話芸

  • 2018.05.24 Thursday
  • 10:25

 

 当該選手と監督・コーチの言うとるコトの間に、違いやら矛盾があるのは、ドーしたもんじゃろのぉ。

 ま、見る者に届く空気感もほぼ真逆。

 間に挟まったコーチがシドロモドロになっておったのが印象的。

 

 千鳥のナンタラクーポンのアプリのテレビCM、何回見ても笑える。

 最後の「キサマは?」以外、何ゴトもなく平穏無事にフツーに淡々と広告を全うしておるのに、最後の最後に相方を「キサマは?」と呼び、相方は「キサマ?!」と、ただソノ意外な呼び方にビックリするだけ。

 そんだけのコトなのに、ガッチリ見る者のココロを鷲づかみにするのであった。

 訛りのキツイ広島弁による話芸のミョー。

 

😊今朝のNHK朝の連ドラ『半分、青い。』😊

1990年かぁ・・・・ソーかソーか、人面魚ね。秋風先生は5年前にガンをやっていて、再発かと気を病む敏腕マネージャー。最近、秋風先生がナニかオカシイから・・・。たぶん、すずめ大魔王による田舎パワーの影響かと思うのですが。マネージャーの秋風愛は凄まじい。秋風先生はナンと単独で岐阜へ。開店前から店の前で和装のあんなオッサンが待ち構えていたら、コワイ。本日ナルホドと思ったのは、岐阜弁とアラビア語の近似説。ナルホドねぇ〜・・・今まで考えたコトなかった。て、アラビア語って、どんなの?・・・あ、つまり岐阜弁か。バーカウンターで昼間から酒を飲みつつススリ泣く敏腕マネージャーの背中に優しく手をまわし寄り添う律を背後から凝視するすずめ。固まる。

 

Thumbnail

●和モノ 【絵本『CONTON』】 http://www.youtube.com/watch?v=RA1t2ssZk_o
びごーじょうじ×KatsukiHarusuke
洋モノ 【CONTON English version】 Picture Book『CONTON』Joji Bigo×Harusuke Katsuki
Story and Pictures:Joji Bigo/Music:Harusuke katsuki/Translated:Yukiko Nakata

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM