利害の一致

  • 2018.04.14 Saturday
  • 09:09

 

 アノまま1点リードで勝利するのかと思っていたら、1-1の引き分けという結果にはガックシ。

 ま、W杯出場という最低限の結果だけは確保したので良しというコトかな。

 米を破っているというコトだったので、もっと強いのかと思っていたが、ドーにもならないほど強いというコトはなかったね、豪。ソレほどなでしこが豪の強味を殺していたというコトなのか・・・。

 で、同点になって以降、5分以上に渡って、なでしこも攻めず、豪も取りに来ず、最終ラインで同じパス回しをズーと繰り返しておりました。オトナの戦い方だそうです。利害の一致、ちゅうコトでしょう。ワシはまだまだコドモなので勝ち切ってほしかったけど、オトナの言うコトは聞かにゃイカンしな・・・やっぱアノ同点弾を許してはイカンかったっちゅうコトや。

 チーム再生・再構築には、やっぱ「勝ち」がイチバンの良薬やね。

 次は中国というコトですが、ドーなのでしょう。中国の犧瓩ドノ程度なのか知らんし、中国側のグループと、日韓豪の入ったグループではソートー差がありそうで比較にならんし、もう1回決勝で豪とやって決着をつける、という段取りですかねぇ。

 

 ひとまず、ご苦労さんでした。

 韓国もせっかくベトナムから4点取ったんやに残念やったね。

 

😊今朝のNHK朝の連ドラ『半分、青い。』😊

行燈みたいなのがクルクル回るアレ・・・ナンやったかいな・・・アレ、オモシロイな。ポータブルレコードプレーヤーのターンテーブルに二階建てで載せて、同時にBGMも流す、グッドアイディア。で、ナンやカンやあって、ソノままポーンと跳んで高校生のすずめと律になる、という大体予想通りの展開で、子供劇終わり。やっとチョッと子役編に慣れたのに・・・やや残念。「大勢の小人が騒いでいる」「バケツの底でザリガニが暴れている」などの耳鳴りの表現や、「世界が半分になった」「生き物として弱くなった」、雨の日も「半分はいつも晴れ」などの片耳の聴力を失ったコトに対する表現が独創的でオモシロイと思っていたら、ドラマの脚本家の実体験やったんやて。子どもの頃に片方の聴力をなくしているそうです。やはり受け手に響く表現のオリジナリティーというのはソーいうコトなんやね。青空に白い雲、半分青くて半分白い、だから『半分、青い。』か。なるほど。というコトで、また来週。

 

Thumbnail

●和モノ 【絵本『CONTON』】 http://www.youtube.com/watch?v=RA1t2ssZk_o
びごーじょうじ×KatsukiHarusuke
洋モノ 【CONTON English version】 Picture Book『CONTON』Joji Bigo×Harusuke Katsuki
Story and Pictures:Joji Bigo/Music:Harusuke katsuki/Translated:Yukiko Nakata

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM