精も根も尽き果てて

  • 2020.01.29 Wednesday
  • 09:28

 

 ソーソー、豪栄道が引退したんやねぇ。

 精も根も尽き果てた、らしいですわ。

 

 精と根の両方がアウトというコトなんですけど、つまり精力も根気も無くなったと。

 そもそも精力というのは元気・スタミナみたいなモンで、根気といのは継続する気力みたいなモンで、精力はカラダのチカラで、根気はココロのチカラというコトちゃうけ。

 つまり心身ともに疲れ果てて、カスになってもうたと・・・・・一般的にコーなると、ガッツリ寝るしかないわね。

 もはや取り組み前のチカラ水ではドーにもならず、土俵で寝るワケにもいかんから、砂被りでウタタ寝するか・・・・ソーいうワケにはいかんので、ウチで寝るわ、と。しかも少々長めに寝たいので、相撲を取ってる場合ではない、という結論に達したのでしょう。クッタクタ。

 

 ご苦労さんでした。

 

 

😊今朝のNHK朝の連ドラ『スカーレット』😊

穴窯継続のキミと、一旦停止の八郎。状況から言うて、現実的には八郎に1票。しかし、キミは八さんの「信じるチカラ」の脆弱さをスコッと指摘。「お金のないコトに負けたらイカン」と。ん〜ん〜・・・・・・エグイとこを突いてきた。ココねぇ〜・・・・ムズカシイねぇ。女子の信念と、男子の意志の差みたいなモンやないやろか。論理的な男子、感情的な女子。確かに、キミは気が強くハッキリキッパリタイプで、八郎は優しくて嫋(たお)やかなタイプ。ま、真逆かな。ソノ差もある。しかし、男子には理解できない女子の感覚的というか本能的というか情緒的というか盲目的な、生まれいずる性差的強度の違いというモノがあるんちゃうやろか。芸術家のキミと、フツーの人の八郎、という見方もできるか。キョーレツなキミの傍で、いつしか八郎はフツーの人になってしまったのかも。とにかく和解交渉は決裂。息子を連れて出て行ってしまいました、八郎。何処へ。八郎は息子を連れて何処かへ、キミは山へ薪拾いに。役場のアンチャンは、いかに笑われるかという立ち位置を自己の中心に置いて生きてきたのだなぁ。生粋のお笑い芸人。

 

Thumbnail

●和モノ 【絵本『CONTON』】 http://www.youtube.com/watch?v=RA1t2ssZk_o

びごーじょうじ×KatsukiHarusuke
洋モノ 【CONTON English version】 Picture Book『CONTON』Joji Bigo×Harusuke Katsuki
Story and Pictures:Joji Bigo/Music:Harusuke katsuki/Translated:Yukiko Nakata

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM