タイ旅記 .▲罐織筺 船錺奪函Ε廛蕁Ε泪魯拭璽函

  • 2019.01.07 Monday
  • 14:28

 

 ワシがチョッと日本を留守にしておる間に、大学ラグビーには大波乱が巻き起こっておったんやねぇ。

 ま、ワシ的には上々の展開ですが。

 明治が早稲田を破り、天理が帝京を大差で破り10連覇を阻止。で、決勝は明治と天理。ケッコーケッコー。

 ホントは、関西が同志社であればもっとケッコーなんですけど。

 

 サッカーのアジア杯でも、いきなりオーストラリアがヨルダンに負けるという波乱。

 中島がケガで離脱。乾が緊急招集。ん〜・・・波乱の予感。

 

 

 さて「タイ旅記」。

 画像がアホみたいにあって、ソノ整理だけで、もうクタクタ。まだまだ終わりそうにない。

 で、とりあえず、整理ついたアユタヤ辺り。

 

 フワランポン駅から

ディーゼル機関車に乗ってアユタヤへ。

いいなぁ〜、こういう駅舎。

家内はハリーポッターに出てくる、ほらアノ駅みたいやねなどと言っておりましたが、放っておきましょう。

ホームと線路がほぼ同じ高さにあり、車輛には急なステップを2〜3段ヨッコラショと登って乗り込む、懐かしい機関車。

 

 窓の開閉が自由で、社内には扇風機もあるけど、大体は開けっ放し。

 線路の際に伸びた木の枝やらナニやらを削り取りながら疾走するから、葉っぱのクズやら木っ端みじんになった木の皮みたいなモンが、渦巻きながら粉雪のように座席に舞い込んでくる。風の忍者フジ丸の忍法「木の葉隠れ」を思い出した。燃料の重油(?)のニオイと轟音と振動と相まって、ディーゼル機関のチカラ強さというかパワーの臨場感満載。

 とにかく、ナニもかも昭和30〜40年代。懐かしい。

 長時間揺られて、尻が痛い。

 

 

 で、アユタヤの寺院群へ。

 何ヶ所も周りました。

 

え〜・・・実は画像を整理しながら

ドレが同じ場所で

ドレが違うのか、どんな順で巡ったのか、既にサッパリわかりません。識別不能。

 

 まだ他にも似たようなのがあるにはあるのですが・・・遺跡はドレも古代都市の重厚で荘厳な佇まいで、もちろん世界遺産。

 なのですが・・・ドレもコレも「ワット」ナンチャラカンチャラとか「ワット」ナハナハアラームとか「ワット」パッペッペッみたいな名前で・・・・ん〜・・・・不謹慎だとは存じますが、カンベン。

 つまり外人さんが京都へ来て、清水寺と知恩院と仁和寺と三千院へ行ったけど、みんな似たような木造建築で同じような色で、家へ帰ってから山のような写真を見たら、ドレも全部同じに見えて、そもそもアユタヤって地名なのか駅名なのか遺跡名なのか、ワケが分からんようになってしまったワシ同様、ソノ後、浅草の浅草寺にも行ったら、ソレも似ているような気がしてきて、もぉドレがドレか分からんし、京都寺と東京寺と名付けたり、京都に浅草寺があるコトにしたり、東京タワーの横に清水寺があるコトにして「コレでいいのダ」と、バカボンのパパみたいなコト言って、ソレで丸く収める、みたいな感じです。

 ホントにすんません。

 

 そんな中、ワシでも明確にキッパリと自信をもって断言できるのがコレ。

 ワット・プラ・マハタ―ト。たぶん。

 

ドーだ。

異彩を放っております。

アップ。

大変なコトになっております。

右も左も向けません。

横から。

コノ右手には山のような人がスマホを手にヒシメキ合っております。

真横から。

 

 ビルマ軍がアユタヤの街を破壊する際に、仏教のチカラを怖れ、大量のあらゆる仏像の頭部を切り落とした、と。

 村中に転がった頭部を哀れに思った村人が壁に立てかけておいたら、いつの間にか木の根が包み込んで、このようになった、と。

 ん〜、不思議やぁ、神秘やぁ、コノ木の意志か・・・・平将門の首塚とか、菅原道真の飛梅みたいな怨念とか祟りのオドロオドロシイ伝説とは異なり、ナニか優し気で慈愛に満ちた伝説で、ソレゆえに、余計に悲惨で哀れで惨い歴史の実証なのだ。

 ソレにしても、あまりにも違和感なく融合していて、地中から這い上がった仏様が、木の根の間から顔を出してナニかを言おうとしているようにも見える。

 

 というワケで初回でしたが、既にコノあとドーしたもんか不安になってきた。

 既に記憶が曖昧で、事実を事実通り伝えるコトがワシには不向きであるコトを改めて確信・・・・カンちゃんにツッコマレそう。

 

 

😊今朝のNHK朝の連ドラ『まんぷく』😊

いきなり8年後の昭和32年て・・・雑。しかも福子の頭はサザエさんやし。理事長夫人で瀟洒なお宅にお住まいなのに、パーラーで働いとるし。画家の家は、カンベさんとタカちゃんが結婚して、みんな同居してナンやら大所帯で、玄関に人イッパイおるし。武士の娘は相変わらずブチブチ言うとるし。で、発明家萬平はドコへ行った?そして下町ロケットみたいなハナシになるんやろか

 

Thumbnail
●和モノ 【絵本『CONTON』】 http://www.youtube.com/watch?v=RA1t2ssZk_o
びごーじょうじ×KatsukiHarusuke
洋モノ 【CONTON English version】 Picture Book『CONTON』Joji Bigo×Harusuke Katsuki
Story and Pictures:Joji Bigo/Music:Harusuke katsuki/Translated:Yukiko Nakata

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM