春の錯覚2題

  • 2017.04.17 Monday
  • 09:27

 

 ミウ凄いな。美宇。

 チョー捲土重来。先を行った同世代に追いつき追い越そうという勢いが、勢い余って、世界トップを次々撃破。

 あんだけやっちまえば、マグレでないコトは間違いない。

 日本卓球はホントにスゴイことになってきたなぁ。

 中華軍団は浮足立って、あわわ〰になっているコトでしょう。

 

 

 さて、先日の鰻モドキに続きまして、またヘンなモン見つけました。

 とあるスーパーにて。

 

「バジルシード」と書いてあるので、あのハーブの種子というコトなのでしょうが・・・。

こんなモン、初めて見ました。

チョッと画像では分かりにくいかも知れませんが、トノサマガエルの卵ですね。ええ。

ドノような味、口当たり、喉越しなのか知りませんが、とてもキモイ。

コップに移し、日陰の温かいトコロに置いておくと、オタマジャクシにカエルのではないか。

ツブツブも然るコトながら、周りのブリュブリュの色合い、質感がドーにもリアルでねぇ。ええ。

 

 

 ミョーなモノに当たる日は、続きます。

 ただし、次の報告については、ワタクシの主観による私見であり、人によっては極めて不愉快な思いをされる、トラウマになって今後スプーンを手にできなくなる、またはソレらのコトが予想される場合は、コレ以上、このブログを読み進むコトはお勧めできませんので、アシカラズ。ブリッ。

 

 とあるスナックコーナーでカレーライスを注文したのでございます。

 ほどなくして「お待たせしました」とテーブルに置かれたブツを見て、ワシは息を呑んだ。

 

和式便器に見えたからである。

コノ食器のカタチがビミョーで、かつ、ライスの偏り方、そして、カレーについては説明するまでもない。

腹を壊して下したナニが便器に溜まった様子に見えたのである。

今、改めてコーして眺めると、ソーでもないのだが、アノ時の初見のアングルがソー思わせたのかも知れない。

とにかく、ワシの目の前に置かれたモノは、ハッキリ言うと(やや躊躇する)・・・下痢in和式便器だったのダカラ〜。

キタネェー。すまん。

一度ソノように見えてしまうと、人間とはオソロシーもので、ソノようにしか見えなくなり、スプーンを持つ手が震えたものである。辛うじて、ニオイは間違いなくカレーだったので、目をつむれば恐怖は消え去りました。

 ちなみに、味はフツーに美味しゅうございました。

 

 以上、2点。

 いずれも昨日のコトでございます。

 温かくなって、幻覚というのか白昼夢というのか、ワシの目に映った異様なモノというか、ま、錯覚をご報告させて頂きました。

 

Thumbnail

●和モノ 【絵本『CONTON』】 http://www.youtube.com/watch?v=RA1t2ssZk_o
びごーじょうじ×KatsukiHarusuke
洋モノ  【CONTON English version】 Picture Book『CONTON』Joji Bigo×Harusuke Katsuki
Story and Pictures:Joji Bigo/Music:Harusuke katsuki/Translated:Yukiko Nakata

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM