棒』を見ていて、つくづく思うのですが、反町はこのドラマのキャスティングで初めて役者として成り立ったのではないか。

 反町というと、GTOやら・・・GTOやら・・・・・・GTO以外、松嶋菜々子の夫というポジションしか確保しておらず、どのドラマを見てもテレビCMを見ても、典型的な様にならない二枚目路線から脱却できないダイコン役者というイメージでございました。長い長い間。(かつての三浦友和にも、やや似かよった傾向が見られた。)

 が、『相棒』の反町は良い。とても良い。ピッタリ。ただ、元官僚という役ドコロにしては、知性というファクターが欠乏しておるようにも思いますけど。ええ。

 にしても『相棒』の反町は、活き活きとしておる。

 

 ソー思うと、主役より脇役として活きるタイプやったんかもね。

 なかなかソコに気づかなかったか。本人も周囲も。

 或は、気づいていながら、二の線を譲れなかったか。本人のプライドやらナニやらがジャマをして、脇役として活きる自分というものを想像できなかったか。

 

 コノ歴史ある『相棒』の本シリーズがスタートする際、次の「相棒」が反町と知り、スタッフはナニを血迷ったか、或は、松嶋菜々子のバーターとか、松嶋菜々子によるゴリ押しとか、松嶋菜々子が・・・・とにかくナンらかの密約といった大人の事情がソーさせたか、もぉ世も末である、『相棒』もお終いである、と思ったモノだ。

 しかししかし、ドーだらう。ピッタンコではないか。日を追うごとに、いい味ジュワジュワ、かつての数々の相棒にも決して劣らない立派な右京の相棒に君臨しておるではないか。

 

 ん?・・・・待てよ。コレほど反町が輝いたのも、ひょっとして、水谷豊の才能によるものか?

 

 

😊今朝のNHK朝の連ドラ『わろてんか』😊

記憶がないまま息子にアーやコーやと世話を焼くのは、母としての本能か、或は、彼女の気風(きっぷ)というか気質によるモノか。いずれにしても、ソノ世話を素直に受け入れるコトができないセレブ事業家。かといって、生活が立ち行くようナンとかしてやってくれと、藤吉とてんに大金を託すセレブ。フクザツにコジレタ親子愛。ナンらかの物理的なショック療法しかないとは思っていたが、まさかマスコミの予期せぬ暴力によって頭を打つとはねぇ。とにかく元に戻った母は東京へ帰るという。本当の息子の陰で、「そんなオタメゴカシは大嫌いなんだよ!」とまで言われたキースのココロも傷つくなぁ。本日も、藤井隆「万丈目吉蔵」の出番はございませんでした。はい。

 

Thumbnail

●和モノ 【絵本『CONTON』】 http://www.youtube.com/watch?v=RA1t2ssZk_o
びごーじょうじ×KatsukiHarusuke
洋モノ  【CONTON English version】 Picture Book『CONTON』Joji Bigo×Harusuke Katsuki
Story and Pictures:Joji Bigo/Music:Harusuke katsuki/Translated:Yukiko Nakata

 

ドサクサ紛れとエリートの蹉跌

  • 2018.01.10 Wednesday
  • 09:38

 

 冬季五輪に重ねて、ドサクサ紛れに、アレもコレも一挙にカタをつけようという魂胆なのでしょうか。

 ココへ来ての韓国の急な活発な動きには、チョッと違和感というか、ナンやねん、ドーしたん、ドナイやねん、という感じがする。

 日本に対しても、ナンか一見ウマイ突破口を見つけたような言い分ですが、アカンアカン、ソリャあんたらの勝手やわ、ご無体な、という感じ。

 は〜あ。

 

 ライバル選手を貶(おとし)める、チームメイトも貶める、などという方向にドーピング問題が向くと、日本人お得意のチームプレーとか集団連携とか和とかに、ヒビが入るケースもあるようなないような・・・。コマッタちゃん。

 自分の飲み物を自己管理できないほうにも不備というか責任はあると、為末さんが言うとった。

 となると、食いモン、飲みモンを全て身につけ、肌身離さずプレーするしかないな・・・・モサモサになるで。

 罪を犯したカヌー選手やけどね、五輪出場経験(6位入賞)のある嫁さん、ソノ父上のバックアップ、コレらがプレッシャーになっておったのではないか。ご幼少の頃からトップを走り続けてきたカヌーエリートの栄光と挫折、光と影、順風と蹉跌。砂鉄ではない。

 同情はしませんが・・・チョッとそんなコトを考えたりなんか致しました。はい。

 

 ソーソー今年の福男、ダントツやったね。

 ズーッとトップ単独走。

 18歳の高校生というコトでしたけど、ルックスはオッサンやったね。

 

 

😊今朝のNHK朝の連ドラ『わろてんか』😊

こりゃ当分、実の母親との過去モン、及び、チャリティーさんが売名行為として社会問題化、などなどセレブ事業家に降りかかる暗く重いドラマで推移していくという展開やな。ソノ陰で、キースもアレコレ揺れ動く、と。となると、藤井隆「万丈目吉蔵」の出番はないな。となると、わらえまへん。残念。コーいう流れの合間にこそ、藤井の強張った顔のオカマ演技や、うしろ面などの安定的定番カットでワシを笑わかしてもらいたい。

 

Thumbnail

●和モノ 【絵本『CONTON』】 http://www.youtube.com/watch?v=RA1t2ssZk_o
びごーじょうじ×KatsukiHarusuke
洋モノ  【CONTON English version】 Picture Book『CONTON』Joji Bigo×Harusuke Katsuki
Story and Pictures:Joji Bigo/Music:Harusuke katsuki/Translated:Yukiko Nakata

 

トンズラと僅差と交換条件

  • 2018.01.09 Tuesday
  • 09:32

 

 成人式の着付けの手付金持って、トンズラか?

 早くも大人社会のダーティーな洗礼か。

 は〜あ。

 

 ケッコーええ試合になるんやないやろかと秘かに期待しておったら、1点差負けやと。明治。

 しかし、前半アレだけリードしておいて、後半逆転後に充分な時間を残しながら再逆転して勝ち切れないのは、勝ち方を知っておる帝京と、目イッパイの明治の経験の差か。

 けど、ドーにも手のつけようのないほど強かった帝京と、他校との差は確実に縮まったね。

 来年はわかりまへんで。

 

 北がピョンチャン五輪に参加するてか。

 交換条件はナンやろ。

 トランプはすかさず、コレも北へかけ続けた圧力の成果だと、また威張るし。

 兎にも角にも、北を参加させて名を上げたい韓国大統領にすると、実現すれば万々歳でしょ。

 ・・・・やっぱ気になる交換条件。

 

 

😊今朝のNHK朝の連ドラ『わろてんか』😊

昨日今日と関東大震災後のテンヤワンヤやら、人海戦術による救護物資支援のハナシ。で、キースが東京のお母ちゃんと呼ぶ小料理屋の女将兼下宿のオバチャンですが、記憶喪失みたいで・・・フータ上京。震災後のアノ状況でアノ時代に、そんなウマイこと出会えるもんかいなぁ・・・。で、キースとオバチャンは大阪へ。あのオバチャン・・・もしやセレブ事業家の実の母親では?向島のコト、気にしとったもんな、セレブ。確かに似ておるし。と、思うておったら、ホントにソーみたいな気配。そんなウマイ偶然あるやろか。フツーはないやろ。さて、本日の藤井隆「万丈目吉蔵」は出番は多かったが、ソノ他大勢に徹しておりました。

 

Thumbnail

●和モノ 【絵本『CONTON』】 http://www.youtube.com/watch?v=RA1t2ssZk_o
びごーじょうじ×KatsukiHarusuke
洋モノ  【CONTON English version】 Picture Book『CONTON』Joji Bigo×Harusuke Katsuki
Story and Pictures:Joji Bigo/Music:Harusuke katsuki/Translated:Yukiko Nakata

 

対決

  • 2018.01.05 Friday
  • 09:42

 

 最後は貴乃花対池坊という、化けモン対決になるな。

 決まり手は、寄り切りか、寄り倒しか・・・ま、アノ2人で立ち合いの変化とか、姑息なワザはなさそうな気がするけど、共に陰湿なマグマを内包しておるタイプって感じがするから、ん〜・・・ドーでしょ。

 ただ、時間切れ、取り直しを何度も繰り返すという長期戦は覚悟しとかんとイカンかも。

 ドッチもシツコソー。粘着質。

 

 あ〜〜〜、明治がドコまでやるか、今からワクワクするわ。

 フツーにいけば帝京に間違いないし、番狂わせが最も起きにくいスポーツといわれるラグビーで、ジャイアントキリングは滅多に起きないからジャイアントキリングなワケやけど、今は徹底的に相手をデータ分析して、相手の良さを消すというコトを論理的に可能にしてしまう時代やから、なかなかオモシロイんやわぁ。で、思わぬ大差になったりする。

 あさって日曜日だっせ。

 

 

😊今朝のNHK朝の連ドラ『わろてんか』😊

プロフェッショナルについて、安来節乙女組にレクチャーしながら、自身についても考えているように見えたけど・・・リリコね。女優としてアレコレ割り切るか切らないか。映画プロデューサーとしてのセレブ事業家は、リリコという女優の取扱い方法を少しずつマスターし始めているようにも見えるな。ま、本日はザックリとソーいうとこでしょ。藤井隆「万丈目吉蔵」の出番はございませんでした。はい。

 

Thumbnail

●和モノ 【絵本『CONTON』】 http://www.youtube.com/watch?v=RA1t2ssZk_o
びごーじょうじ×KatsukiHarusuke
洋モノ  【CONTON English version】 Picture Book『CONTON』Joji Bigo×Harusuke Katsuki
Story and Pictures:Joji Bigo/Music:Harusuke katsuki/Translated:Yukiko Nakata

 

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM