37℃が30℃になったからといって油断してはいけない & 『梅干日記』

  • 2015.07.31 Friday
  • 11:58

 ナンかチョッと暑さが緩むと、余計に暑さを感じる、というか暑過ぎると、暑いとかナンとかソーいうのを跳び越えて、暑さという限られた苦痛に対する感情に留まらず、もぉ森羅万象何もかもに対して絶望的に腹立たしく、かといって怒りといった明確なエモーションに昇華するするほどの体力はなく、未消化のままのモヤモヤとした不快だけが堂々巡りするのだが、30℃前後くらいの昔から慣れ親しんだジョーシキ的な暑さになると、暑さを正面から感じる余裕が出てきて、暑いのである。

 ま、37℃とかアホみたいな暑さに一度さらされた肉体には、相対的に涼しく感じるといった側面もあるが、ダマされてはいけない。
 ソコで気が緩んでケアを怠ると、累積ダメージと相まって、熱中症に陥りやすくなっている肉体はイトも簡単に熱中症の魔の手に絡め獲られてしまうコトになるのである。
 ゆめゆめ油断めされるな。
 ジジもババも。オッサンもオバチャンも。アンチャンもネエチャンも。良い子も悪い子も。全部。


 さて、ココ数日の不安定なお天気の間、瓶の中の梅酢に身を浸しておりました梅たちが、今朝また白日の下にさらされるコトになりました。


ドー?
チョッと大人びた感じで、ええんちゃうの?
毎年思うけど、アノ真っ暗の瓶の中から、いきなり炎天下にパーッと出されると、滅茶苦茶まぶしいやろぅね。
しばらく何も見えんと思うゾ。クラックラするわ。きっと。


鰻重を見れば、鰻になって重の中の熱々ご飯布団の上に横たわりたいと思い
土用干しのコノ光景を目にすれば、梅になってザル型ビーチチェアに皆と一緒に並んで日光浴したいと思う
・・・・こんなワシって、ホントに素敵なヤツやと思う。

 で、コノままカラカラになって塩を噴きつつ汗をかき、ひと晩露に当たってシットリし、またひとつ大人の階段を上って立派な倏澳2015瓩箸靴董▲錺靴琉濛泙貿爾泙襪里任△蠅泙后
 あ、まだ明日の取り入れの様子と、完成品の試食会の報告が残ってますねぇ。ええ。

Thumbnail

●和モノ 【絵本『CONTON』】 http://www.youtube.com/watch?v=RA1t2ssZk_o
びごーじょうじ×KatsukiHarusuke
洋モノ  【CONTON English version】 Picture Book『CONTON』Joji Bigo×Harusuke Katsuki
Story and Pictures:Joji Bigo/Music:Harusuke katsuki/Translated:Yukiko Nakata

(親方には何か腹案がありそうな・・・・和服美人に手を揉ませながら、眼光鋭く口角がやや上がっとった。)
(市役所清掃業者キミさんの情報て、ドーなの。ホントなら一発逆転大団円的秘策やんかいさ。)
(親方は、そのアタリ、見切っとるか・・・・希の短絡的正攻法正面突破アクションは良いのか良くないのか・・・)
(分かりましぇん。        「以上『まれ』関係」)
 
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM