そんなコトより・・・・・

  • 2013.05.31 Friday
  • 10:00
      
 背の高〜い男子とチッチャイ女子のチッチャイ女子の方が浮気して自宅に別男子を連れ込んで現場を背の高い男子に押さえられて離婚、というコトらしいですなぁ〜。
 本年度上半期最大のチョードーでもええハナシですが。

 そんなコトより、ナンジャ昨夜の試合は・・・・?
 サッカーね。ヒドイね、アレは。
 川島のミスと長谷部のOGの2失点。
 セットプレーからの失点が多いからと、コレをテーマに臨んで、やっぱり2失点ともセットプレーから。
 で、反撃得点のムードなし。もぉぜんぜんハナシにならない。
 ワシとしては初めてかもしれんなぁ〜・・・最後の方、観てるのがイヤになって、観戦放棄ちゅうのは。ウンコしに立ったもん。フツウ我慢するもん、ウンコくらい。
 ソレと、いつも感じるが、日テレのサッカー中継はダメ。ナンか重い。まず、アナウンサーの騒ぎ方がKY(古ッ)。解説陣がツマラン。特に北澤のあのミョーに自信ありげな、偉そーな、真顔の、重い、ツマラナイ、アノ感じがねぇ・・・・・で、言ってるコトはアタリマエ。とにかく雰囲気が全体的にKY(古ッ)なのだ。
 
 ま、そんなコトより・・・・・

        【絵本『CONTON』 びごーじょうじ×KatsukiHarusuke】

         

         http://www.youtube.com/watch?v=RA1t2ssZk_o

         (人差し指で・・・・・・・・・・・・・ソレ。)
     
              
 で、5月も終わりです。
 もう6月ですわ。
 かぁーッ!
   

残念2女子

  • 2013.05.30 Thursday
  • 10:21
 
 残念だが、桜田淳子は桜田デブ子。
 不意を突かれて、というか、事態が事態だけに、ついウッカリ人前に出てしまったけど、しまったぁ〜、しかも長く映り過ぎたし・・・・、やっぱり「備えよ常に」(ボーイスカウト憲章)って大切だわねぇ〜、後悔先に立たずだわぁ、はぁ〜・・・・・と、日頃より中年太りを放置せず、かつてのスターアイドルらしく絞り込んでおくべきだったと、本人はひどく後悔したかドーか知らないが、立派に我々デブチームの正選手になっていたので、やや驚いた。

 残念だが、のりピーの涙は全く信用できない。
 ウソ臭いなぁ〜と見えてしまう。
 たぶんホンキで悲しいのだろうが・・・・・・・・・・・・・ダメ。
 何をやっても、「ん〜・・・コイツだけは、本心が分からぬ。見た目の反対、反対の反対の反対かも知れぬ。・・・・・・・・んんんん、の反対の反対の反対の・・・・え〜い、シャラクセェーッ!コノ際、成敗いたすッ!天誅ッ!チェストーッ!おりゃぁぁぁぁぁぁぁッ!」という感じ。


 で、また「YouTube」デビューの宣伝です。
 当分続きます。何度でもご視聴下さい。

    【絵本『CONTON』 びごーじょうじ×KatsukiHarusuke】

    

     http://www.youtube.com/watch?v=RA1t2ssZk_o

         (人差し指でクリッと・・・・・・・・・・・・・はい。)

シンシンがニンシンしたのかニンシンがシンシンしたのか・・・・

  • 2013.05.29 Wednesday
  • 10:13
     
 シンシンが妊娠したのです。
 らしいです。
 上野のパンダね。
 ただ、パンダには「偽妊娠」というのがあるらしく予断を許さない、らしい。
 あくまでも「兆候」というコトで、皆様ヨロシクお願いします。


 で、また「YouTube」デビューの宣伝です。
 当分続きます。たぶん。

    【絵本『CONTON』 びごーじょうじ×KatsukiHarusuke】

というページで、URLは・・・・

    http://www.youtube.com/watch?v=RA1t2ssZk_o

です。(人差し指でクリッと・・・・・・・・・・・・・はい。)

 内容は、ま、チョッとだけ、チラッとだけお見せしますと・・・・

         

ま、こんな感じのコマがあるような、ないような、ん〜・・・・あったと思う。


 たぶんドナタも憶えていないでしょうが、1年ほど前とさらにソノ半年ほど前こ、このブログでもご紹介したのですが、トアル森でロケ(大撮影大会)をした、と。
 で、ソノ結果(何を何故撮影して、ソレが何になるのか)は・・・・「近日公開!」的なコトを書いておったようなソウでもないような・・・・・とにかく、ソノ近日というのは1年後であったと、ま、ソウいうコトであります。
 時間の感覚がズルズルなのであります。
 興味のある方、思い出したい方、ヒマな方は、 コチラをドーぞ。

   2012/4/29・30のハナシ(5/1UP) http://blog.bigojoji.com/?day=20120501

   2011/11/23のハナシ(当日UP) http://blog.bigojoji.com/?eid=1006400

 と、まぁ、ソウいうコトです。(読んでも何のこっちゃサッパリ分かりませんな。はい。)


 何度も言います(まだ二度目です)が、音も画像も、出来れば、デッカイ画面、でっかいスピーカーで味わってもらえると、メッチャええと思うのですよ。

 で、びごーじょうじは何をしようとしているのか?
 ドコへ行こうとしているのか?
 目先のモンダイとして、ひとまず、オシッコしてきます。
                                               

びごーじょうじ 「You Tube」デビュー!

  • 2013.05.28 Tuesday
  • 16:05
      
 コノ辺も梅雨近し、という感じがしてまいりました。
 で、本格的に暑くなる前に、「YouTube」デビューであります。何で?

 理由はドーでもええんですが、ま、ソウいうコトです。
 ♪ パーパラパッパッパッパ〜〜〜(華やかに鳴り響くファンファーレの音)。


    【絵本『CONTON』 びごーじょうじ×KatsukiHarusuke】

というページでありまして
URLは・・・・

    http://www.youtube.com/watch?v=RA1t2ssZk_o

であります。(人差し指でクリッとしてもらうだけで、ええんですよ。はい。)

 内容は・・・・・ま、とにかく見てみて下され。
 で、何度も何度も何度もアクセスして頂き、再生回数をドンドコドンドコドンドコ上げて頂くと良いなぁ。
 ヒマさえあれば見て頂き、お1人アタリ、ソウですねぇ〜・・・1000回程度で十分ですよ。
 ええ。
 ついでに、知人、友人、ご家族、親戚、隣近所、他人・・・・・・・・誰でもええから「不幸の手紙」のように
 お伝え頂けると、ヨロシイんじゃないでしょうか。 

 で、感想やご意見など頂けると、ワシはとても嬉しいのであります。
 (音も画像も、ちっちゃいパソコンではなく、デッカイ画面、でっかいスピーカーで味わってもらえると
  ・・・・メッチャええんですがねぇ〜)


 びごーじょうじよ!
 オマエはドコへ行こうとしているのかッ!
 何をしようというのかッ!
 ぶひひ〜ん(わかんねぇ〜)。
                                                   何卒ヨロシクです。

ネクタイとスーツに身を包みドロドロになった後に・・・・・

  • 2013.05.27 Monday
  • 09:42
   
 暑くなりました。
 ワシは家の中では、早くもパンツとシャツでウロウロするようになっており、コノ先ドーなってしまうのか、想像しただけでもアタマを抱え込み、悶え、脂汗を流すしかないのでした。

 昨日などは、1日中ネクタイなんかを締めて(当然、裸にネクタイをしていワケではなく、スーツなんちゅうモンも着て、靴なんちゅうモンも履いて、素肌の露出は極力抑えられており、体熱・汗の放散はかなり抑えられており、ダバダバな状態であります、ええ)、大勢の人と会い大声で喋りまくり、食べまくり飲みまくり・・・・・ま、そんな1日だったワケです。

 ワシは、こういう状態の自分のカラダを客観的にとらまえた時、いつも思うのです。
 ワシは、ワシの肉体は、今「プレスハムのようだ」と。「タコ糸で縛られたチャーシューのようだ」と。「アンコウの吊るし切りのようだ」と。
 
 毎日毎日毎日毎日、スーツを着、人混みの中を通勤に時間を費やし、ヌルヌルになって仕事している、大半の日本の方々、ホントにご苦労さんです、エライ、と、思うのです。

 ただ、帰宅後、まず靴を脱ぎ、靴下を放り投げ、足の指をパラパラパラパラとピアノの鍵盤をドレミファソドレミファソと弾くように動かし、次いでタコ糸を解き、変態緊縛状態から解放され、裸のチャーシューに戻った時の爽快感・解放感・ダラ〜とする感といったらコノ上なくキモチイイ〜〜〜、と、ココロの底から思うワケで、そんな時、ああ、コノために、コノ瞬間を堪能するために、1日我慢するのも、ま、ええかも、などと思うワケです。
 もしコレが娑婆の通念であるとすれば、エブリデー朝から晩までスーツで身包み、狭い臭い靴を履き、硬い固い道とか床とかを立ったり歩いたりしている人々は、案外みんなコノ爿校回復的快楽堪能変態瓩覆里もしれんなぁ、などと思ったりするのでありました。
 コレは何もデブだけのハナシではないと思うのだが・・・・・。

 ただ、コレからの季節、アセモに気をつけなければならない。


 PS.稀勢の里、連敗したらアカンわ・・・。
      

腰痛

  • 2013.05.25 Saturday
  • 13:55
     
 橋下くんは、そろそろココらで盛り上げるべぇ〜と、意図的に過激発言というかモンダイ発言をしてみたものの、思ってた以上に反感かって叩かれてしまった・・・・というコトでしょうか。
 というか、大半の反対意見に混じって少数派の賛同も得れるものと考えておったが、そのマイノリティーが声を出せんほど、大ゴトになってしまったというコトでしょうか・・・・・・「思った以上に面倒臭ぇコトになったべぇ」と思っているのではないかしらん。
 ・・・・・ま、自分で撒いた牾凌種瓩覆里如▲▲訥度の期間は育てるツモリみたいですね。

 モメゴトがないと存在意義が明確にならない人というのは、定期不定期にかかわらず、モメゴトの種を撒き続け、マッチポンプで育てるが、ソノ実を収穫するコトはないのですよ。ソレが目的ではないからです。みんな途中で行方不明になります。というか、育つ前に次の種撒いてしまうからね。
 
 ん〜、やっぱ、本質的にモメゴトとか面倒臭いコト好きなんやろね。
 あ、ソーか、弁護士やもんね。ソレが食い扶持(ブチ)やもんね。


 ところで、先日の祭りの後片付けで、大した仕事もしなかったクセに、日頃のチョー運動不足がタタリ、腰がタイソー疲れたのであります。
 ワシはドチラかというと腰は強いらしく、あまり炒めた・・・・間違えた、痛めたコトはないのですが、何かやたらと腰が疲れたという感じがしておったのです。
 ソレでも、2〜3日すれば、ラクになると思っていたのですが、後片付けの次の日、チョットした肉体労働というか、長時間、硬い床に立ち続けるという、コレまたワシの日常にはあまりないコトをしたら、ソノ晩アタリから、ダルイ感じが痛みに変わり始め、翌朝から激痛になってしまったまであります。
 アレから早や5日、ほんの少〜しだけラクになったような、単に拡散しただけで範囲が広がり、苦痛は余計に大きくなったような、ま、ソウいう日々を送っております。

 座ってしまえば、立ってしまえば、つまり、アル程度固定した姿勢になれば、ま、別に安泰なのです。
 が、停止(座位)から運動(移動)、運動から停止、つまり、立ち座りの変動中のing状態が、もぉ黙ってしまうほど痛い。ツライのであります。
 またコノ1週間、ワシにしては予定外の突発的外出が多かったからか、腰にいつもなら疲れにはならない疲れが溜まり続けたのか、痛みが抜けない。
 で、明日また会議やら何やらで1日中立ったり座ったりしなければならず、ワシの腰はいったいドーなってしまうのでしょうか。

 俗にいう犢痛持ち瓩諒のツラサが、分かったような分からないような。
 ま、そんな毎日です。
 トシかなぁ〜・・・・・。

 今日の、稀勢の里×白鵬、ドーなりますかね?
             

そんなヒマがあるんなら・・・

  • 2013.05.24 Friday
  • 15:25
   
 新聞でもネットでもええんですけど、見ました?

 アベちゃんが首相就任から5ヶ月も経つのに、公邸に引っ越さないのは、公邸が二・二六事件の舞台跡にあるコトから、ソノ際の犠牲者の幽霊が出るからなのではないかというハナシがあって、ソレに対して「ドーなの」と、民主党議員が政府に質問主意書を提出し、政府側が「承知していない」と答弁したとか、ちゅうハナシ。
 前々から、そういうウワサはあって、都市伝説としても立派に独り歩きしておったのはワシも知っとる。
 小泉純ちゃんは首相の時、同じように「出るというウワサがあるけど・・・」という記者の質問に対して、「幽霊に出会ったことはないね。一度会いたいと思ったんだけども」と語っておったらしい。
 ほぉ〜・・・・。

 質問する方もする方やけど、答える方も答える方やなぁ〜。
 政府っちゅうのは、どんなクダラン内容であっても、質問主意書ちゅうモンが提出されたら、ゼッタイ答えんとイカンのやろか?

 で、コノ場合の「承知していない」というコトバの意味なんやけど、「幽霊が出る」というコトに対して、「出ん。出んというたら出ん。」という意味なのか、「知らん。聞いてないし・・・」という意味なのか、ソレ以前に、政府としては幽霊なんちゅうモンを認めるワケにいきまへんのドス、という意味なのか。
 つまり、幽霊の存在を否定しておるのか、分からんと言うておるのか、おるかおらんか分からんけど出るという事実はないと言うておるのか・・・・・ん〜・・・・。

 ま、ドーでもええんです、そんなコト。
 そんな幽霊の与太話なんかで質問主意書提出したり、答弁書出したりしとるヒマがあるんなら、アソコやらソコやらアッチやらのワケの分からんプロパガンダ(か、ドーかもよぉ分からんけど)を黙らせるなり何なり、何とかせーよ。
 ったく。
     

四股名

  • 2013.05.23 Thursday
  • 13:49
  
 三浦雄一郎、スンゴイなぁ〜。
 ただただスゴイ。いろんな意味でスゴイ。
 オメデトウでやんす。(←コレ、何やったかいな・・・・・・・・・ケムンパスか)
 
 ところで、昨日の「根性バレー」ですが、アノあとフと思ったんですが、ワシの中学時代のアレは「根性バレー」というより「体罰バレー」でしたねぇ。
 ひゃひゃひゃ。

 ま、ソレはええとして、勝ったね、稀勢の里。昨日も。
 白鵬も勝って並行戦。
 ん〜終盤益々オモロイど、コリャ。


 毎度申し上げておりますように、ワシはテレビ点けっ放しなんです、書いたり描いたりしている時は。
 で、昨日のハナシですけど、日中、まだ早い午後、ザッピングちゅうんでしょうかチャンネルをダダダと転がしておったら、NHKBS1で相撲中継しておったんです。観客も疎らな下位のほうのヤツ。
 他に観たい番組もなかったので、ま、点けてあったんです、ソノまま。

 序二段だったと思います。
 成績というか星取り状況をアナウンサーが読み上げておったんです。
 画面には、ソノ表が映っておりました。
 「ナントカ山、ナニヤラ部屋、何勝何敗」というふうに、ツラツラと読み上げておりました。
 ワシはというと、目は手元を向いており、耳だけ聞くともなくテレビ方面に向かっておったワケです。ええ。

 ・・・・・と、ソノ時、中継のアナウンサーが

 「ヒカルゲンジ」と言うた。
 じぇじぇじぇ!
 光源氏?!!!
 四股名ですよ!
 正解は「光源治」でした。

 「モリウララ」と言うた。
 少女マンガか?
 「森麗」でした。

 「ランボー」と言うた。
 ララララララランボー!!!
 ロッキーもあるのか?
 「嵐望」でした。
 ランボウやね。

 「バリキマル」と言うた。
 馬力丸?
 「刃力丸」でした。


 いや〜、四股名ってイロイロあるんやねぇ〜。
 コレって出世魚みたいに途中で改名とかあるんやったけ?
 でないと、例えばコノ「ヒカルゲンジ」が横綱なんかになったら、ソノままではチョッと恥ずかしくないかい?
 ソウ思うと、「モリウララ」も「ランボー」も「バリキマル」も・・・・・何かチョッと、ねぇ、マズクないかい?
 ぜったいダメーというワケでもないけど、ねぇ。
 だいたい、どーゆーノリで付けたんやろか?
 やっぱ飲んだ勢いやろねぇ〜。
          

スリッパと竹刀 〜根性バレーの想ひ出〜

  • 2013.05.22 Wednesday
  • 13:12
    
 コノ春、男子バレーボール日本代表の監督に、史上初めて外人がなっておったんやね。
 知らんかった。
 公募して、20人の応募者の中から決まったらしいぞ。
 知らんかった。
 なんたらサトウというアメリカ人。
 顔は日本人やった、ような気がする。
 過去にアメリカ代表のコーチをしていて、金メダル獲得の実績もあるらしい。
 ほぉ〜。

 で、根性バレーがなくなるという。(ていうか、今も根性バレーしとったの?)
 ん〜・・・・・。
 実はワシ、中学の時、バレーボールしとったんやわ。
 9人制やけど。ははは。
 ココら辺りでは、ワシらが3年の時が9人制最後の年やったんやわ。ふふふ。
 まだブタになるズッとズッと前のハナシ。
 
 で、ワシは根性バレーしか知らないので、非根性バレーがドノような練習をするのかサッパリ分からんのです。
 せっかくですので、コノ際、当時の根性バレー(へへへ9人制)の練習がドノようなモノであったか、ソノ一端をご紹介しましょう。

 フットワークの練習で(そういうのがあったの!)腰が高いと、太腿の裏側のイチバン感じやすいトコロをスリッパの裏で思いっきり叩かれる。だから先生(顧問兼監督/数学科教諭)はいつも片手にスリッパを持っていて、ヘラヘラヘラヘラと振っていた。

 レシーブの練習でボールが手にかすりもしないような明らかなミスがあると、竹刀で尻を叩かれる。同じようなミスが続くと、コノ叩く位置が徐々に上へ上がっていくというシステムになっている。最後はアタマのテッペンを、面を付けない剣道のように「め〜ん」と叩かれる。坊主アタマには、コレがキーンとなって小便チビルほど痛いのよ。
 無論、ソコに到達する前には「どおぉぉぉ」「こてぇぇぇ」もある。先生に嫌われた者には、恐怖の「つきぃぃぃ」ちゅうのもあった。コレを受けた者は、だいたい泣く。幸い、ワシは経験なかった。ほほほ。
 ちなみに竹刀係は副顧問の先生(理科教諭)で、女子(ヒステリー気味のオバチャンというかババア)で、コノ先生は大会前などの重要な試合前だけに突然出現した。

 スリッパ担当は銀縁メガネ、竹刀担当は赤縁メガネで、両名とも目が吊り上がっていた。
 ワシが思うに、スリッパは竹刀にビビッテいた。たぶん。ていうか、嫌いだったのだと思う。
 だから、竹刀が現れると、スリッパは、ネットの弛みをチェックしたり、ボールの傷をコシコシ擦ったり、スリッパで自分の首筋から肩をペンペンと叩いたり、隣のテニス部の練習を眺めていたり(あ、そうそう、ワシらのバレー部の練習は屋外の土のコートだったのですよ。風が吹くと砂が舞い上がり、サーブコースが劇的に変化してキモチよかった。皆、勘違いした。ひひひ)、とにかくスリッパは日頃しないようなコトばかりして、意識的に竹刀と距離を置いていた。
 バレていないと思っていたのはスリッパ本人だけで、我々部員は全員見抜いておったね。ほほほ。


 ま、そういうワケで、今も、根性だけはあります。はい。
       

ヒタヒタとオモシロイ今場所

  • 2013.05.21 Tuesday
  • 23:21
     
 稀勢の里が、初の、初日から10連勝。
 ナンか危うい相撲の連続で、ドーなるかと、いつ負けるかと、心配しておりましたが、鼻血を垂らしながらの勝利。
 ま、序盤に比べ、徐々に、あまり力まず、落ち着いた取り口にはなってきている。
 期待されながら、難しいコトを考えすぎているのか、いっつもミョーな負け方を繰り返してきたが、今場所は危ういながらも結果を出すコトによって、精神的にもドッカリしてきた感じがする。
 と、ま、相撲解説者のようなコトを言うてみたりして・・・・。

 ソウいうワケで、稀勢の里については、ま、ひとまず、ソウいうコトです。
 とは別に、チョッと前からチラチラと注目していて、今場所ナカナカええ感じやなぁ〜と思っているのが妙義龍。
 稀勢の里とはまた違ったええ顔をしておる。
 キレもよい。
 近い未来、というか近々、もっと上へ上がると睨んでおるね、ワシは。
 あまりカラダは大きくないけど、今の顔のままなら必ずもっと強くなるね。
 どんな顔や。
 ご存じない方は、是非ご確認下さい。
 
 白鵬はそんなに調子よさそうでもないのに、ソレなりに取って全勝というアタリが、横綱らしい横綱というか、大横綱やね。
 雰囲気が横綱やもんね。

 ま、ソウいうワケで、今場所盛り上がってます。
 て、ひと息ついたりすると、コロンと負けたりするのがコレまでの稀勢の里なんス。
 でないコトを祈りますです。はい。
      

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2013 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM