飢えた鰻

  • 2018.05.13 Sunday
  • 09:05

 

 昨夜、久しぶりに夢を見た。

 

 大勢で鰻を食べに行った。よく知っている鰻屋。お座敷貸し切り状態。

 注文した鰻重・鰻丼などがなかなか出てこない。みなは談笑していて意に介さないみたいなのだが、我々夫婦はがぶつぶつモンクを言っている。

 ほどなく、いつものオヤジ、ソノ息子が一斉に鰻を運んできた。

 猯笋笋訓経Л瓩覆里澄B腓屬蠅隆錣法△竿咾忘椶辰娠靴粒焼、ソノ横にギョーザのから揚げ、渦巻き状に盛り付けられたそうめん。冷たい出し汁が付いてきて、全体にかけて食するようだ。

 ナンじゃコリャ。

 ギョーザのから揚げは、小学校の時、給食で出たソレであった。そうめんは、以前滋賀県長浜で食べた、サバとそうめんを煮込んだ名物料理のそうめん部分だ。間違いない。異様な取り合わせに、やや引きながら、恐る恐る食べると、コレがなかなか美味くて、こんなモン、永い鰻人生で初めて食べたと感動しているのだ。

 

 実はコノ鰻屋、以前、実際に家族で食べに行ったコトがあり、鰻重の松を注文したら、チョッとコマッタことに、おすまし、漬物以外に、小鉢、メロン、ショートケーキが付いてきた。ナニか勘違いしている。コレは現実のハナシで、皆でアタマをかかえてしまったコトがあった。数年前のコトである。

 

 ソレがドーして、突然、異様さはソノままに、姿を変えて、昨夜の夢に出てきたのか・・・・・。

 ナンとなく理由は分かる。最近、チョッと鰻を食べてなくて、嗚呼、食べたいなぁと思っていたら、昨日、息子夫婦から「母の日」に鰻の蒲焼真空パックが届き、ソノおこぼれを頂ける運びになったのだ。

 「母の日」といいながら、明らかにワシに対する忖度が垣間見え、フクザツな満足感と、鰻に飢えたワシの鰻に対する過度な期待(まだ食べていない)が、ああした夢を見させたのではないかと思われる。

 ソレにしても、チョッと異様な夢であった。

 

コレがソノ鰻の蒲焼真空パックでる。

静岡は浜松の「浜名湖鰻」。

今夜、忖度されつつ頂く予定であります。

 

😊今朝のNHK朝の連ドラ『半分、青い。』😊

定休日

 

Thumbnail

●和モノ 【絵本『CONTON』】 http://www.youtube.com/watch?v=RA1t2ssZk_o
びごーじょうじ×KatsukiHarusuke
洋モノ 【CONTON English version】 Picture Book『CONTON』Joji Bigo×Harusuke Katsuki
Story and Pictures:Joji Bigo/Music:Harusuke katsuki/Translated:Yukiko Nakata

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM