人間発電所

  • 2018.04.23 Monday
  • 09:18

 

 だいぶ復調してきたように思ったのに、決勝はナンかアッサリ諦めてしまったように見えたけど、メンタルのモンダイ?

 錦織ですけど。ええ。

 

 ところで先日、ブルーノ・サンマルチノの訃報が流れておりました。往年のプロレスラー。

 コーいう人の訃報を聞くと、生きていたのか、そもそも今いったいいくつやったん?と、いろんな意味で驚かされる。享年82歳。合掌。

 というコトなので、ワシがご幼少期、ガッツリ見ておった頃は、まだバリバリに若かったんやねぇ・・・・すごいオッサンやと思っておった。ま、そんなモンやね。

 日本のプロレスの黎明期〜全盛期に、日本のマットでも大活躍した狄祐嵌電所瓠

 昔のプロレスラーのニックネームはホントに気が利いていて、想像力をかき立ててくれるし、笑わせてくれる。

 ただ意味不明。狄祐嵌電所瓩謄淵鵑覆鵝

 けど、コレがバッチリなんですわ。本国アメリカでのニックネームはPOWERHOUSE(=発電所)だったそうで(当時は知らんかった)、日本にきたらアタマに「人間」が付いた。コレが大事。ただの発電所ではダメですね。狄祐嵌電所瓩箸いΕ淵召、イメージを膨らませてくれるのです。

 無論、電気を起こしたワケではありません。圧倒的な強さで試合展開がやたらと速かったから・・・でしょうか。

 プロレスラーニックネームの傑作のひとつでした。

 

 試合前に、下敷きで擦ったり、アクリルの服着たりして、静電気起こして出てきたら、ソレはソレでオモシロカッタやろね。会場を暗くして、バチバチッと放電させる。

 で、ふたりとも失神。ははは。ついでにレフリーも失神。

 大仁田じゃないっつーの。

 

 

😊今朝のNHK朝の連ドラ『半分、青い。』😊

ホントに「中学生日記」みたいなウブな高校生たちの青春の日々がノホホンと続いております。請求書と見積りのカン違いで騒ぐ一幕も、ドーでもいい緩い感じの出来事で・・・・ワシは要らんなぁ。ノホホン系ホームドラマみたいなモンを目指しておるのだろうか。すずめの初デートは・・・相手はやっぱチョッと引くやろね。拷問のアイディアは悪くないけど。律とすずめのモドカシイ関係はいつまで続くのか。とにかく早く次の展開へ移るコトを切に願います。以上。

 

Thumbnail

●和モノ 【絵本『CONTON』】 http://www.youtube.com/watch?v=RA1t2ssZk_o
びごーじょうじ×KatsukiHarusuke
洋モノ 【CONTON English version】 Picture Book『CONTON』Joji Bigo×Harusuke Katsuki
Story and Pictures:Joji Bigo/Music:Harusuke katsuki/Translated:Yukiko Nakata

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM