『梅干日記』Α‖圓舛紡圓辰薪斃儡海軍始

  • 2015.07.27 Monday
  • 12:58

 生の間延び感は懐かしいような気もするけどチョッとキツイなぁ、にしてもチビッ子のダンスのレベルはスゴ過ぎる、昔流行ったチビッ子のど自慢よりチビッ子の身体的優位性が客観的に出てオモシロイ、疲れた岡村の顔の老け具合が著しいなど、断片的に見たフジの27時間が朝を迎え、ワシは前の晩の宴会のアルコールがまだ残る午前から30℃を超えた梅雨明けの昨日日曜の朝、今年の土用干しが粛々とスタートいたしました。

        
【昨日日曜の朝 干し始め】           ⇨   【ひと晩経った今朝】
紫蘇投入後に梅酢が瓶から溢れ出すほど湧き上がるという史上初の事件は、黴ゼロという快挙に結びつき・・・

(はい、チョッと寄って・・・)
       
【昨日日曜の朝 干し始め】        ⇨     【ひと晩経った今朝】
梅雨明け後に崩れた天気の数日を待ち・・・

(もうチョッと寄って・・・)

【昨日日曜の朝 干し始め】
例年以上にキョーレツな陽射しにさらされ・・・
      ⇩

【ひと晩経った今朝】             
しわしわシュン

(はいはい、さらに寄って・・・)
  
【昨日日曜の朝 干し始め】
      ⇩
 
【ひと晩経った今朝】
わああっ
コレはもぉソートーに期待できそうな気配を漂わせているのであります。
実は昨年の梅干はなかなかの出来で、大変美味しゅうございましたが
今年はソレをさらに上回るモノになるのでは、と、土用干し初日に既にワクワクとヨダレが止まらないのであります。

 天気予報も、晴天のピーカン晴れが続くと断じており、早くもっと塩噴く様子を見たいモノであります。
 ・・・・・・と、安心しておりましたら、最新の天気予報では、前言撤回、少々モンダイがありそうでんなぁ・・・・今日の夕方アタリから雨がパラつき、明日は1日曇りで夕方から晴れ、明後日からまた晴れが続くと・・・・ありゃりゃ・・・・ドーなるのでせう。
 つまり今晩をドー凌ぐのか、明日の曇りをドー捉えるか、ドコで撤収するのかしないのか、コノ見極めがなかなかムズカシそうでありますなぁ。
 運動会や遠足の前のココロモチとほぼ同レベルのザワメキであります。
 ま、ワシは傍観者でありますが・・・。

Thumbnail

●和モノ 【絵本『CONTON』】 http://www.youtube.com/watch?v=RA1t2ssZk_o
びごーじょうじ×KatsukiHarusuke
洋モノ  【CONTON English version】 Picture Book『CONTON』Joji Bigo×Harusuke Katsuki
Story and Pictures:Joji Bigo/Music:Harusuke katsuki/Translated:Yukiko Nakata

(もぉとにかく「不合格」を連発するしか手がない巨匠。)
(イチコは能登から魚の干物を裸でブラ下げて横浜に来たんやろか。不自然。不思議。)
(素直に自分のココロを伝えるコトができない、素直に言えばいいのに、と、りょうは巨匠を解説するが)
(りょうも本質的には同種の人間なのではないか・・・・そんな気がする。)
(よく喋るけど自分の本心をウマク人に伝えるコトができずモドカシイ思いをしている人、寡黙で同じくモドカシイ人)
(ドチラにもモドカシイ思いをしている人はいる。本日はそんだけ。    「以上『まれ』関係」)
 
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM