というワケで11月30日でした。

  • 2014.11.30 Sunday
  • 21:07

 ナンかねぇ〜、日帰り温泉でのミョーな可笑しなハナシが2つありまして、書きたい書きたいスゴ〜ク書きたいんですけどね、今日は朝からアレコレ大活躍したら、モノスゴ〜クつっかれてしまったので、明日にでもします。
 というワケで、ナニやら全般的に大活躍の11月も終わり、ナンとあと1ヶ月になりました。今年も。
 12月に突入するねぇ〜。とうとう。
 はい。
 以上。

Thumbnail
和モノ 【絵本『CONTON』】 http://www.youtube.com/watch?v=RA1t2ssZk_o
びごーじょうじ×KatsukiHarusuke
洋モノ  【CONTON English version】 Picture Book『CONTON』Joji Bigo×Harusuke Katsuki
Story and Pictures:Joji Bigo/Music:Harusuke katsuki/Translated:Yukiko Nakata

(「以上『マッサン』関係」もお休み)
 

久々の『マッサン』祭り

  • 2014.11.29 Saturday
  • 09:38

 ひと段落して来週から新章突入という感じなので、本日は久々の『マッサン』祭りだ。

 本日、このドラマのアル特徴に気づいた。
 ヒロインの繊細な心情を、本人の率直なモノ言いで表現するコトで、ドラマ自体が分かりやすく、爽快感すら感じさせるコトに成功している点である。
 もしヒロインが日本人女子(つまり通常のドラマ)だと、ドーしても内向性の心情表現が多くなる。ソレが日本人だからである。ソレが名女優というモノの必須条件でもあろう。
 書く方も、演じる方も、ソレを観る方も、コトバにしない、もっと細かな演技(表情+立ち居振る舞い)、照明、音楽などの表現技術を駆使して見せるココロの内を相互理解するのである。ソレが日本人だからである。

 ところが外人のエリーはソレをコトバにして表現して伝える。
 日本人なら、あんなコト言わんよねとか、あんな言い方せんよねとか、わざわざ口にして言うコトでもなかろうに、などというセリフが随所に出てくる。
 タドタドシイ韻を踏むような日本語が効果を増幅する。
 外人がみんなパッパパッパしておるワケではないだろうが、外人女子に対するザックリとしたイメージに合致するからソレでもええのや。

 マッサンとのやり取り、鴨井はんとのやり取り、ピン子(および、広島の家族)とのやり取り、キャサリンを中心にしたご近所の方々とのやり取り、今のトコロ、エリーの人間関係はコノ4つに集約されるが、あのシーンでも、そのシーンでも、涙を流し(何故か、向かって右目ばかりから、というか、よほどの大泣きでない限り右目しか泣かない。左目の涙腺は詰まっておるのかもしれん)、大笑いし、外人特有の意味不明のオーバーアクションし、そして率直なコトバで話すのである。
 が、ソレら全て、外人女子なら然もありなんと、違和感なく、受け入れるコトがてきる。日本人女子ならソーはいかぬ。ソノ裏にあるココロの動きを相互理解する。ソレを前提に作られている。

 で、エリーを演じるアノ女優が、細身の繊細系外人女子だという点も見逃せない。イヤミがない。
 アレがもっとゴッツイ体躯の、ジャジャ馬娘系の、外人筋肉系脳の、乱高下気味の、アマゾネス系の、例えば・・・・・え〜と・・・・例えば・・・・う〜ん・・・・あくまでも例えば、川崎麻世の嫁さんみたいな外人女子ではダメだダメだ。

 ・・・・で、何が言いたかったかというと、来週から楽しみな『マッサン』であるというコトである。

Thumbnail
和モノ 【絵本『CONTON』】 http://www.youtube.com/watch?v=RA1t2ssZk_o
びごーじょうじ×KatsukiHarusuke
洋モノ  【CONTON English version】 Picture Book『CONTON』Joji Bigo×Harusuke Katsuki
Story and Pictures:Joji Bigo/Music:Harusuke katsuki/Translated:Yukiko Nakata

(以上、本日は『マッサン』祭りでした。)

PS まだ猴霊富士瓩硫菫がアップできません。
  突然のPCの気まぐれでチップから落とせなくなったまま・・・・毎日、気分を変えて、大きく深呼吸して、
  イライラせんようにして、チョッとずつアレコレやってみてはおるのですが、ダメなんす。
  ・・・・・・・・・だから、機械モンはキライなんやッ。
 

おつき合い報道

  • 2014.11.28 Friday
  • 13:17

 北川景子が誰やらとつき合っとるらしい。
 ダルビッシュも誰やらとつき合っとるらしい。
 ヒデと柴咲コウがつき合っとるらしい。
 それからアレとアレも、アイツとアイツもつき合っとるらしい。
 ほぉ〜。

 ん〜・・・・誰と誰がつき合おうが、結婚まで行き着こうが、別れようが、ワシは一向に構わんが、何やら、おつき合い関係の報道が続くなぁ〜と思っておったら、ドコかのワイドショーで、国政選挙と男女おつき合い発覚(または発表)報道には何某かの関係があると云うとった。相関関係。タイミング的にソーいうコトらしい。過去にも、アノ人とアノ人や、大モノ芸能人同士のアレやらソレやら、重なってきたという歴史があるらしい。
 ナンでや。
 何やらソノ辺りの理由の解析もしておるようだったが、ワシの耳には届かんかった。
 ま、ドーでもええわ、というコトや。

 そもそも今の娑婆、コトの真偽も含め、誰と誰がつき合っているか関係の報道なんか、皆さん興味あるんか? ソノ手の報道に驚いたり喚いたり騒いだりするんか?
 そんな時代か?
 ま、今の現時点で例えば、松潤と天地真理の熱愛発覚なんちゅう報道なんかがあったら、そりゃソートー驚く。
 意識をなくすヤツも出るかもしれんな。
 けど、誰も信じんでしょ。
 けどけど、もし事実だったりしたら、激震が奔るぞ、日本列島に。
 ところで、天地真理はドーしとるんや?

Thumbnail
和モノ 【絵本『CONTON』】 http://www.youtube.com/watch?v=RA1t2ssZk_o
びごーじょうじ×KatsukiHarusuke
洋モノ  【CONTON English version】 Picture Book『CONTON』Joji Bigo×Harusuke Katsuki
Story and Pictures:Joji Bigo/Music:Harusuke katsuki/Translated:Yukiko Nakata

(阿保がド阿保になって、とうとうアンポンタンになってしもた。エリーの日本語、ドンドンより専門的になっていくな。)
(風呂敷の中から現金の山。ガッコの先生になるコトを決意した直後の大逆転サントリー入社。)
(鴨居社長の演出がただただウマイ。持って行き方が秀逸。説明を省きたいトコは何でも「金魚のお告げ」や。)
(ソレにしてもスゴイのは、元々スコットランド人の技師を呼ぶ際にと用意した4000円を)
(日本人のマッサンにソノまま渡すトコ。つまり相場とか常識的なラインとか関係ないんやな。)
(払おうと考えた出資、対価に同じ価値を見い出すトコ。)
(ま、コレでドラマは動き出すな。ま、コレで視聴率も回復するでしょう。)
(エリーの粘りがスバラシかった。スコットランド人も日本人も女子は粘り強い。差別だとかナンだとか云われるが・・・)
(やはり男女の特異性・持ち味は違うのであり(アタリマエや)、各々の長所が生かされてこその男女平等参画社会)
(なのでありますよ。ソレが性差であったとしてもシャーないやろ。ふん。         以上『マッサン』関係)
 

やっぱ旅は発作ツアーに限る

  • 2014.11.27 Thursday
  • 18:20

 発作ツアーの醍醐味ココにあり。

 先日「猗作ツアー畛望綺蚤隋究極の猗作ツアー瓠↓猗作ツアー畸罎劉猗作ツアー瓩裡各間を過ごしておりました。最大とか究極とか言ってしまうと、もうコレ以上の猗作ツアー瓩呂覆い茲Δ忙廚錣譴修Δ任垢、ソーいう意味の最大とか究極ではありません。」とお伝えしたまま放置しておりました発作ツアーのご報告であります。
 今改めまして上記の「」内を読み返してみましたら・・・・意味が分かりません。
 書いた本人のワシが。
 で、「」内は忘れて頂いて、ソコに至る経緯をご説明いたします。

 先日の連休が本年最後の連休であるというコト。
 ついソノ前の週に、鳥獣戯画のオマケに京都の紅葉を控え目に堪能しようかと画策したが、やっぱりまだやや早かったコト。
 しかし、ソレにしても2週続けての遠出は世間一般的に言って、イワユル猴靴啣瓩瓩任呂覆いというコト。
 しかし「遊びをせんとや生まれけむ」※とも申しますコト。     ※『梁塵秘抄』より  後白河法皇(平安時代末期)
 連休はアッチもコッチも天気が良いと予報士が申しておりますコト。

 などのような理由で、近場の紅葉の名所でガッツリ紅葉と温泉を嘗め回そうと、比較的近場の紅葉情報をアレコレ調べ倒しておりました。・・・・ケッコーあるのですよ、ヨサゲなトコロが。
 が、ナンせ近場。移動にそんなに時間を要しない。紅葉を満喫するといっても、所詮、同行者はいつものアノ家内だけ。そんなに間が持つものでもあるまい。
 とりたてて話す話題もなく、みたらし団子と五平餅を喰うて地元牧場の放牧牛の濃厚乳をガブ飲みして屁をこくくらいで、紅葉ばかり見上げていても首が痛くなるばかりだし・・・・。2泊3日という時間を細かくチマチマと割って、ついつい行く先々の名所旧跡の類を下調べなどしている自分に気づいたのでした。

 ああーううー、こんなの発作ツアーじゃねぇーッ!

 中途半端に時間があるとアレコレ考えてしまう、コレが人間のサガ。
 (ん? けど。ツアーは必ず「発作」でなければならないのか?・・・・・今更そんなコトを考えるのはよそう。)
 しかし、いつもの無計画で、衝動的で、行き当りバッタリで、優柔不断な、そんなアナタが好き。
 というワケで、イジマシイ、ミミッチイ、チマチマした、視野の狭い、キチッと常識的な一般的社会人になりかけた自分を恥じ、細かくなりかけた小さくなりかけた、ソノ対極のツアー、本来あるべき発作、ソレはどんなツアーで、ドコを指すのか・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・そーだ、富士山へ行こうッ!
 大きいゾ。 
 というワケで、ソレまで積み上げた何もかもを捨て、我々は突然、富士山を目指したのでありました。(長ッ。) 
          
  
 毎度申し上げております通り、他人の旅の写真、子どもを中心にした他人の家庭の微笑ましい写真、他人が感動して衝動的に撮りまくった風景写真ほどツマラナクて退屈なモノはないけど、自分が他人に写真を見せようとする時、ソノ1枚1枚への自分的ドラマ・想い入れなどがジャマをして、山ほど撮った写真をセレクトするコトは極めて苦しい作業なのだが、今回絞りに絞りまくりました。
 ですので、アナタがツマラナクて退屈な想いをするコトはないでしょう。
 誰のお蔭か。ワシのお蔭じゃ。


(田貫湖畔より仰け反って見る富士)
ドーだ。
日頃の行いが良いと、コーいう天気になるのだ。
アナタも精進しなさい。


仰け反り過ぎて、コノ後、前屈しバランスを取るというか帳尻を合わせようとしたが
結果として腰を前後に痛めつけただけであった。


 さて、2泊3日の目的を富士山1点に絞り、ズッと好天に恵まれた今回の究極の大発作ツアー最終日の朝、まだ暗い夜明け前の富士川SAで、ワシは小便ついでに「ポチポチ富士山なんか見えちゃったりするのかしらん」と寝ぼけたアタマで、ドッチに富士山があるのかも分からずキョロキョロした。
 「ああ、まだ見えんね。もうチョッと薄明るくならんとね。ほぼ真っ暗やもんね。ふ。」と諦めて、何気に振り向いた薄闇の中にはボワァ〜と幽霊富士が異様な大きさでワシを見下ろしておるのでした。


コレは少し時間が経って、少〜し朝陽が出始めて空が白んで、パープル富士(あ、ワシが命名したので悪しからず)になっている写真です。
実は、ソノ幽霊富士と呼ばれる(あ、ワシが命名したので悪しからず)暗闇の不気味なシルエット富士の写真も一眼デジカメで撮ってバッチリ存在するのですが、チップのデータの落とし方が分からないので、ココにはないです。へへ。
もし今後うまいコトいったら、載せますね。
アタマの二重笠雲がええ感じ。


前の写真からアッという間にコーなります。


裾野の長いコト。

 さて、今回のツアーは北陸〜名神〜東名をビューと走ったワケですが、富士山周辺を途中までグルッと巻くように移動した中には浜松というステキな都市があり、浜名湖というステキな湖があり、ソコには鰻というステキなお魚が養殖されており、ソノ周辺にはオビタダシイ数のステキな鰻蒲焼屋さんがあるのですねぇ。
 コノ点について特に申し上げるコトはありませんが、食べたというコトだけはお伝えしておきます。
 一応、ソノ写真も付けときます。


・・・・・ナンでこんなに小さいのかって?
ん? ソレはアナタの目の錯覚だと思いますよ。ええ。富士山ばっかり見てたから。ええ。
相対的に小さく見えるのでしょう。
ワシには大きく美味しそうに見えてますよ。ええ。


 やあ〜エカッタ。
 やはり、旅は無計画に、発作的に、行き当りバッタリに、衝動的に限る。
 次回はもっと山梨側をディープに攻めたいと、ココロに誓うオヤジ虫と他1名であった。

Thumbnail
和モノ 【絵本『CONTON』】 http://www.youtube.com/watch?v=RA1t2ssZk_o
びごーじょうじ×KatsukiHarusuke
洋モノ  【CONTON English version】 Picture Book『CONTON』Joji Bigo×Harusuke Katsuki
Story and Pictures:Joji Bigo/Music:Harusuke katsuki/Translated:Yukiko Nakata

(やっぱああなったか・・・まま、しゃーないな。フスマごと倒れ込むパターンは読めたな。)
(パタンと倒れるパターンね。ベタなコント芸。)
(ただ、ワシの読みでは背後から鴨居社長を巻き込むというパターンやったんやけど・・・・フスマの位置が違った。)
(ところで、ココへきて『マッサン』の視聴率が低迷気味らしい。引っ張り過ぎよ。なかなかウイスキー作らんし・・・)
(ただ、ワシ的にはエリーの不屈の愛の在り方を見ておるのも悪くない。ただ、いつになったら作り始めるのかね?)
(見続けるつもりやけど、ええかげん始めてもらわんと、ワシもいつまでも黙っとらんよ。       以上『マッサン』関係)
 

紅白チェック

  • 2014.11.26 Wednesday
  • 17:10

 もう紅白出場選手決まったんやね。

【紅組】
絢香(7) 知っとる
E-girls(2) 知らん 韓流か?
いきものがかり(7) 知っとる
石川さゆり(37) よぉ〜知っとる 「天城越え」か「能登半島」か何や
HKT48(初)、AKB48(7)、SKE48(3)、NMB48(2) 分からん 全部で何百人や?
神田沙也加(2) アレ歌うんか? May J.(初)との割振りはドーなる
きゃりーぱみゅぱみゅ(3) 知っとる
香西かおり(18) 知っとる
伍代夏子(21)、坂本冬美(26) 分かるけど・・・
椎名林檎(2) 分かる
天童よしみ(19) 知っとる 「いなかっぺ大将」歌ってくれんかな
中島みゆき(2) おお〜 ドーするんや
西野カナ(5) ん〜分かるような分からんような
Perfume(7) もぉ7回目か
藤あや子(20) 知っとる
松田聖子(18) はい。
水樹奈々(6) 誰?
水森かおり(12) 分かるような・・・やっぱ分からん
miwa(2) ・・・たぶんアレ
May J.(初) 声、大丈夫か ドーいう演出や
ももいろクローバーZ(3) ゼーッて言うトコだけ知っとる
薬師丸ひろ子(初) え?・・・あまちゃん枠?
和田アキ子(38) ・・・・

【白組】
嵐(6) 嵐単独ライブでもいいんやけど
五木ひろし(44) ドーしたん
EXILE(10) おお、いいね
関ジャニ∞(3) お笑い枠
クリス・ハート(2) あまり好きやないねん、わし
郷ひろみ(27) GoGo
ゴールデンボンバー(3) コノ人ら何枠?
三代目 J Soul Brothers(3) 知っとる
SMAP(22)、Sexy Zone(2)、TOKIO(21)、V6(初) 全嵐枠 最後のチームは「鉄腕ダッシュ」枠で応援してます
SEKAI NO OWARI(初) ナンとなく分かる
T.M.Revolution(5) は?ナンで? 消臭力枠か?
徳永英明(9) ラヂヲラヂヲ
AAA(5) 誰? コレ、嵐枠系のチーム?
長渕剛(4) お!出るの?
氷川きよし(15) 好青年の仮面を被ったスキャンダラー
福田こうへい(2) たぶんアノあんちゃんやね?笑ってしまうような・・・
福山雅治(7) おおッ!加齢臭を気にする最後の大モノ独身
細川たかし(38) 知っとる
ポルノグラフィティ(13) はいはい。好き。
美輪明宏(3) あらら、体調悪いとか・・・大丈夫か
森進一(47) へ?

以上、メンバーチェックでした。

Thumbnail
和モノ 【絵本『CONTON』】 http://www.youtube.com/watch?v=RA1t2ssZk_o
びごーじょうじ×KatsukiHarusuke
洋モノ  【CONTON English version】 Picture Book『CONTON』Joji Bigo×Harusuke Katsuki
Story and Pictures:Joji Bigo/Music:Harusuke katsuki/Translated:Yukiko Nakata

(広島のお姑さん(ピン子)のキモチをチャンと成就させるエリーってホントに偉い日本的お嫁ちゃん。)
(マッサン、チャンと言えるんやろか。          以上『マッサン』関係)
 

最大とか究極の・・・・

  • 2014.11.25 Tuesday
  • 11:48

 コノ連休、皆さまいかがお過ごしでしたでしょうか?
 ワシは猗作ツアー畛望綺蚤隋究極の猗作ツアー瓠↓猗作ツアー畸罎劉猗作ツアー瓩裡各間を過ごしておりました。最大とか究極とか言ってしまうと、もうコレ以上の猗作ツアー瓩呂覆い茲Δ忙廚錣譴修Δ任垢、ソーいう意味の最大とか究極ではありません。
 では、ドーいう意味か?
 ソレは追々ご説明するかしないか、そして、ツアーのリポートをするかしないか、本来ならココでバシッとするトコロではありますが、3日間ベッタリ遊び呆けていた疲れと、3日間ベッタリ遊び呆けていたツケが今朝からワシを襲っており、何やらテンテコ舞いでありまして、とにかく今後のコトを考える余裕はなく、本日はひとまずコレで失礼します。はい。
 とにかくお天気であったコトが猗作ツアー瓩鯊臉功に導いた要因でありました。ひゃ〜。ええ。

Thumbnail
和モノ 【絵本『CONTON』】 http://www.youtube.com/watch?v=RA1t2ssZk_o
びごーじょうじ×KatsukiHarusuke
洋モノ  【CONTON English version】 Picture Book『CONTON』Joji Bigo×Harusuke Katsuki
Story and Pictures:Joji Bigo/Music:Harusuke katsuki/Translated:Yukiko Nakata

(マッサンと鴨居はんの接点は明確なのですよねぇ。プロデューサーとクリエーターという立場の違いはあるが・・・・。)
(ソノ接点のツジツマを合わせるのがエリー。)
(あのスコットランド人貿易商の捨てゼリフに、ついにマッサンが登場したねぇ。)
(マッサンも鴨居はんも、行き着くトコロに互いの存在があるコトは分かっていながら遠回りしたワケで)
(コレでお互いホントはやっと安心、というトコロが本音でしょうが、何せ立場の違いと性格の違いがあるワケで)
(今後もズーッとエリーというツジツマ合わせ担当がいないと、ウマクいかんでしょうねぇ。)
(とにかく、当分、ウィスキー製造に至る日本史上初のアレコレの実態が明らかになっていくのであり、オモロイでぇ。)
(日々、キャサリンを軸に開催される井戸端会議からも目が離せませんなぁ。    以上『マッサン』関係)
 

白鵬と米倉と原田と大久保と織田とエリーとピン子

  • 2014.11.22 Saturday
  • 13:50

 今朝明け方、久しぶりに寒くなかった、ていうか温かかった、ていうか寒くなかった、ていうか・・・もぉええ。
 連休中は好天で、連休明けから崩れると。最近このパターンやね。

 白鵬強いわぁ。気合いが入っとって、とにかく速い。
 娑婆でイチバン速いんじゃねぇか。
 若いモンが、横綱に挑戦しようというヤツが、遮二無二に高速で勢いだけで突っかかっていく、というのなら分かるけど、イチバン集中してソレやっとるのが、横綱白鵬やもんな。それゃ誰も勝てんわ。キレキレやもん。充実しとるなぁ。スバラシイ。


 やっぱ話題にせんなんねぇ。ウワサせんなんモンやねぇ。
 米倉と原田と大久保と織田の「宝くじお嬢様と人力車夫差別的泣き笑い編」(勝手にシリーズタイトル付けました)、早くも続編出ましたなぁ。ソレも一挙に2本。

 もぉドンドンいってちょーだい。
 年末ジャンボの販売が始まったワケで、販売終了まで集中的にドンドン展開していかなんモンね。ストーリー展開を足早に、長大な物語にしてもらいたい。大河ドラマ。
 ドコかで、ポーンと飛躍して、宇宙へ行ってもいいし、一乗谷へ行ってもいい、海外編もいい、マトリックスのように脳内というか精神世界で泣き笑いするのもよい、ま、何でもカンでも好きなようにやってもらって、できれば、売り上げには関係せんけど、発売終了後編(発表待ちわびる夢見るドキドキ編)、当選番号発表当日編(コーフンとキンチョーがピークに達し気が狂う編)、発表後人生の岐路悲喜コモゴモ喜怒哀楽編(逆転編/できれば下剋上というのも見てみたい)、その後の4人ソレゾレの旅立ち編(逆転は実は正月の初夢で見たモノで、以前よりもっと辛いエゲツナイ現実が待っていた編)などなど・・・・・コーなりゃ1年中どんどんメンバーを新陳代謝させ、ズーとやってもらいたい。
 無論、米倉と原田は不動ですよ。ええ。

Thumbnail
和モノ 【絵本『CONTON』】 http://www.youtube.com/watch?v=RA1t2ssZk_o
びごーじょうじ×KatsukiHarusuke
洋モノ  【CONTON English version】 Picture Book『CONTON』Joji Bigo×Harusuke Katsuki
Story and Pictures:Joji Bigo/Music:Harusuke katsuki/Translated:Yukiko Nakata

(エリーがマッサンに話した子どものコト、ええハナシやった。達観した境地とでもいうんかな・・・・。)
(ああいう結論に達すれば、怖いモンないわな。)
(で、本日のMVPはピン子やなぁ。ま、アノ意地っ張りな関取の精一杯の優しさやね。面倒臭いけど・・・・。)
(で、アノ難しいヤヤコシイ心情、ココロの内と外のギャップが十二分に伝わってくるアノ演技。ピン子にMVP。)
(エリーは味噌汁の味、マスターしたんやね。かなりアタマの良い外人女子とみた。)
(で、いよいよ来週から鴨居はんに再開し、ウィスキーのハナシが始まるみたいやね。楽しみぃ〜。)
(うきッ!    以上『マッサン』関係)
 

♪男の女のラブゲーム

  • 2014.11.21 Friday
  • 11:58

 マイナビウーマンちゅうトコの調査の「あなたが結婚したいと思う男性芸能人」で、第2位の西島秀俊43歳が27歳の一般女性と結婚すると発表があったと思ったら、今度は同調査で堂々第1位の向井理32歳が国仲涼子35歳と結婚するコトが判明したのだ。
 ドーだ!
 ショックだろ!!
 ・・・・別に。
 残りは、近年加齢臭を気にしておる福山雅治だけになった。と、芸能ニュースは伝えております。加齢臭云々部分は、以前ラジオで福山本人が言うておったので、チョッとコノ場で形容詞句として用いてみました。はい。

 そんなコトより、例の毒婦やけどね、ヤリ口(「やりくち」と読んで下さい。「やりろ」ではありませんから。)を見ておると、結婚相談所を悪の温床というか暗躍の舞台としておるワケで、コーいう事件があると、コレからの高齢化社会、同じ様に高齢者同士の出逢いの場として利用しようと考える人は多いだろうに、障害になるやろなぁ。コワイわぁ〜と、ビビる爺さん婆さんも増えるでしょ。爺さんだけか、ビビるのは。いやいや、逆パターンもあるやろ。

 ところで、アチコチで入国拒否されとるというアメリカ人のナンパ師て何なん、アレ。
 ナンパ指南をビジネスにしとるワケか?
 なるほど、ソーいう商売が成り立つというコトは、需要があるんですねぇ。ま、ソレは当事者たちの勝手やけど、コイツの場合、自分のナンパ自慢が過ぎて、あるコトないコト放言したんでしょ。

 ただね、コーいうナンパ講師、ナンパ伝道師と自ら名乗るようなアンチャンは、本人はモノスゴク、メッチャ、モテて、女子に対して完璧な自信があるのでしょう。でないと、なかなか人様にレクチャーできるモンではないでしょうしねぇ。
 で、コーいうセミナーに高額の受講料まで払って参加するアンチャンたち、つまり需要側のアンチャンたちは、このセミナーにおいて仮に「ナンパ術」「ナンパ技術」を完璧にマスターできたとしても、実践段階で成功するアンチャンは4〜7%程度でしょうなぁ。コノ数値に別に根拠はありません。
 昔、ワシらの青春時代、『GORO』や『スコラ』などで、ほぼほぼ同様の企画をショッチュウやっていて、人気ありましたが、「ワシはコレで成功しました」というハナシは耳にしたコトなかったと思うゾ。
 おそらくでありますが、人から教えを乞うてまでやらんなんアンチャンでは、無理というコトです。
 やはりコーいうのも才能ですよ。ええ。ルックスでもなく技術でもない、ましてや努力でもない。あ、ルックスは、やや有利な要素ではあるが、ソレだけではねぇ・・・・ええ。

 と、コノように申し上げております、ワシはドーであったか、って? ・・・・・・・・ふッ。

Thumbnail
和モノ 【絵本『CONTON』】 http://www.youtube.com/watch?v=RA1t2ssZk_o
びごーじょうじ×KatsukiHarusuke
洋モノ  【CONTON English version】 Picture Book『CONTON』Joji Bigo×Harusuke Katsuki
Story and Pictures:Joji Bigo/Music:Harusuke katsuki/Translated:Yukiko Nakata

(ワシは常々、エリーとマッサン、子どもは?・・・・と思っておったのですが、本日初めて出ましたね、ソノ案件。)
(ピン子も姉さんも少しずつエリーのコトを認めるというか許す中・・・・・・・ソーかソーか深かった。)
(産まれてくる子はハーフなんや。考えてもみんかった、ワシ。そんなコト。当時は混血児と言われたんでしょ。今もか。)
(けど・・・・ソーか、確かに今なんかよりズッとムズカシイ大モンダイ。)
(今でも島国ニッポンではまだまだスタンダードとは言えんしねぇ。ええ。)
(姉さんのココロ遣いというか提案は、ソーかソーねぇ、本人たち以上に先のコトまでイロイロ考えてくれとるワケで・・・)
(ん〜・・・・ピン子は既にもっと思慮深く心配し悩み考えとるんかもしれんね。)
(確かに、親として考えんなんモンダイか・・・・ワシならドーするかなぁ〜・・・まずソレ以前に)
(外人と結婚せんやろなぁ・・・・ソーいう出逢いが想定できんもんなぁ〜。けど、もし、ソーいうコトになって・・・)
(エリーみたいな一途で努力家で、あんなええコやと・・・・)
(やっぱ愛は国境を越えるなぁ〜・・・・あ〜ドーしようかなぁ〜悩むなぁ〜・・・・少しだけ考える時間を頂戴したい。)
(少し)
(・・・やっぱ勢いでいくかもしれんなぁ。思慮深いけど、考えが足りんというタイプやからなぁ。昔から。ワシ。)
(ん?・・・よ〜考えたら、人生を二度できるワケでもなし、ワシはワシの今の人生に集中するコトにします。)
(はい。      以上『マッサン』関係)
 

毒婦と米倉と原田と大久保と織田

  • 2014.11.20 Thursday
  • 09:48

 毒婦というのは、いつの世にもおるというか、周期的に出てくるというか、いつでもドコでもソノ辺におるんやろか。
 オソロシやオソロシや・・・。
 67歳で6人・・・まだ容疑者ですけど。
 ナンなんやろね、ソノ怖ろしのエネルギーというのか、怖ろしのバイタリティーというのか、怖ろしのモチベーションは何なんでしょ、ドコからくるんでしょ。
 金欲、愛欲、自己愛、変質、偏執・・・・分からん。
 もぉ妖怪やな。いつしか妖怪になってしまったんでしょ。
 コワやコワや。


 ロトだか宝くじだか何だか、とにかくクジのCM、米倉と原田だけでも十分ワシを満足させてくれていたのに、ソコに突然、大久保と織田が加わって・・・・もう完全にマイッタ。
 アレが流れるたびに、ワシは正座して拝見拝聴し、大声を上げて爆笑し、ソノ後5分程度は余韻を味わい・・・・ホントに良い作品だと感動いたしております。
 コレほどオカシイのは、コレ以前の米倉と原田の主従関係の歴史があるからで、キチッとした物語がソコにはあるのだ。
 陰湿なイジメ、精神的支配と依存、不平等・不条理・理不尽などなど人間のココロの奥に潜む闇が、青空の下、不思議なくらい明るく爽やかに描かれている。

 例によって、短時間に心理戦をベースにしたドラマが、大久保と米倉の間で繰り広げられるのだが(モノスゴク短いショットなのに悠久の時間を感じさせる)、スゴイのが織田の存在である。何が何だか分からない。ほとんどペットというか、獣のような扱い。そして、ソレに同調するかのような原田の意味不明の雄叫び。ほんのワンカットなのだが、ヒジョーに効果的。

 人力車夫とお嬢様という上下関係が、コレで2組になり、かつ、家柄の差か見た目の差か女子力の差か、お嬢様にもソレゾレ上下があり、俄然、物語の奥行が広がった。
 とにかく今後のシリーズ展開にモノスゴ〜ク期待しておるワシである。

Thumbnail
和モノ 【絵本『CONTON』】 http://www.youtube.com/watch?v=RA1t2ssZk_o
びごーじょうじ×KatsukiHarusuke
洋モノ  【CONTON English version】 Picture Book『CONTON』Joji Bigo×Harusuke Katsuki
Story and Pictures:Joji Bigo/Music:Harusuke katsuki/Translated:Yukiko Nakata

(エリーの雑巾がけ。モノスゴク腰高じゃねぇか。手足が伸びとる。)
(ま、アル意味、カラダが柔らかいというか、前屈力がスゴイ。)
(「絵に描いたウィスキー」とはウマイこと言うた。)
(前田吟の腰痛は途中から治っとったけど、ま、何となく流れに便乗して、寝たきりになっとった、と。)
(「父危篤」の電報を打ったピン子とのアウンの呼吸で・・・・?)
(で、いつになったら、ウィスキー製造のハナシになるのぉ〜?    以上『マッサン』関係)
 

不思議

  • 2014.11.19 Wednesday
  • 08:39

 ナンで最後に失点するかなぁ・・・・川島のミスではないのか?ジーと球の軌道を見ておったみたいやけど。
 岡崎のヒールゴール、スゴカッタねぇ。『』エカッタ。ああ、間違えた、カッコエカッタ。

 コレから毎日、ドンドン出てくるのでしょうねぇ、健さん秘話。
 ↓コレ、見た方も多いと思うけど。
 何で見たか忘れたけど、健さんが亡くなったのが11月10日。
 で、09年の11月10日に森繁久弥が96歳で、12年の11月10日に森光子が92歳で亡くなっておるらしい。
 3人とも文化勲章の受章者。
 ナンでしょ? 不思議やねぇ〜。
 たまたま偶然といえばソレまでかもしれんけど、ココまで揃うと、偶然とは言えんでしょ。

 高倉健はスゴ過ぎて神格化されて謎めいていて不思議な存在で、亡くなったというのもやっぱ不思議。
 そうそう吉永小百合とは『動乱』の撮影以来30年も全く会っていないというコトですが、コレも何となく不思議。

 増税延期も解散も、健さんで霞んだ。健さんには勝てんわ。

Thumbnail
和モノ 【絵本『CONTON』】 http://www.youtube.com/watch?v=RA1t2ssZk_o
びごーじょうじ×KatsukiHarusuke
洋モノ  【CONTON English version】 Picture Book『CONTON』Joji Bigo×Harusuke Katsuki
Story and Pictures:Joji Bigo/Music:Harusuke katsuki/Translated:Yukiko Nakata

(出た。エリー魔女説。さすがピン子や。言うコトがエゲツナイ。ソノうち、魔女狩りし出すか・・・あの雪ダルマ。)
(ところで今日のピン子、雪ダルマというより関取みたいやった。というか部屋の親方。)
(姉さんを味方につけたかな? エリーは。)
(そうそう先日ドコぞの高速のPAの売店のBGM(たぶん有線)で『麦の唄』が流れ出して、あまりにも突然で・・・・)
(あまりにも相応しくない時間帯に相応しくない場所で耳にしたワシは我を忘れてしまい)
(テレビを探してしまいました。が、周囲にも同じようなキョロキョロ反応している人が何人かいましたよ。へへへ。)
(と、ま、そんなコトがありました。    以上『マッサン』関係)
 

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< November 2014 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM