梅干日記 その◆,修靴徳畭漬け込みが始まったのである。

  • 2012.07.01 Sunday
  • 21:27
    
 昨夜は、街中のホテルのビヤガーデンでチョットした懇親会をしたのです。
 しかし、天気が不安定なため、もし雨なら、ホテルの中の居酒屋へ移設してやるという飲み放題プランだったのでございます。
 雨のチョー小粒がパラッとチラッときた、という感じではありましたが、チョー蒸し暑く「こんな爛咼筌ーデン日和疇┐靴討覆襪發里」と始めたら、ややホンキで降ってきたので、各々メイメイ自分のジョッキーやら皿を手に、途中から屋内に疎開し続行するコトになり、ま、一粒で二度美味しい宴会でありました。

 ソコで、初体験したのが、魔法瓶のジョッキー。
 いつまで経っても、温くならない。
 アレはスゴイな。
 ビヤガーデンは久しぶりだったので、セルフ自動サーバーの進化やら・・・・とにかくビックリした。 
 ま、そんなこんなは、また今度。


 で、梅干日記。



コレが今年のお取り寄せ南高梅の証拠物件。
で、今朝、ココまで黄色進みました。



が、より黄色いモノと、やや黄色いモノの二班に分けまして



で、より黄色いほうだけ本日漬けまして、残りは明日まで進行するのを待って漬ける、と。
つまり、二つのカメに分散漬けして、今後、土用干後、また一つに合体して、一つの梅干になる、という段取りです。

カメ。



商売モンのコレで



消毒。
梅は水洗い。



あ、ヘタは昨日のうちに全て取り除いてあります。
水洗い後



一個一個拭く、と。
で、次に、塩。今年の塩は・・・・



「能登しお」。
「伯方の塩」「赤穂の天塩」など、ソノ時ソノ時、安売りしているとか、たまたまソコにあったとか、気分とか、ま、テキトーだそうです。
要は、ミネラル、ニガリなどなど天然旨味成分が入っておる塩なら何でも、どーでもええという、エエカゲンなモンです。

ソレをパッパと。



塩⇒梅⇒塩⇒梅・・・・・・と



順番にテキトーに積み重ねて



最後は皿でフタして



完成。
あとは梅酢が上がるまで待つ、と。
ま、全体的にテキトーな段取りで、我が家の梅干は作られていく、と。
テキトーな梅干というコトやね。はい。
      
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM