梅干日記2018 その 番外編

  • 2018.08.23 Thursday
  • 10:02

 

 ソーソー、ヤフーニュースで見たんやったか・・・律のチョッと恐い妻役の女優、原田美枝子と石橋凌の娘らしいな。

 女優兼ダンサーらしいゾ。やや驚き。

 て、『半分、青い。』のコーナーが上にまで上がってしもた。

 

 

 ところで、先日の梅干なんですけどね、ま、今年の梅干に限ったコトではないのですが、ソノ年の1個目、土用干しの灼熱の陽光から、いきなり瓶の暗闇に閉じ込められ、幽閉されたまま1ヶ月、突然また娑婆の空気に触れたと思った途端、記念撮影され脚光を浴びて梅干人生サイコーの瞬間を迎えたと思ったら、ソノ刹那、ワシの口の中というソノ梅干について(長ぁ)

 

 

 コノ第1号梅干というのは、梅干でありながら、まだフルーツの頃の想い出が僅かに梅干の中に残っているというか、梅の実の記憶とか梅がまだフルーツとして生きていた頃の残像を消しきれずにいるというか・・・・いやいやチャンと充分立派な梅干に違いないのですが、梅干の中に微かにフルーツの記憶を感じ取るコトが出来る・・・ん〜・・・ナンと言うたらええのか・・・・・・・・・もう立派にオンナとして長く生きているのにナニかの拍子に手術前のオッサンが垣間見えるオカマみたいな・・・チョッと違うなぁ・・・ま、とにかく、そんな感じのスペシャルな梅干なのです。

 初モノはやっぱひと味違います。

 ソレを言いたかったのです(ナンか今日の比喩、失敗した)。

 

 

😊今朝のNHK朝の連ドラ『半分、青い。』😊

岐阜犬はさっそく、女子中学生(高校生?)の青春の悩みや、恋に落ちた娘を心配する地元の名士の妻の悩みを金八先生ふうに対応してスッキリさせたりなんかして、大活躍。てか、人生相談コーナーみたいになっとるやん、アノ犬。ま、原田知世がクッキーを焼くまで元気になったというコトで、原田知世自身のリハビリには効果大であったというコトのようです。病院の先生は母より律のコトを心配しておるような。律は母のコト+妻のコト+自身の対人能力不器用的不全な三重苦に軽い鬱状態にあるような気がします。そんな時は、岐阜犬に相談しなはれ。親子対話。カンちゃんは中村雅俊から新店舗名を託され、すずめは律母からアルバムを託される。母娘でナニかソノような・・・人の末期(まつご)の願い受け皿的運命を授かっておるのでしょうか。本日は、豪華ダブルナレーション(動く写真付き)ありませんでした。残念。

 

Thumbnail
●和モノ 【絵本『CONTON』】 http://www.youtube.com/watch?v=RA1t2ssZk_o
びごーじょうじ×KatsukiHarusuke
洋モノ 【CONTON English version】 Picture Book『CONTON』Joji Bigo×Harusuke Katsuki
Story and Pictures:Joji Bigo/Music:Harusuke katsuki/Translated:Yukiko Nakata

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM