ナンなんやコノ蒸し暑さ

  • 2015.07.13 Monday
  • 10:11

 いや〜蒸し暑くて蒸し暑くて、蒸し暑くて蒸し暑くて、コレはモンダイですなぁ。コノ蒸し暑さはモンダイです。
 いや、別に、デブやからというだけではなく、そんなコト超越していて、ジィ〜としていてもダメなのに、チョロチョロと動こうもんなら、瞬時にジャブジャブのドロドロになってしまう蒸し暑さで、ひとまず、気配を殺してジィ〜としているしかない。

 土曜日のご報告でチョッと申し訳ございませんが・・・・
まず朝顔は、こんな感じです。

緑色が濃くなって


葉やらツルは凛凛で
元気そうというか調子良さそうなのがビンビン伝わってきますねぇ。
葉っぱ同士(ひと株同士)の距離がゼツミョーで、ナンかヒソヒソゴシャゴシャとお喋りしているようなソーでもないような・・・雰囲気が伝わってくるようなソーでもないような。

 それと・・・・・蛾でした。チッチャイの。









飼育箱は、ドリンク10本入れケースです。
金曜の夜か土曜の早い時間帯に羽化していたようです(右隅)。

こんなん出ました〜。

コノ紋様は何じゃろ。
コレで大きさは10〜15mmほどです。
蛍光灯の周りなんかにヘラヘラ〜と飛んでくる、あのウザイ、アレか?

 とにかくホントに、蒸し暑いわ。
 ま、生きモノらにとっては、ま、悪くない、というか良好みたいです。
 ソーソー大相撲始まったんやね。
 名古屋も蒸し暑そうやねぇ。全国(モンゴル等他国も含む)からデブがアレだけ集まっているワケで、気象的な要素以外に多少の影響があるものと思われます。

Thumbnail

●和モノ 【絵本『CONTON』】 http://www.youtube.com/watch?v=RA1t2ssZk_o
びごーじょうじ×KatsukiHarusuke
洋モノ  【CONTON English version】 Picture Book『CONTON』Joji Bigo×Harusuke Katsuki
Story and Pictures:Joji Bigo/Music:Harusuke katsuki/Translated:Yukiko Nakata

(スイーツブログへの書き込みモンダイ、そして「イチコ劇場」モンダイと、大泉洋夫婦同居モンダイ)
(コレらが渾然一体となって展開しそうな1週間、でしょぅか。)
(以前にもあったけど、フジなんかで・・・書き込みをドラマに多様するのはドーかなぁ。)
(設定とかモンダイ発生のキッカケが何でもありになり・・・・・好っきゃないな。)
(プロがバックに付いているのではというコトだが、アノ挑発を仕掛けている2人・・・・アノ口元のアップから・・・)
(1人はイチコでしょ。で、もう1人は・・・・兄か?巨匠の長男か?でも、ソコまで陰険かなぁ・・・・誰?)
(とにかく、アノ店への攻撃というより、アレは明らかに希に対する攻撃、希潰しに間違いない。)
(とにかくとにかく、犯人は身内系ですよ。きっと。ええ。       「以上『まれ』関係」)
 

なでしことチャムシ

  • 2015.07.06 Monday
  • 13:52

 アメリカの戦略の大勝利でした。
 おそらく、なでしこのパターンに持ち込まれる前に完膚なきまでに叩いてしまえという。
 元々明らかなチカラの差を、なでしこは爐覆任靴灰潺薀ルパワー瓩琶笋辰謄謄鵐櫃鯤圓濬个掘▲Ε泪勝ちに結びつける手段しかなく、ただ、アメリカはコノなでしこの戦術を嫌がり怖がっていたコトは間違いないと思う。
 とにかく、ソノ流れになる前に、ソノ気になる前に潰してしまえという戦略を明解に持って、ソノ通りに出来たアメリカに対し、なでしこに勝てる術(すべ)はなかったというコトでしょう。
 たぶん、ノリさんはソノことは分かっていて、指示も出してあったのでしょうが、対処し切れなかったDF、ソノ要の岩清水をスパッと切った・・・・ソーいう懲罰交代だったような気がする。予定よりだいぶ早めの澤投入だったのではないか。

 ところで、今大会全体的にPKが多くなかったか? ドーなんでしょ。
 で、かつ、PKの判定基準が曖昧だったような気がするけど・・・・。


 さて、アオムシのソノ後ですけどね・・・・


紫蘇の葉っぱが枯れて、ドドメ色になったのは致し方ないとして、繭の中のチャムシになったアオムシ・・・・コレ、生きとるのでしょうか。
幾日ほどで成虫に孵るモノなのでしょうか。
見たいような見たくないような・・・・。

Thumbnail

●和モノ 【絵本『CONTON』】 http://www.youtube.com/watch?v=RA1t2ssZk_o
びごーじょうじ×KatsukiHarusuke
洋モノ  【CONTON English version】 Picture Book『CONTON』Joji Bigo×Harusuke Katsuki
Story and Pictures:Joji Bigo/Music:Harusuke katsuki/Translated:Yukiko Nakata

(女子W杯観戦の脱力感、冒頭のハッピー・ウェディングモードで、イチコの転落のコト、コロッと忘れとった。)
(ケイタの父親もソートー屈折しとるなぁ。ほんで県内中の結婚式場を調べとる、と。いつの間にか、部長になっとった。)
(クビ直前のヘタクソ見習い、酔うとモノマネの才能がカオを出すという設定・・・・ヤヤコシや。)
(船越は離婚されそう直前の男やったんや。希のケーキ人気が巨匠のソレを上回った?・・・またヤヤコシや。)
(で、イチコのコトには全然触れないまま、本日のNHK朝の連ドラは終わったのでした。ん〜。   「以上『まれ』関係」)
 

アアアアアオムシがッ!!

  • 2015.07.04 Saturday
  • 12:30

 で、紫蘇のアオムシですけど・・・・


コレが3日前。


こんなにウンコしてました。

そして2日前。
ナンと!!・・・・・

♪モスラ〜やモスラ〜・・・・だったみたいです。

そして昨日

繭でんな。コレは完全に繭でんな。

そして今日

あら〜
完全に引き籠ってしまいました。
シュッとサナギになるとばかり思っていたのですが・・・・蛾でしょうか。
アオムシの青が消えてしまったようにも見えるのですが・・・。

 男はコノ糸を紡いで絹糸にし、織って反物にして、都の市に並べようと村はずれの道を歩いていると、二人のお供を従えた牛車が通りかかり、すれ違いざまに簾の中から、ヤンゴトナキ香と一緒に「もし」という鈴虫のような声が聞こえてまいりました。公家のお姫様でしょうか。ソノ方が仰るには、見事な絹織であるから私が買い上げよう、と。然るに、屋敷まで付いてまいれ、と。
 のちに「青虫長者」と呼ばれる男の、立身出世物語、ソノ始まりの一節でございます。
 世にいう「梅干は絹」「(梅雨は)傘忘れても紫蘇忘れるな」「紫蘇の葉は慎重に毟(むし)れ」(地方によっては「青虫は漬けるな」ともいう)「可愛い青虫には紫蘇を食べさせよ」「紫蘇の中の青虫は吉兆」「わらしべより青虫」など、誰もが知る諺の由来と云われるエピソードでございます。


 チカラからいえば圧倒的にアメリカでしょうが、4年前もソレでもなでしこは勝ったし、要は2度目の奇跡が起きるか、起こせるか、というコトではないでしょうか。はい。

Thumbnail

●和モノ 【絵本『CONTON』】 http://www.youtube.com/watch?v=RA1t2ssZk_o
びごーじょうじ×KatsukiHarusuke
洋モノ  【CONTON English version】 Picture Book『CONTON』Joji Bigo×Harusuke Katsuki
Story and Pictures:Joji Bigo/Music:Harusuke katsuki/Translated:Yukiko Nakata

(めんどくせーヤツら、やろうねぇ。巨匠にすれば。けど、能登行き応援するとこなんざ、ええトコあるやん。巨匠。)
(巨匠も希に多少感化されたか。ソレはソーと見合いの席で「ヘンタイのフリした」て言わんだか?)
(要(かなめ)のトコでは、塩田夫婦が必ず登場するなぁ。で、遠距離結婚というコトになりましたな。メデタシメデタシ。)
(希とケイタが充実の節目を迎えている頃、イチコは水商売かフーゾクか?・・・・落ちていた、と。)
(で、来週は久々の草笛光子登場。ソレは分かるけど、ナンで船越が・・・・ココでもクサイ芝居をするのでしょうか。)
(またまたNHK朝の連ドラらしからぬ、ドロドロの転落とキャスティング。        「以上『まれ』関係」)
 

なでしことアオムシ

  • 2015.07.02 Thursday
  • 10:12

 ま、勝てばええんや。勝てば。
 けど、イングランド悔しいやろうねぇ。
 流れでは、なでしこ負けとったやろ。後半特に。疲れか、萎縮しとったように思うけど・・・・コレが勝負強さというモン、か。
 前半の宮間のPKシーン、長い間合いの間、宮間の目の駆け引きがあったようにお見受けしましたが、宮間の目がチッチャすぎて、キーパーには見えておらず、あまり有効ではなかったのかもしれませんなぁ。
 ま、難なく決まりましたけど。
 前回もソーやったけど、大儀見の情緒不安定(?)が気になる。ノリさんもタイヘンやで。
 ところで今日の主審、綺麗な女(ひと)やったねぇ〜。


 さて、やっと梅酢も上がり、紫蘇の準備も出来まして、『梅干日記』を更新しなければならんのですが・・・・


ほらほら、コレが紫蘇です。そんなコトぐらい分かるわい。
で、コノ紫蘇の束をドッサと床に置き、家内が準備をしておったそーな。
そしたら・・・そしたら・・・

 ソノ前に、唐突ですが夏も近いですねぇ。ちゅうか梅雨真っ盛り(というほど雨はありませんが)。


3週間ほど前に蒔いた(らしい)朝顔の種も、こんなコトになっておりますし


朽ちた伐り株には、いつの間にか、こんなステキな小びとたちのテーブルが・・・・て、おいおい、オッサン、メルヘンチックやおまへんか。ドーしたんぞなもし。

 ・・・・で、風物詩はええとして、紫蘇の葉っぱを千切ろうと、束をタバタバとしておりましたら・・・・


こんなモンが出てきたそーな。


タイソー(100均ちゃうで・・・あ、アレはダイソーか)立派やったげな。
紫蘇の束の中で紫蘇を思う存分食べておったのでしょう。
というワケで我々は緊急理事会を招集し、このアオムシを飼うコトを決議、急遽『アオムシ日記』をスタートする運びとなりましたコトをご報告致します。

 『梅干日記2015』と同時並行であったげな。
 ところで、今年もやっぱ出るんやろか和田アキ子・・・・・。

Thumbnail

●和モノ 【絵本『CONTON』】 http://www.youtube.com/watch?v=RA1t2ssZk_o
びごーじょうじ×KatsukiHarusuke
洋モノ  【CONTON English version】 Picture Book『CONTON』Joji Bigo×Harusuke Katsuki
Story and Pictures:Joji Bigo/Music:Harusuke katsuki/Translated:Yukiko Nakata

(やっぱ無言ロック野郎は好きなんちゃうやろか、希のコト。坊主アタマの巨男は相変わらず独り沈んどるなぁ。)
(やっぱ希は印籠渡せんかったなぁ、クビ通告の・・・。)
(組合長、あのジジイは一筋縄ではいかんクセモンやなぁ。塩田ババアと同類項や。)
(不器用とかいうレベルじゃないゾ。あのメッセージプレートの習作。無理なモンは無理ちゃうけ・・・。)
(「仕事と俺(結婚)ドッチが大事なんや」・・・これイチバン言うてはならんセリフだそうです。ほぉ。)
(なでしことカブッたため、7:30からBSで先に見て・・・・朝から大忙しでしたぁ〜。はい。    「以上『まれ』関係」)
 

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM