『梅干日記』 最終報告

  • 2015.09.10 Thursday
  • 11:33

 台風にナンヤラとカンヤラが合わさって、大変な大雨になってしまいました、関東方面。

 コロッと忘れておりました『梅干日記』の完結編、即ち、出来上がりのご披露です。


優し気なカワイイ顔してまっしゃろ?
ええ味してました。
昨年今年と優秀作が続いておりますが、今年はまた一段とええ感じです。
史上初、カビなしやったもんね。

 梅干というのは、新しいモノは味が尖っていて、酸味やら塩味やら香味やらがソレゾレ、ドーやドーやと主張していて、食べる側のコチラはキチッと対峙して、正面からガッツリ受け止めなければ、負けますよ。ホントに。
 古漬けの丸くまとまった梅干の方が、様々な食の局面に馴染みやすく、大人というか社会人的にはつき合いやすいのですが、食べる者みな傷つける(「ギザギザハートの子守歌」)みたいな、校舎の窓壊してまわる(「卒業」)みたいな、ササクレ立ってトゲトゲしている狒鵑狼瓩澆燭い頁澳海發いぅ皀鵑笋茵
 ・・・・・どんな梅干や。
 ま、コレから瓶の中で少しずつ丸くなっていきまっし。
 あわてんでも、ええよ。

 以上で本年の『梅干日記』を終了します。

Thumbnail

●和モノ 【絵本『CONTON』】 http://www.youtube.com/watch?v=RA1t2ssZk_o
びごーじょうじ×KatsukiHarusuke
洋モノ  【CONTON English version】 Picture Book『CONTON』Joji Bigo×Harusuke Katsuki
Story and Pictures:Joji Bigo/Music:Harusuke katsuki/Translated:Yukiko Nakata

(二兎追う者は一兎も得ず。二者択一。追い込まれたなぁ、希。)
(しか〜し、希な人生を歩もうと思うのなら、希な結果を求めるのなら、二者択二でしょ。希の場合。)
(「選ばれし者の恍惚と不安、二つ我にあり」※(by前田日明)を楽しめるかドーかやね。悩め悩め。)
(というワケで、本日は冷たく突き放すワシであった。     「以上『まれ』関係」)

 ※コノ名言は太宰治の短編集『晩年』に収録の「葉」から前田が引用したというのはユーメーなハナシ。
   ちなみに、コレはフランスの詩人ポール・マリー・ヴェルレーヌの『叡智』のコトバを太宰が引用したモノだそうです。
   ちなみにちなみにヴェルレーヌは、詩人ランボーのお友達だそうです。はい。
 

『梅干日記』 土用干し終了

  • 2015.08.03 Monday
  • 10:21

 コノ週末は日本列島が灼熱地獄のようになっておったようですね。
 というコトとは無関係に、男女とも北朝鮮に負け。日本サッカーは暗黒時代に突入したのかもしれんゾ。


 というコトとは無関係に、8月1日土曜日の午後、最終土用干しを終えた今年の梅干たちは次々と瓶に取り込まれたのでありました。


ああ〜とってもええ感じ。
ホントに段階的に徐々に大人びた表情になっていくからオモシロイ。大したモンや。


薄っすらと塩を噴き、乾いたようなジューシーなような何ともいえないコノ独特の質感が堪らんのですわ。ええ。


そして、梅干の横で、同じく天日に晒し温めてあったタップリの梅酢の中に、ジュジュジュッと投入されたのでありました。
完成品はまた改めてご紹介いたしますが、今年特筆すべきコトは、やはり瓶から溢れ出すほど梅酢が上がったコト。
どんな味かなぁ〜・・・・楽しみでやんす。

Thumbnail

●和モノ 【絵本『CONTON』】 http://www.youtube.com/watch?v=RA1t2ssZk_o
びごーじょうじ×KatsukiHarusuke
洋モノ  【CONTON English version】 Picture Book『CONTON』Joji Bigo×Harusuke Katsuki
Story and Pictures:Joji Bigo/Music:Harusuke katsuki/Translated:Yukiko Nakata

(塩田ジジイの寡黙には引退=廃業のモヤモヤが隠されていた、と。で、ソノ場所で希にケーキ屋を、という提案。)
(能登に世代交代の波。そんな中、アノ中年〜壮年男子の集まりは何をゴニョゴニョしておるのか・・・・)
(で、ソノ中核に夢破れ放心の日々を送る大泉洋が仲間入りし、アノ集団は超ネガティブチームとなってくすんでおる。)
(ポジティブモードのケータ&希と対比を成す構図。しかし、考えようによっては恵まれた幸せなハナシ。)
(二人は途絶えそうな伝統斜陽産業、限界集落に舞い降りた救世主たち。一縷の望み。      「以上『まれ』関係」)
 

『梅干日記』─& 『永遠の0』に感動したオヤジ虫

  • 2015.08.01 Saturday
  • 11:57

 今朝の梅干でございます。


土用干し最終日。
昼から取り込むそうでございます。


ええ汗かいとる。


 以前、読もうか観に行こうか、ズ〜と迷ってるうちに、読まず観ずのままになっておりました『永遠の0』。
 ソノうち興味の峠も過ぎ去り、完全に忘れておりましたら、昨日テレビでやるコトを知り、けど、そんなにガッツリ気合入れていたワケではないのですが、ナンとはなしに観たら、そんなに時間をかけずアッという間にダダダッと魅入ってしまいました。
 『タイタニック』みたいな作りになっていて、今と過去を行ったり来たりしながら、いろんな人の証言と当時を絡める手法にウマイことやられてしまいました、ワシは。
 厭きさせない。

 ストーリーの面白さは、ま、置いといて、実写とCGの境い目が分かりにくくウマイこと出来とんなぁと感心。ソノことが臨場感の説得力を増大させ、キンチョー感を維持し、引き込んで放さないのであります。
 ソレとナンといっても、コノ映画の成功は、岡田准一。
 岡田准一の顔。
 やっぱ役者は顔やね、と、再認識。
 前やっとったテレビの『SP』を思い出して、岡田准一はカラダも顔もキレキレやと感心感心。
 キンチョー感に満ち満ちていて、観ているのがシンドクなるような映像にピッタリな顔で、平和ニッポンに増加中の猝瓩里△覺蕁↓猝瓩里△詭鮗圓箸楼貔を隔した、「ワタクシ、真っ向勝負に堪えてみせます」という鎧を身にまとい、「スッキリ本格派ですが、何か?」という挑発的なアブナイ役者なんやなぁ、と感心ばっかりしておった昨夜のワシでありました。

 つい感動した。
 ええハナシやった。
 ええ映画やった。

 ナンでジャニーズなん? ナンでV6なん? ナンでイノッチとかと一緒に踊っとるんや?
 (V6の中で岡田だけがB型らしいゾ、血液型。へへへ。)


 てなコト言うとったら、今日から8月らしいわ。
 今日も蒸し暑いなぁ。全身ジトジト。『八月の濡れたワシ』。

Thumbnail

●和モノ 【絵本『CONTON』】 http://www.youtube.com/watch?v=RA1t2ssZk_o
びごーじょうじ×KatsukiHarusuke
洋モノ  【CONTON English version】 Picture Book『CONTON』Joji Bigo×Harusuke Katsuki
Story and Pictures:Joji Bigo/Music:Harusuke katsuki/Translated:Yukiko Nakata

(ほっしゃん、黒目デカッ。チワワみたいや。)
(市役所部長がアソコまで悪者になる覚悟があったとは・・・何か計算があるのではとウガッタ見方をしておりましたが)
(ん〜・・・アノ姑も・・・。で、来週は塩田を誰が継ぐとか、釜小屋でクレープ的なモノ作るとか・・・バタバタや。)
(で、存在が消えつつある大泉洋はドーなるのでしょ。        「以上『まれ』関係」)
 

37℃が30℃になったからといって油断してはいけない & 『梅干日記』

  • 2015.07.31 Friday
  • 11:58

 ナンかチョッと暑さが緩むと、余計に暑さを感じる、というか暑過ぎると、暑いとかナンとかソーいうのを跳び越えて、暑さという限られた苦痛に対する感情に留まらず、もぉ森羅万象何もかもに対して絶望的に腹立たしく、かといって怒りといった明確なエモーションに昇華するするほどの体力はなく、未消化のままのモヤモヤとした不快だけが堂々巡りするのだが、30℃前後くらいの昔から慣れ親しんだジョーシキ的な暑さになると、暑さを正面から感じる余裕が出てきて、暑いのである。

 ま、37℃とかアホみたいな暑さに一度さらされた肉体には、相対的に涼しく感じるといった側面もあるが、ダマされてはいけない。
 ソコで気が緩んでケアを怠ると、累積ダメージと相まって、熱中症に陥りやすくなっている肉体はイトも簡単に熱中症の魔の手に絡め獲られてしまうコトになるのである。
 ゆめゆめ油断めされるな。
 ジジもババも。オッサンもオバチャンも。アンチャンもネエチャンも。良い子も悪い子も。全部。


 さて、ココ数日の不安定なお天気の間、瓶の中の梅酢に身を浸しておりました梅たちが、今朝また白日の下にさらされるコトになりました。


ドー?
チョッと大人びた感じで、ええんちゃうの?
毎年思うけど、アノ真っ暗の瓶の中から、いきなり炎天下にパーッと出されると、滅茶苦茶まぶしいやろぅね。
しばらく何も見えんと思うゾ。クラックラするわ。きっと。


鰻重を見れば、鰻になって重の中の熱々ご飯布団の上に横たわりたいと思い
土用干しのコノ光景を目にすれば、梅になってザル型ビーチチェアに皆と一緒に並んで日光浴したいと思う
・・・・こんなワシって、ホントに素敵なヤツやと思う。

 で、コノままカラカラになって塩を噴きつつ汗をかき、ひと晩露に当たってシットリし、またひとつ大人の階段を上って立派な倏澳2015瓩箸靴董▲錺靴琉濛泙貿爾泙襪里任△蠅泙后
 あ、まだ明日の取り入れの様子と、完成品の試食会の報告が残ってますねぇ。ええ。

Thumbnail

●和モノ 【絵本『CONTON』】 http://www.youtube.com/watch?v=RA1t2ssZk_o
びごーじょうじ×KatsukiHarusuke
洋モノ  【CONTON English version】 Picture Book『CONTON』Joji Bigo×Harusuke Katsuki
Story and Pictures:Joji Bigo/Music:Harusuke katsuki/Translated:Yukiko Nakata

(親方には何か腹案がありそうな・・・・和服美人に手を揉ませながら、眼光鋭く口角がやや上がっとった。)
(市役所清掃業者キミさんの情報て、ドーなの。ホントなら一発逆転大団円的秘策やんかいさ。)
(親方は、そのアタリ、見切っとるか・・・・希の短絡的正攻法正面突破アクションは良いのか良くないのか・・・)
(分かりましぇん。        「以上『まれ』関係」)
 

『梅干日記』Α‖圓舛紡圓辰薪斃儡海軍始

  • 2015.07.27 Monday
  • 12:58

 生の間延び感は懐かしいような気もするけどチョッとキツイなぁ、にしてもチビッ子のダンスのレベルはスゴ過ぎる、昔流行ったチビッ子のど自慢よりチビッ子の身体的優位性が客観的に出てオモシロイ、疲れた岡村の顔の老け具合が著しいなど、断片的に見たフジの27時間が朝を迎え、ワシは前の晩の宴会のアルコールがまだ残る午前から30℃を超えた梅雨明けの昨日日曜の朝、今年の土用干しが粛々とスタートいたしました。

        
【昨日日曜の朝 干し始め】           ⇨   【ひと晩経った今朝】
紫蘇投入後に梅酢が瓶から溢れ出すほど湧き上がるという史上初の事件は、黴ゼロという快挙に結びつき・・・

(はい、チョッと寄って・・・)
       
【昨日日曜の朝 干し始め】        ⇨     【ひと晩経った今朝】
梅雨明け後に崩れた天気の数日を待ち・・・

(もうチョッと寄って・・・)

【昨日日曜の朝 干し始め】
例年以上にキョーレツな陽射しにさらされ・・・
      ⇩

【ひと晩経った今朝】             
しわしわシュン

(はいはい、さらに寄って・・・)
  
【昨日日曜の朝 干し始め】
      ⇩
 
【ひと晩経った今朝】
わああっ
コレはもぉソートーに期待できそうな気配を漂わせているのであります。
実は昨年の梅干はなかなかの出来で、大変美味しゅうございましたが
今年はソレをさらに上回るモノになるのでは、と、土用干し初日に既にワクワクとヨダレが止まらないのであります。

 天気予報も、晴天のピーカン晴れが続くと断じており、早くもっと塩噴く様子を見たいモノであります。
 ・・・・・・と、安心しておりましたら、最新の天気予報では、前言撤回、少々モンダイがありそうでんなぁ・・・・今日の夕方アタリから雨がパラつき、明日は1日曇りで夕方から晴れ、明後日からまた晴れが続くと・・・・ありゃりゃ・・・・ドーなるのでせう。
 つまり今晩をドー凌ぐのか、明日の曇りをドー捉えるか、ドコで撤収するのかしないのか、コノ見極めがなかなかムズカシそうでありますなぁ。
 運動会や遠足の前のココロモチとほぼ同レベルのザワメキであります。
 ま、ワシは傍観者でありますが・・・。

Thumbnail

●和モノ 【絵本『CONTON』】 http://www.youtube.com/watch?v=RA1t2ssZk_o
びごーじょうじ×KatsukiHarusuke
洋モノ  【CONTON English version】 Picture Book『CONTON』Joji Bigo×Harusuke Katsuki
Story and Pictures:Joji Bigo/Music:Harusuke katsuki/Translated:Yukiko Nakata

(もぉとにかく「不合格」を連発するしか手がない巨匠。)
(イチコは能登から魚の干物を裸でブラ下げて横浜に来たんやろか。不自然。不思議。)
(素直に自分のココロを伝えるコトができない、素直に言えばいいのに、と、りょうは巨匠を解説するが)
(りょうも本質的には同種の人間なのではないか・・・・そんな気がする。)
(よく喋るけど自分の本心をウマク人に伝えるコトができずモドカシイ思いをしている人、寡黙で同じくモドカシイ人)
(ドチラにもモドカシイ思いをしている人はいる。本日はそんだけ。    「以上『まれ』関係」)
 

『梅干日記』ァ〇件 〜梅酢決壊〜

  • 2015.07.07 Tuesday
  • 10:36

 はぁ〜あ、女子W杯も終わったし、やるコトなくなったなぁ〜。
 ていうか、キモチに張りがなくなったわ。
 はぁ〜あ。
 錦織ももう出てないし・・・・そもそもウィンブルドンて、まだやっとるん? はぁ〜あ。つまらん。
 ・・・・て、どんだけ他力本願寺。

 ま、そんなこんなで七夕ですわ。

 さて、コノまま梅雨明けの天日干しまで、静か〜に待機する予定でありましたが、先週の7/4土曜日の朝(ご報告がやや遅くなりました。すまねぇ。)、ナンと、紫蘇の紅色に染まった梅酢が瓶の上から溢れ出し、周囲が梅酢びたしになっていた、とさ。


慌てて重石を取り除いた画像がコレ。
周囲の何やら怪しげなモノが写り込んでいて、ナンやよぉ分からん絵になっておりますが、ま、ソーいうコトです。
家内曰く、長い梅干人生でこんなコトは初めてで、♪ドーしたんだいヘイヘイベイビー バッテリーはビショビショだぜ・・・といったような歌を口ずさんでおりました。(よぉ分からんやっちゃ)

Thumbnail

●和モノ 【絵本『CONTON』】 http://www.youtube.com/watch?v=RA1t2ssZk_o
びごーじょうじ×KatsukiHarusuke
洋モノ  【CONTON English version】 Picture Book『CONTON』Joji Bigo×Harusuke Katsuki
Story and Pictures:Joji Bigo/Music:Harusuke katsuki/Translated:Yukiko Nakata

(希のケーキが売上1位続き。巨匠の腕が落ちたのか・・・体調不良によるものか味覚障害か、単なる老化か・・・・。)
(さて、キラびやかなイチコ登場。そして巨匠ギックリ腰。)
(ドーなるッ!?      「以上『まれ』関係」)
 

『梅干日記』ぁ’濘櫃隼臍秒鳥

  • 2015.07.03 Friday
  • 09:49

 ソーソー、なでしこ大盛り上がりの陰でヒッソリと(というワケでもないが)流れておりました錦織棄権のニュース。ヤッパリ。残念。
 体力のモンダイをドー克服していくか、ん〜、モンダイやろなぁ。ホントのトップになるには。


 さて、梅酢が上がって紫蘇からアオムシが出てきた『梅干日記』でありますが・・・・


コレがアオムシ出現の紫蘇束。


コレを水洗いしまして


塩で揉んで


こんなにチッチャクなりました。


ソコへカサにかかって塩して


揉んで、さらにチッチャクなって


コレでもかコレでもかとさらに揉んで・・・・コレ以上やると、もっとチッチャクなって、なくなってしまうので
コレくらいにして


おむすびのような団子にして


上がった梅酢でヒタヒタになった梅の上に放り込みます。
ちなみに、チラチラと白く見えるのはカビではなく、溶け切らなかった塩であります。


で、バババと拡げて


皿でフタして重石をして(我が家では水を入れた巨大ペットボトル)
新聞紙で覆って、またジッと待ちます。(て、毎年同じコト)

 と、本日はココまで。
 ところで、昨日ご報告のアオムシが、タッタ一昼夜でタッタッタッ大変なコトになってしまいまして・・・・明日ご報告致します。

Thumbnail

●和モノ 【絵本『CONTON』】 http://www.youtube.com/watch?v=RA1t2ssZk_o
びごーじょうじ×KatsukiHarusuke
洋モノ  【CONTON English version】 Picture Book『CONTON』Joji Bigo×Harusuke Katsuki
Story and Pictures:Joji Bigo/Music:Harusuke katsuki/Translated:Yukiko Nakata

(犹纏vs爛瀬薀ソ瓩老萠。そして、このモンダイは希と大泉洋の親子会話、そして能登へと波及し・・・)
(やがて、男女間抗争へと発展し、ケイタはお見合いを決意し(?)、希は深夜バスで能登へ・・・)
(ソノためには、アノ空前絶後のヘタクソ見習いを特訓によってナンとかモノにしなければならず・・・)
(お見合い開始まで残された時間は、あと『34時間』。刑事モノみたいになってきた。    「以上『まれ』関係」)
 

『梅干日記』´↓ 波乱含みの梅干日記の始まり

  • 2015.06.24 Wednesday
  • 10:30

 蒸し暑いなぁと思っていたら、今年も梅を漬け込む季節ではありませんか。
 一昨日、梅のヘソを取り、まだやや緑っぽい顔をした梅子や梅雄もいるので、ひと晩放置。
 で、昨日、水洗いして、塩漬けというトコロまで進んでおります。

 ところがPCの調子にチョッと不具合が生じ、画像がアップできない状態になっておりました。
 が、やっとドーにか復旧し、本日3日分を一挙公開しつつの開幕という、タイヘン不調法をしでかしております。
 というワケで、やや波乱含みの『梅干日記 2015』の始まりでございます。


一昨日

今年も紀州南高梅をお取り寄せ。
相変わらずいい顔してるぜベイビー。


昨日

ひと晩経ったら、チョッと大人になりました。

 
そこで、塩(今年も「能登しお」です。塩田ジジイが作ったモノではないと思いますが・・・)、瓶の登場です。
去年も確か「能登しお」、一昨年も・・・違ったかなぁ、近年「能登しお」が続くなぁと思い、チョッと調べてみましたら、梅干日記スタートの2007年の「赤穂の天塩」、2011年の「伯方の塩」以外全て「能登しお」を使用しているコトが判明致しました(2008年は不明)。感覚的には「赤穂の天塩」も「伯方の塩」も、もっと使ってる感じなのですがねぇ〜。コレはつまり「能登しお」が、我が家の梅干の味になってますね。もはや。

 
バッバッと・・・そして塩でフタをするようにペタペタと。


そして本日(今朝)
 
フタして重石してあったので、ひと晩でどんなモンかなぁ、ナンかチョッとは変わったかなぁ、と思い、家内の制止を振り切ってフタをペロッとまくってみましたが、基本的に何も変わってはおりませんでした。
ただ、塩が・・・山林に春が近づき、優しい陽射しに根雪がやや緩み、尾根の表層を覆う雪がザラメ状になって、ああコーして少しずつ冬は終焉していくのだなぁなどと思ったワケではないけど、そんな感じの水気を含んでガッチとしまった粗目になっておりました。(ああ、面倒臭ぇ)

 コーして梅酢が上がるのを待ちます。
 て、毎年言うとるけど、毎年同じコトをして、然程変わらない『梅干日記』でありますが、今年も数日ごとにご報告致す所存でございますので、何卒ヨロシクお願い申し上げまして、本日のご挨拶とさせて頂きます。はい。

 さて、コノ後、なでしこ×オランダ戦。
 いかがなりますでしょうか。

Thumbnail

●和モノ 【絵本『CONTON』】 http://www.youtube.com/watch?v=RA1t2ssZk_o
びごーじょうじ×KatsukiHarusuke
洋モノ  【CONTON English version】 Picture Book『CONTON』Joji Bigo×Harusuke Katsuki
Story and Pictures:Joji Bigo/Music:Harusuke katsuki/Translated:Yukiko Nakata

(塩田ババア、横浜でも大活躍。能登におる時より活き活きしとるがいねぇ。スパークしとる。)
(水晶玉に何が見えたかと思ったら・・・ソーか離婚届は出してなかったんやね。つまり期間限定離婚はしていない、と。)
(「漆はウソをつく」・・・おーおーソーいう名言もありましたなぁ。)
(で、「ダマせるからダマしたらイカン、ソレが職人のプライド」・・・「本日の名言」。)
(というタイミングでゴンタが帰国。そして、恋の行方に波乱を予感させる霧笛。ボォォォォ。  『以上『まれ』関係」』)
 

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM