『梅干日記』─& 『永遠の0』に感動したオヤジ虫

  • 2015.08.01 Saturday
  • 11:57

 今朝の梅干でございます。


土用干し最終日。
昼から取り込むそうでございます。


ええ汗かいとる。


 以前、読もうか観に行こうか、ズ〜と迷ってるうちに、読まず観ずのままになっておりました『永遠の0』。
 ソノうち興味の峠も過ぎ去り、完全に忘れておりましたら、昨日テレビでやるコトを知り、けど、そんなにガッツリ気合入れていたワケではないのですが、ナンとはなしに観たら、そんなに時間をかけずアッという間にダダダッと魅入ってしまいました。
 『タイタニック』みたいな作りになっていて、今と過去を行ったり来たりしながら、いろんな人の証言と当時を絡める手法にウマイことやられてしまいました、ワシは。
 厭きさせない。

 ストーリーの面白さは、ま、置いといて、実写とCGの境い目が分かりにくくウマイこと出来とんなぁと感心。ソノことが臨場感の説得力を増大させ、キンチョー感を維持し、引き込んで放さないのであります。
 ソレとナンといっても、コノ映画の成功は、岡田准一。
 岡田准一の顔。
 やっぱ役者は顔やね、と、再認識。
 前やっとったテレビの『SP』を思い出して、岡田准一はカラダも顔もキレキレやと感心感心。
 キンチョー感に満ち満ちていて、観ているのがシンドクなるような映像にピッタリな顔で、平和ニッポンに増加中の猝瓩里△覺蕁↓猝瓩里△詭鮗圓箸楼貔を隔した、「ワタクシ、真っ向勝負に堪えてみせます」という鎧を身にまとい、「スッキリ本格派ですが、何か?」という挑発的なアブナイ役者なんやなぁ、と感心ばっかりしておった昨夜のワシでありました。

 つい感動した。
 ええハナシやった。
 ええ映画やった。

 ナンでジャニーズなん? ナンでV6なん? ナンでイノッチとかと一緒に踊っとるんや?
 (V6の中で岡田だけがB型らしいゾ、血液型。へへへ。)


 てなコト言うとったら、今日から8月らしいわ。
 今日も蒸し暑いなぁ。全身ジトジト。『八月の濡れたワシ』。

Thumbnail

●和モノ 【絵本『CONTON』】 http://www.youtube.com/watch?v=RA1t2ssZk_o
びごーじょうじ×KatsukiHarusuke
洋モノ  【CONTON English version】 Picture Book『CONTON』Joji Bigo×Harusuke Katsuki
Story and Pictures:Joji Bigo/Music:Harusuke katsuki/Translated:Yukiko Nakata

(ほっしゃん、黒目デカッ。チワワみたいや。)
(市役所部長がアソコまで悪者になる覚悟があったとは・・・何か計算があるのではとウガッタ見方をしておりましたが)
(ん〜・・・アノ姑も・・・。で、来週は塩田を誰が継ぐとか、釜小屋でクレープ的なモノ作るとか・・・バタバタや。)
(で、存在が消えつつある大泉洋はドーなるのでしょ。        「以上『まれ』関係」)
 
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM