『梅干日記』 土用干し終了

  • 2015.08.03 Monday
  • 10:21

 コノ週末は日本列島が灼熱地獄のようになっておったようですね。
 というコトとは無関係に、男女とも北朝鮮に負け。日本サッカーは暗黒時代に突入したのかもしれんゾ。


 というコトとは無関係に、8月1日土曜日の午後、最終土用干しを終えた今年の梅干たちは次々と瓶に取り込まれたのでありました。


ああ〜とってもええ感じ。
ホントに段階的に徐々に大人びた表情になっていくからオモシロイ。大したモンや。


薄っすらと塩を噴き、乾いたようなジューシーなような何ともいえないコノ独特の質感が堪らんのですわ。ええ。


そして、梅干の横で、同じく天日に晒し温めてあったタップリの梅酢の中に、ジュジュジュッと投入されたのでありました。
完成品はまた改めてご紹介いたしますが、今年特筆すべきコトは、やはり瓶から溢れ出すほど梅酢が上がったコト。
どんな味かなぁ〜・・・・楽しみでやんす。

Thumbnail

●和モノ 【絵本『CONTON』】 http://www.youtube.com/watch?v=RA1t2ssZk_o
びごーじょうじ×KatsukiHarusuke
洋モノ  【CONTON English version】 Picture Book『CONTON』Joji Bigo×Harusuke Katsuki
Story and Pictures:Joji Bigo/Music:Harusuke katsuki/Translated:Yukiko Nakata

(塩田ジジイの寡黙には引退=廃業のモヤモヤが隠されていた、と。で、ソノ場所で希にケーキ屋を、という提案。)
(能登に世代交代の波。そんな中、アノ中年〜壮年男子の集まりは何をゴニョゴニョしておるのか・・・・)
(で、ソノ中核に夢破れ放心の日々を送る大泉洋が仲間入りし、アノ集団は超ネガティブチームとなってくすんでおる。)
(ポジティブモードのケータ&希と対比を成す構図。しかし、考えようによっては恵まれた幸せなハナシ。)
(二人は途絶えそうな伝統斜陽産業、限界集落に舞い降りた救世主たち。一縷の望み。      「以上『まれ』関係」)
 
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM