ドサクサ紛れとエリートの蹉跌

  • 2018.01.10 Wednesday
  • 09:38

 

 冬季五輪に重ねて、ドサクサ紛れに、アレもコレも一挙にカタをつけようという魂胆なのでしょうか。

 ココへ来ての韓国の急な活発な動きには、チョッと違和感というか、ナンやねん、ドーしたん、ドナイやねん、という感じがする。

 日本に対しても、ナンか一見ウマイ突破口を見つけたような言い分ですが、アカンアカン、ソリャあんたらの勝手やわ、ご無体な、という感じ。

 は〜あ。

 

 ライバル選手を貶(おとし)める、チームメイトも貶める、などという方向にドーピング問題が向くと、日本人お得意のチームプレーとか集団連携とか和とかに、ヒビが入るケースもあるようなないような・・・。コマッタちゃん。

 自分の飲み物を自己管理できないほうにも不備というか責任はあると、為末さんが言うとった。

 となると、食いモン、飲みモンを全て身につけ、肌身離さずプレーするしかないな・・・・モサモサになるで。

 罪を犯したカヌー選手やけどね、五輪出場経験(6位入賞)のある嫁さん、ソノ父上のバックアップ、コレらがプレッシャーになっておったのではないか。ご幼少の頃からトップを走り続けてきたカヌーエリートの栄光と挫折、光と影、順風と蹉跌。砂鉄ではない。

 同情はしませんが・・・チョッとそんなコトを考えたりなんか致しました。はい。

 

 ソーソー今年の福男、ダントツやったね。

 ズーッとトップ単独走。

 18歳の高校生というコトでしたけど、ルックスはオッサンやったね。

 

 

😊今朝のNHK朝の連ドラ『わろてんか』😊

こりゃ当分、実の母親との過去モン、及び、チャリティーさんが売名行為として社会問題化、などなどセレブ事業家に降りかかる暗く重いドラマで推移していくという展開やな。ソノ陰で、キースもアレコレ揺れ動く、と。となると、藤井隆「万丈目吉蔵」の出番はないな。となると、わらえまへん。残念。コーいう流れの合間にこそ、藤井の強張った顔のオカマ演技や、うしろ面などの安定的定番カットでワシを笑わかしてもらいたい。

 

Thumbnail

●和モノ 【絵本『CONTON』】 http://www.youtube.com/watch?v=RA1t2ssZk_o
びごーじょうじ×KatsukiHarusuke
洋モノ  【CONTON English version】 Picture Book『CONTON』Joji Bigo×Harusuke Katsuki
Story and Pictures:Joji Bigo/Music:Harusuke katsuki/Translated:Yukiko Nakata

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM