朝顔日記 2012魁‘馬富士が優勝!というコトとは無関係に今回もまた妾の子が先

  • 2012.07.23 Monday
  • 11:28
       
 日馬富士には、相性のいい名古屋場所らしいけど、今回の気合いの入り方はハンパではなかった・・・・・何で?
 横綱を意識し始めたというコトか?
 目茶苦茶、無茶苦茶、ハリまくっていたし、喉輪もほとんど首絞めという感じだったし、尋常ではなかった。
 白鵬もヘンやった。
 稀勢の里との立ち合いでは変化してスカして、コレまでの横綱白鵬とは思えん、勝ち方をしていた。
 ソレほどチカラが落ちたコトを認めたとも言えるし、モノスゴク勝ちに拘っているという感じもした。
 とにかく、両モンゴル人力士の勝ちへの拘り、というか執念が、ビシバシ伝わる場所でした。
 ソレに比べて、日本人力士のタンパクなコト。
 もっとタンパク質を摂取せんとイカン。
 ただ、日馬富士というのはムラがあるというか、調子の良し悪しの乱高下があり過ぎるからねぇ〜、今後どーなんでしょ?
 

 というワケで、昨日はアッチやらコッチやら全く一貫性なく気の向くまま、ガソリンを撒き散らしていた午後でした。(つまり、いつも通りというコトか・・・・・)
 夜は久々に涼しくて、「ん?秋か?」という感じでありました。
 グッスリ爆睡しました。


 でもって今朝、爆睡から目が覚めたら、遅れていたほうの朝顔がついに開花しました。(ま、本人(本朝顔)にすれば、遅れたワケではなくて、そういうペースというか、そういう生き方をしているだけで、放っといてくれと言いたいトコロでしょうが、口がないので残念です。)
 コチラも妾の子が先でした。



先日来咲いていたのは、全て丸型双葉の多色種でありました。
「アーリーコールミックス」という、早咲き朝顔。
で、ソノ中にも青色のはありましたが、ついに今朝第1号を咲かせたトンボ型双葉のほうは、青一色だけのようです。
あ、「ヘブンリーブルー」という西洋系朝顔。

本妻の子も、今朝新しい花をつけましたが、コッチはまだ従来の「アーリーコールミックス」だけで、「ヘブンリーブルー」は気配もありません。



同じ青でも、こんなに違います。
ドッチの青が好きかは、好き好きでしょうけど、好き好きだと思います。


 で、森善朗は引退するみたいやね。
 ん〜・・・・・そーかそーか。
 次は何部屋の親方に就任するのでしょうか・・・・・。
    
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM