「梅干日記」2008  事後報告

  • 2008.11.18 Tuesday
  • 19:21
     
 昨夜久しぶりに、芋焼酎のお湯割りを飲むべく「おーい梅干!」と叫んだら、「今年の白梅だぁーッ!」と言って出てきた梅干をお湯の中に放り込んだら、やたらキレイだったので『梅干日記2008  事後報告』として、ご報告します。



 ちなみに「久しぶりに」というのはあくまでも「芋焼酎」が久しぶりなのであって、何某かのお酒はほぼ毎晩飲んでおります。はい。

 あ〜寒くなってきました。
 そろそろ雪かなぁ〜・・・今朝の雷スゴカッタし。
               

「梅干日記」2008 ─ 透き通った高野豆腐のような化けモンを見た!

  • 2008.08.05 Tuesday
  • 20:11
   
 アレ以来ジュッと梅酢に漬かっておりました梅干のご披露です。
 (チョッと画像が悪くて・・・)
 


 倏鯒澂瓩箸い辰討盻淑紅いです。早速1個食べてみました・・・スッパイ!アタリマエ過ぎるコメントしか浮かばんな。「新しい梅干」という味やね。よ〜く漬かった梅干というのは、よ〜く漬かった梅干の味がするしねぇ・・・味に深みが出るという感じ。
 という意味では実に若い味。当然か。

 梅干の味の違いというのは、お粥の中に入れるとよく分かる。不思議なコトに梅干の味の違いはご飯と絡むとよく分かる。何故かは分からんが、ワシはソウ思う。で、ソレがお粥さんだと余計に際立つ。と、常々思っとります。        

 ハナシは変わる。
 何度もいうけど、先日の大雨からやや涼しくなった感はある。
 昨日、学校薬剤師として今年2回目のプールの水質検査に行ったワケですよ。だから昨日。(ひと夏に、一校につき2回定期検査がある)
 プールサイドが灼熱地獄であるコトは分かっており、当然ソートーな覚悟をして行ったし、ピーカン晴れの割りには風もあるし、で、まあまあソンナモンだったワケです。暑さという意味で。

 汗ダクの遊離残留塩素濃度測定、検体の採水、管理日誌のチェック等々無事終了し、最後に機械室(循環ろ過機納庫)もチェックします。
 気が弛んでいたワケです。ココロに隙があったというか。暑さに対する心身のバリアのスイッチをほぼ切っていたというか・・・。と申しますのは、コノ機械室の中というのは、でっかいモーターがフル稼動しているにもかかわらず、意外と涼しい。コンクリートの打ちっ放しやから?ポンプやらタンクの中を大量の水が循環しとるから?・・・分からん。

 で、ひと仕事終えて、プールサイドに出る扉を開けたら、ドーンときたんですわ。何かが。ドワァ〜ちゅうかねぇ。
 ワシは暑さと眩しさでグラグラときて・・・

こんなモンを見たッ!
狹匹衒畢瓩澆燭い淵皀鵑鮓たッ!
扉をベロンと開けた途端に勝手にドカドカと入ってきたのである!
イメージではない!間違いなくコノような実体なのである!
魔法のランプから出てくる大魔神みたいな・・・目とか口はなかったが。
質感としては煙というより、透き通った高野豆腐みたいなモンやと思って頂ければ良いかと存じます。毎年、プールの水質検査では白昼夢を見たりするが、こんな化けモンを見たのは初めてである。

家内に話しても、アキレて相手にしてくれない。(というか無視)
しかし、事実なのでアル。ホンマやでぇぇぇ〜!

 やはり暑さはボディブローのようにワシの肉体を、そして精神を蝕み、農園・・・じゃなかった脳炎を起こさせているのだろうか・・・。(脳炎は年中か・・・ワシの場合)

 ん〜、まだまだ暑さにココロを許してはならない。
 気つけんとヤラレルでぇ、アンタも!
 高野豆腐の化けモンのようなモノを見たら、ご一報下さい。
             

「梅干日記」2008 А

  • 2008.07.23 Wednesday
  • 18:03
      
 そして「土用干し」三日目。最終日。
 
 え〜、朝の顔・・・






     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 そして、午後の回収時の顔・・・



 「土用干し」終了の瞬間がやってまいりました。
 カラカラになった梅干を瓶の梅酢に放り込む瞬間、あまりのキモチの良さに

   ジュッ

という音を立てるという伝説がある。誰が。梅干が。
 ワタクシはかつて、そんな音を聞いたコトはありませんが。
 で、ソノ瞬間がやってまいりました。





 やっぱり・・・しませんでした。
 梅酢も瓶ごと「土用干し」してあり、チンチンに温まっています。これで、あとは、梅酢をガンガンに吸ってしばらくウトウトして八ッと目が醒めると、ワシの胃袋の中ちゅーコトやねぇ。

 そして明日はいよいよ「土用の丑の日」です。
 ああ〜、なんかバラ色の日々というか黄金の日々が続くなぁ〜。おてんき
         

「梅干日記」2008 Α& まだ続くDM

  • 2008.07.22 Tuesday
  • 20:42
    
 「土用干し」二日目の朝の顔です。ところで本日は大暑。



昨日初日の劇的な変化に比べて



今日は大きな変化はないと思われますが・・・



さて今晩、どんな顔になるでしょうか?
・・・・・
 ・・・・・
  ・・・・・
 ソレはまた明日の朝。

 梅干の赤は紫蘇の赤ではなくて、梅干自らの赤だというコトがよく分かります。勿論、紫蘇を入れたモノは紫蘇の赤に染まるので、違う赤になりますが。吸収した牴謄┘優襯ー瓩塩として噴き出しておる。
        
 ところで、今度は会計事務所からDMがきた。
 相続税のご相談は・・・と書いてある。なるほどねぇ・・・はぁ〜次から次へと。会席⇒石材店⇒温泉ホテル⇒ギフト⇒税理士・・・まだ予想出来ない何か・・・DMあるのかなぁ〜。だんだんチョッと楽しみになってきたゾ。
             

「梅干日記」2008 ァ&梅雨明けリポート

  • 2008.07.21 Monday
  • 21:25
   
 というコトで今朝「土用干し」初日を迎えました。
 34℃とか37℃とか無茶苦茶暑かったぁ〜。ま、狹斃儡海憩和瓩任呂△蠅泙靴拭

 朝の「干し始め」と初日夕方「撤収後」の顔色です。一日でこんなに変わります。

          ぽっ

干し始め






初日撤収後



ん〜 香りがマッタク変わりました。


 それから、昨日「転落人生絶交後」初のドライブに出かけました。久々に、田んぼ〜山歩きしました。梅雨明け夏のスナップを・・・


夏雲


梅雨が明けると蜘蛛が稲に蜘蛛の巣を張るそうです。ホントにありました。真ん中アタリ・・・分かりますかねぇ?


竹薮の中に差し込む夏日。ヒグラシのがシャワーがスゴイ!


いつもの木場潟の夕暮れ。

 以上、梅雨明け+猛暑日リポートでした。
          

「梅干日記」2008 

  • 2008.07.20 Sunday
  • 23:21
     
 今年は今日が「土用の入り」。
 土曜日に「土用の入り」というのは・・・別に意味はありません。

 「土用」というのは春夏秋冬にそれぞれあって、季節の変わり目の緩衝ゾーンにアタルらしいね。
 今年の「夏の土用」は7/19〜8/6で、「土用の丑」は7/24と8/5の二日。コノ両日はやっぱゼッタイ鰻を食べんとイカンでしょ。中国産・台湾産・韓国産・北挑戦(あ朝鮮やった)産・熊本産・愛知産・それぞれの偽装モノなどいろいろあるので、よーく吟味したうえで、あとはお好みでどーぞ。
 ちなみに、ワシは「土用の丑」とは無関係にオールシーズン牘靴粒焼瓩鮨しております。大好ブツなのです。一日三食365日食べようと思えば食べれます。というワケで牘靴粒焼瓩砲弔い討蓮後日またジックリ考察したいと考えております。

 ソノ前に、「土用の入り」といえば「土用干し」。

 母のコトがあってから「梅干日記」が中断しておりました。(ブログ自体が中断していたのでアタリマエか。)

 梅酢はタップリチャップリ上がって、以下のような状態です。        

            
 もうとっくに、紫蘇を入れていなければならないのですが、買っておいた紫蘇がゴタゴタの間、放置してあり、気がついたら枯れており、というか腐っておりというか、とにかく「使用不可」になっておりました。
 というワケで、今年は紫蘇は入れず、「白梅干」でいこうというコトになりました。喪に服して・・・というワケでもないのですが。

 「土用干し」は毎年梅雨が明けるか明けないか悩ましい頃になるので、ソノ日の天気を見て、家内が総合的に判断して決定されます。梅干製造過程で最も胸トキメク数日の始まりです。今年はいつから干すのか・・・またご報告します。

 と、ココまで書いてワシはフと思った。「ワシはナニ故に毎年毎年倏澳垣渋ぅ廛蹈献Дト瓩縫灰譴曚俵淑海垢襪里?」
 ソレはアノ桃のような香りと「劇的な色の変化」にあるのダ。たぶん。「球体における緑⇒黄⇒桃(肌)⇒赤グラデーションの経時的変化」にトキメクのである。・・・やや秋の紅葉に似ておるかもしれんな。
 青梅購入後一〜二日に起こる青(緑)⇒黄ゾーン梅酢が湧き出す(黄⇒桃(肌))瓶の中ゾーン全身を一挙に紅に染める土用干しゾーンの三段階中、そのピークは「青(緑)⇒黄ゾーン」と「土用干しゾーン」にあるが、「土用干しゾーン」は最も華やかでソノ色めき立つ様は感動モノなのである。あ〜あ〜あ〜・・・狂おしい。
 ま、倏澳垣渋ぅ廛蹈献Дト瓩剖縮のない方には全く何のコトだか分からんでしょうが・・・。スンマセンね。
 
 「梅干日記」2008 イ紡海。
 (て、本日、全国、娑婆中、コノアタリも倏澑明け瓩靴燭蕕靴い任垢福
                     

「梅干日記」2008 

  • 2008.06.27 Friday
  • 20:01
   
 6/18の△ら一週間以上が過ぎ倏濘櫚瓩皀船礇奪廛蠑紊ってきました。


撮影/昨晩(漬けてから八日目)

 色は相変わらず・・・暗いなぁ〜。傷んでいるモノもありますなぁ〜。

 俗に「梅干ばばあ」という言い方をします。コレは完成梅干のコトですが、しかし、今チョッと思ったのですが、土用干し後は確かにシワシワではあるものの、紅が差している分、なかなかイロッぽいワケで・・・ん〜「梅干熟女」というのが正しいのではないか。熟女ブームでもあるし。
 で、現在の梅酢が上がった、即ち、水分抜かれた今コノ段階の梅がシュワシュワとしてナヨ〜としているコノ状態が「梅干ばばあ」の比喩としては正しいのではないか。ん〜、けど、まだ青梅の残像を残している分(匂いもまだ桃のような・・・しますねぇ)、ばばあの一歩手前と見るべきか・・・いやいや、やっぱ狄Ш稔瓩陵彖任魯妊イな。

 うんうん、そんな気がする。土用干し後の完成梅干のアノ強烈な酸味をどう解釈するかやね、ばばあにしては自己主張が強過ぎはしないか・・・いやいや、ばばあも自己主張するなぁ、けど、やっぱ、イロッぽいしねぇ・・・ん〜、ムズカシイなぁ・・・ばばあ経由の熟女という、ま、順序は多少ミョーではありますが、ま、そんな感じがするワケだけど・・・次回までにもう少し考えてみます。
             

「梅干日記」2008 

  • 2008.06.18 Wednesday
  • 22:23
  
 本日、第二弾の塩漬けです。
 つまり前回の未熟者がイッチョマエになったので、もぉええやろ、と。

 で、前回なかった画像「水に浸った梅」をアップして、ご機嫌を伺います。(誰の?)


ノーマルモード


ブルッとモード
      

「梅干日記」2008 

  • 2008.06.16 Monday
  • 23:47
   
 というワケで今年も我が家の「梅干日記」の始まりです。

 昨日購入した南高梅です。(今年は少なめ。サイズはLL。ちなみにワタシはXL。)
 昨晩のうちに下ゴシラエ(蔕(ヘタ)取り)は終わっております。


 写真は青いですが、ホントはもっと黄色いです。桃のようなエエ匂いが漂っております。

 瓶を熱湯洗いしまして


 瓶を冷しまして、この間、梅は水に浸かっております。(水にあまり長く浸けると梅は茶色くなるそうです。我が家は1〜2時間だそうです。)



 で、塩をして、梅酢が上がるまで待ちます。(一週間くらい?というコトは「梅干日記」2008△楼貊鬼峺紊?)



 今日は比較的青いモノを除いた2キロほどを漬けたので、重りも2キロだそうです。


     
 残りの青い梅たちを、漬けるのはいつかッ?!家内のみぞ知るのである。
               

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM