マスクウーマンの目は命

  • 2020.04.20 Monday
  • 10:23

 

 娑婆にマスク着用者が増えて、というかマスクマンやマスクウーマンだらけになって、改めてフと思うのが、特にマスクウーマンに感じるコトなのだが、「目はオンナの命」(かもしれない)というコトだ。

 

 マスクマンやマスクウーマンにとって、他者へ表情を伝える部位は目だけなのだ。

 静止するコトなく動き続ける目もあるし、死んだ魚のような目もある。

 

 無論ボディーランケージもあるが、日本人のソレは貧弱で、さほど効果はない。だいたい下手クソ。

 コミュニケーションはほぼコトバによるトコロとなるが、腹の内を探ったり、より円滑なコミュニケーションが成り立つには、表情が不可欠だ。

 が、今日コノ状況において、感情やらナニやらが現れる部位というか内蔵に直結する感覚臓器は目オンリーなのだ。

 しか〜し、最近様々なシチュエーションにおいて、目だけを凝視しても、あまりナニも伝わってこないというコトに気がついた。

 意外と目は口ほどにモノを言わないのである。というか、目だけからナニかを汲み取るのは至難のワザなのだ。

 目やら口やら表情筋やら仕草やらを総動員して、総合的に表出するのが、表情であり腹の内というモノなのであった。

 

 目以外に見るべきモノのない状況で、目だけをジッと見つめていても、目が乾燥するだけだ。

 紡錘形の枠の中で黒い丸がチロチロドンヨリ動いても、あまりほとんどナニも伝わってこない。機械的ですらある。アメーバーみたいな、銀河系みたいな、アメフトのボールみたいな、木の板の木目の隙間にシュッと空いた穴みたいな、極めて愛想のない裂け目の中で、光を取り込もうと必死こいてキンチョーしている目ん玉がナニかのシグナルを送ってくるコトはない。

 

 で、ツマラン目を見ていても退屈なので、特にウーマンの方々には、バッチリメイクでもいいし、ほんのりナチュラルメイクでもいいから、ナンらかの配慮を願いたいのである。

 世知辛いコノご時世に、チョッとしたアクセント、ホッとする憩いのオアシス、昼間からついついウッとしてしまう魔性のトキメキ、ナンでもええから、少しだけお楽しみといか潤いを分け与えて頂けると、ソレだけで、ワシなんか、もぉ勝手に、コミュニケーション意欲が増強し、よし今日ももう少しだけ頑張ってみようか、という気になるのだ。

 ヨロシクヨロシクです。

 

 ソーソー、マスクウーマンとして活躍している時は、カラコン装着はやめて頂きたい。

 目全体が作りモノのように見えて、無機的なサイボーグ(人造人間キャシャーン)みたいで、マジにコワイ

 

 

😊今朝のNHK朝の連ドラ『エール』😊

新聞配達から新聞記者になるというのはチョッと不思議な気もするが、とにかくガキ大将新聞記者の詩人としての血が、主人公を励まし、というか作曲家になるコトを強要し、というか音楽を捨てるコト許すまじという圧力と、ナンやよぉ判らんが銀行員たちによるアノ手コノ手の失恋脱却作戦励で、音楽に向き合うコトになった主人公。血が騒ぎだしたという感じか。ホント主体性のないヤツ。支店長の善人で良人でおバカぶりが、後に殺人鬼になるかもしれんと思うと不気味(たぶん、ない)。一方、音さんのレッスンティーチャーとなった外国帰りのカマ野郎が、これまた不気味。キモイ

 

Thumbnail

●和モノ 【絵本『CONTON』】 http://www.youtube.com/watch?v=RA1t2ssZk_o

びごーじょうじ×KatsukiHarusuke
洋モノ 【CONTON English version】 Picture Book『CONTON』Joji Bigo×Harusuke Katsuki
Story and Pictures:Joji Bigo/Music:Harusuke katsuki/Translated:Yukiko Nakata

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM