『梅干日記 2016』完結編と名古屋場所総括

  • 2016.07.25 Monday
  • 14:15

 

 延べ3日間の土用干しを経て、本日メデタク「梅干完成型予備隊」が出揃いました。

 

お日様は少〜し陰ってる状態でしょうか。

 

塩噴いてますねぇ〜。

・・・・あ〜・・・ジュワぁ〜と出てきた。ヨダレ。

 

で、コノまま瓶の梅酢に投入され・・・・

  ⇒    

約1ヶ月ヒタヒタとさらに赤みを増し、熟成していくのであります。

というワケで、また1ヶ月後に。

 

 

 さて、名古屋場所は満員御礼のうちに滞りなく終了致しました。

 日本大相撲協会に成り代わりまして、厚く御礼申し上げます。ナンデやネン。

 で、稀勢の里の「綱取物語」については3場所の累積白星数がコレで13・13・12となり、来場所も継続審議の対象となるコトが決定したそうです。

 ほぉ〜。

 温情裁定のような気もするなぁ〜・・・・。

 横綱になるには、協会の客観的な規定は無論のコト、ワシら観衆のイメージ的にも、継続的安定的な淡々とした強さか、短期的にでも爆発的印象的な強さ、あるいはソノ両方が必要なワケで、稀勢の里の場合、確かに目のパシパシは消え、仏像のような半眼、比較的安定した取り口と、いくつかの変化は見られて、無我の境地とまでは行かずとも多少心境に変化はあったか・・・と思われるが、先に挙げた強さの印象という点では、ドチラについても物足りない感じはしてしまう。

 とにかく未だ優勝できていない。

 いくつかのチャンスをモノに出来ない、ソノための運を手繰り寄せる強引さが見えない。

 ま、継続審議になったというコトは、チャンスをもらったワケで、コレに乗らない手はないワケで、来場所は是非、畳み掛けるような強さを見せてもらいたい・・・・・・・・・・・・・大丈夫やろか。

 

 そんな名古屋場所の間、毎日ズーッと桟敷席のテレビ画面の左隅に映り続けておった、いかにもママ(女将)という感じの、やや強面の和装の女性には、お気づきでしたでしょうか。

 ワシは気になって気になって、毎日ソコばっか見ておった。すぐに発見できなかった時は、相撲ソッチ除けで、捜してばかりいた。

 次の取組前のインターバルのたびに必ず映っていたというコトは、ドッチ正面、ドッチ側だったのか・・・・アレはやっぱ場所中ズーッとアノ席を押さえてあったんでしょうねぇ。指定席の大人買い。

 やっぱ栄辺りのクラブのママというアタリが順当な読みでしょう。他に考えられるのは、ソノ筋の姐御。アタマのスケとか。ま、ママがアタマのスケというコトも充分ありますがな。

 

こんな人。

コレが見ようによっては、稀勢の里に見えたり、稀勢の里の母、または姉、またはイトコ、ま、親戚縁者では・・・・と思われるほど似ていたり、アングルによってはマツコDXにも見えたり、とにかくアノ世界特有の貫禄とオーラを放っていたのでありました。

 お気づきでした?

 コノ方、名古屋場所には必ずいるような気がします。前々から映ってますよね。

 ナンといってもアノ星飛馬のように仕上げられた立派な眉毛がステキ。頭についても毎日来場前にセットしてるんでしょうねぇ・・・・・あ、コレは毎日の出勤についても同様であり、特別なコトではないか。で、毎日同伴出勤でしょうか。か〜、関取って、やっぱ体力あるわ。デブがモテようと思ったら、やっぱ力士になるしかねーな。

 それから、あと、大村崑もチョイチョイ映ってましたね。

 以上、名古屋場所総括でした。

 

 

 あ、そうそう、知らん間に、我が家には、こんなモンまで育っておりました。

 

オクラの花だそうです。

こんなキレイな花咲くんや。知らんだぁ。

・・・・・・オクラ、美味いね。大好物!

やはり時代は自給自足ですな。

 

Thumbnail

●和モノ 【絵本『CONTON』】 http://www.youtube.com/watch?v=RA1t2ssZk_o
びごーじょうじ×KatsukiHarusuke
洋モノ  【CONTON English version】 Picture Book『CONTON』Joji Bigo×Harusuke Katsuki
Story and Pictures:Joji Bigo/Music:Harusuke katsuki/Translated:Yukiko Nakata

 

(やっぱカンバックしました、ハイリ。ハイリと洋裁学校校長は今後とも狄Д皀劉瓩箸靴謄ンバッテ頂きたい。)

(主人の親戚の家に住まう。主人?ハイリに主人おったんかぁ。今50歳。あと50年、現役教師を続けるらしい。)

(当時、教師には定年がなかった、みたい。とにかくハイリには如何なる時にも期待せずにはいられない。)

(♪ハイリハイリフリハイリッホー ホッホッー ハイリハイリハイリッホッホー 丸大ハンバーグ〜)

(花山との対決も今から楽しみ。変人対変人・・・同門対決みたいな。やはりレフェリーは常子。)

(書道家だというハイリの旦那は、右手がダラリとしておったが・・・・。)

(花山の服装は既に独創的な・・・ロシアの民族衣装を思わせるようなミョーなモノになりつつある。)
(常子と花山の雑誌作りスタッフに、また1枚カードが増えた、な。       以上『とと姉ちゃん』関係)

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM