走る巨漢

  • 2018.09.08 Saturday
  • 09:01

 

 大坂なおみの快挙は、決勝で勝利して優勝して完結するのでしょうが、決勝の相手セリーナ・ウィリアムズ・・・テニスプレイヤーには見えない巨漢ですなぁ。

 100kgはあるんちゃいまんの?

 アメリカマット界にはよくいますよね、よく似た感じの悪役女子プロレスラー。

 出産育児を経て復帰して、36歳で決勝まで昇り詰つめるというのはスゴイ。

 ちょいちょい女子アスリートで、出産後もガンガン現役という人がいますけど、というか、出産前より勝負強くなる人がいますけど、筋肉とか体幹とか肉体的な質的・量的下落というのはないもんなんやろか・・・・女子の肉体というのは神秘やね。

 とにかく、肉体的にも精神的にも経験値も申し分のない、化けモンのようなトップ・オブ・トップ元女王アスリートを相手に、若鮎のような昇り龍のような伸び盛りのミラクル大坂がドー対峙するのか、めっちゃ楽しみやん。

 ま、大坂には松岡修造の念力がついているので、大丈夫でしょう・・・・・・・邪魔かもしれん。(修造が最近提唱しておる「ナオミ・キャンドル」には笑う。)

 是非、優勝してのコメントが聞きたいねぇ。あのウニュウニュとした別次元のコメントを頂きたい。

 

 錦織はドーなの・・・・・・あらッ、早くも第1セット落としてる!

 ジョコジョコビッチやしなぁ〜・・・・。

 

 

😊今朝のNHK朝の連ドラ『半分、青い。』😊

そもそも腹が減ったと言うとるエロエロ女子に、蟹食うかと誘うのは問題外、センスのない律。律の元妻が再婚やと。ビックリ。先に動いたか。相手はやっぱ出世欲満載男子でしょうか。ま、コレで律もアル意味ラクになるというか、好きにできるわな。年収800万の安定的看板に守られた人生と企業するドロップアウト人生との間で揺れる律だが、すずめの指摘は言い得ている。も少し、タフというか、クセの強いヤツでないと、ムズカシイかもね。人のココロに土足で踏み込んで失礼なのはすずめの専売特許で、今に始まったコトでもないのに律があんなに怒るのは、全てソノ通り、図星だというコトで、ま、双方の性格からして致し方ない。律にするとソレなりに順風満帆の人生にアレコレ傷がついてシンドクなっておるから仕方ないな。で、来週の予告からは、すずめがミョーな扇風機の発明(?)するらしい以外、ナニもわからんだ。ではまた来週。

 

Thumbnail
●和モノ 【絵本『CONTON』】 http://www.youtube.com/watch?v=RA1t2ssZk_o
びごーじょうじ×KatsukiHarusuke
洋モノ 【CONTON English version】 Picture Book『CONTON』Joji Bigo×Harusuke Katsuki
Story and Pictures:Joji Bigo/Music:Harusuke katsuki/Translated:Yukiko Nakata

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM