スゴイの来たね

  • 2020.01.31 Friday
  • 09:00

 

 というワケでオモシロカッタですよ、昨晩も。『ケイジとケンジ』。ええ。

 『京都地検の女』など、起訴を巡って検事と刑事がグジャグジャと絡む設定は、コレまでにもイロイロイッパイあったけど、ナンかチョッと新鮮。

 東大卒で偉そうにしている割には、仕事もいまひとつ、ケイジの妹へのアプローチもトンチンカンで、やたらとオロオロして謝罪するシーンが多くて、ケンジが東出ナニガシの謝罪会見を肩代わりしているようで、ピッタリやん。週に1回、世間様にお詫び、というコトでいかがでしょうか。

 不倫露呈後、視聴率ガタ落ちらしいけど。

 ワシには関係ないけど。

 

 桐谷健太という役者は元々あんまり好きなワケではなかったけど、ソフトバンクのテレビCMの浦島太郎役で好きになりましてん。

 テンションが異常に高い爺さんの「ウィーアーファミリー」というセリフの後のセリフ「スゴイの来たね」がメッチャ好きでねぇ。ええ。あのセリフが桐谷健太にあまりにもピッタリなんですわ。桐谷健太以外考えられない「スゴイの来たね」。

 ハマり役。桐谷健太の出世作。桐谷健太の存在を不動のモノとするターニングポイントとなるかもしれん。エポックメイキング。

 ま、ソーいうワケですわ。ええ

 

 

😊今朝のNHK朝の連ドラ『スカーレット』😊

新聞記者のアパートのドアを開けたら、ソコは唐突に自宅のような事務所のような集会所のような、得体の知れない部屋で・・・・とにかくソコがキミと息子の今夜の宿泊所らしい。「働く母の会」が世に問う女性の社会参加モンダイ。キミの現状打破にナニかのヒントを与えるか。仕事で出かけた記者にススメられて聴いたラジオ番組に出ていたのは、信楽太郎・・・・・誰? アイツやん。本人が本人の兄になったり弟になったり女になったり映画に出たりギター抱えたり喫茶店でバイトしたり・・・・謎の元市役所職員。艱難辛苦を乗り越え、紆余曲折を経て、歌手になっていた。急に流れ変わった。信楽焼とも穴窯とも八郎とも関係ない大阪編。ソーソー、たまたまキミの留守中にナンか取りに来とったね、八郎。

 

Thumbnail

●和モノ 【絵本『CONTON』】 http://www.youtube.com/watch?v=RA1t2ssZk_o

びごーじょうじ×KatsukiHarusuke
洋モノ 【CONTON English version】 Picture Book『CONTON』Joji Bigo×Harusuke Katsuki
Story and Pictures:Joji Bigo/Music:Harusuke katsuki/Translated:Yukiko Nakata

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM