吉田の顔面

  • 2019.01.22 Tuesday
  • 09:08

 

 吉田の顔面ブロック、身を挺して、カラダを張って、気合の好守備ではあったが、ワシは笑ろた。大笑いしてしもた。

 吉田の顔がフツーサイズだったら、あのブロックは無理だったかもしれない。

 長い。馬面・・・・そして強面(コワモテ)。

 今どきの若者にしては、顔デカイよねぇ〜。オッサンでもなかなかおらんよ、アレだけの巨顔。

 目の上から頭頂部へかけての距離が長い。かつコワイ。頭蓋骨がどんなんか、チョッと見てみたい。

 けど、アノ手の顔は、たまに笑うと破顔一笑、よりチャーミングに映るから得。

 で、さすがの吉田でも、アノ至近距離からの強烈シュートの威力には耐えきれず、後ろにボテと倒れはしたものの、すぐにココロを入れ換えて、というか、遠ざかる意識を取り戻し(?)、我に返ってヒョッコリ跳ね上がるように跳び起きた。アレもヨカッタ。ウケた。けど、痛かったやろうねぇ、いくらアノ顔でも。しばらく焦点合わんかったんちゃうか。

 次はベトナムかぁ・・・・アタリマエに考えれば、ねぇ、・・・なんでしょうけど、しかも不気味というほどでもないし、ねぇ、・・・けど分からんわね。アノ韓国人監督はなかなかのクセ者みたいやし・・・。けど、集中力さえ途切れなければ、ま、・・・はい。

 モンダイはソノ次のイランやね。

 けど、とにかく目の前の1勝。今の段階でイランの心配は要らん。ふ。

 

 

 錦織がまた、ナンちゅう試合しとんねん。連日長いわぁ。

 負けたかと思ったら巻き返し、コノまま行くかと思ったら、相手が息を吹き返し、コリャもう負けたなと思ったら、追いついて大逆転勝ち。5時間5分やと。ははは。

 サッカーなら軽く3試合できとるやん。

 で、次は・・・また、ジョコジョコビッチ。

 互いに体力擦り減らして・・・タイヘンや。

 

 

😊今朝のNHK朝の連ドラ『まんぷく』😊

洗濯機、冷蔵庫、テレビ・・・三種の神器。カフェ白薔薇のテレビは、まるで神棚。さて、ラーメン。発明の母は、福子の発言「1日の中でイチバン大変なのは毎日の食事を考えるコト」にあった。そしたら発明の父は世良の発言か?いよいよ天才発明家萬平が動き出す。久々の内田有紀登場。チョッとアップ過ぎか。ところで武士の娘は情緒不安定?躁鬱気質?笑いと涙、喜びと悲しみのフレ幅が狭すぎるというか、起伏が激しすぎるというか・・・大丈夫か?ま、見てて飽きない。

 

Thumbnail
●和モノ 【絵本『CONTON』】 http://www.youtube.com/watch?v=RA1t2ssZk_o
びごーじょうじ×KatsukiHarusuke
洋モノ 【CONTON English version】 Picture Book『CONTON』Joji Bigo×Harusuke Katsuki
Story and Pictures:Joji Bigo/Music:Harusuke katsuki/Translated:Yukiko Nakata

 

残念タイ

  • 2019.01.21 Monday
  • 13:09

 

 今晩、日本vsサウジ戦ですけど、ソノ前に、つい、タイvs中国戦見てしもた。

 日本がサウジに勝つと、次にヨルダンとベトナムの勝者と当たるコトになるからと、NHKがチャベチャベとBSで中継したので、つい見ていたら、ソノ続きで、つい。

 ベトナム、凄いね。

 

 ナンか、チョッと他人ゴトとは思えず、完全にタイの応援しておった。

 チョッとチラッと初めてタイ行っただけで、モノスゴイ身内感満載で、勝手に味方感大盛りで・・・・いつの間にこんな親タイ派になってしもたのか・・・・やっぱアノ僧侶のオーラのせいか、アヒルのせいか、ヨーダおばばの呪いか、或いは、カンチャナブリ―加藤浩次の怒りのせいか・・・・。

 そーそー、Jリーガー3人もおるんやねぇ、タイ代表。

 ついついズルズルと最後まで見てしもた・・・残念でした。

 

 ただ、正直言うと、内心ホッとしておる自分もいる。

 日本代表応援だけでも、神経も体力も磨り減らしておるというのに、タイが勝ち進んで、日本とタイの両方を応援するとなると、ほぼほぼ毎晩フラフラにならなけばならなくなり、日常生活に支障を来たすキケンがあるからだ。

 

 大迫の臀部の違和感てドーなの。

 そもそも尻の違和感てナンなん?

 

 

😊今朝のNHK朝の連ドラ『まんぷく』😊

萬平、無職。静かなお正月。けど家族水入らずで、コレはコレでええやんけ。画家宅はみんな揃って大賑わい。で、また武士の娘は萬平のコトをボロクソ言うとる。シンイチさんはアノまま信用組合の専務理事。考えてみたら、萬平て、多くの人の就職斡旋ばっかりしとるなぁ。萬平の退職金5万円のお年玉持参。シンイチさんと福子の友だちトシちゃんと世良が訪ねて来てくれて、ソコに画家一家もお節持参で来て、大賑わいやん。武士の娘の提案らしい。ええ正月や。めでたいめでたい。

 

Thumbnail
●和モノ 【絵本『CONTON』】 http://www.youtube.com/watch?v=RA1t2ssZk_o
びごーじょうじ×KatsukiHarusuke
洋モノ 【CONTON English version】 Picture Book『CONTON』Joji Bigo×Harusuke Katsuki
Story and Pictures:Joji Bigo/Music:Harusuke katsuki/Translated:Yukiko Nakata

 

人工衛星利用の新時代?

  • 2019.01.19 Saturday
  • 09:41

 

 ナンかズーッと「タイ旅記」ばっかり書いておったら、アタマがタイに固定したまま前に進まず、コレでやっと平常日常のフツーのオッサンに戻れそうです。

 とは言うものの、今日はネタがない。

 

 と思っておったら、ニュースで2つの宇宙ネタが流れておった。

 ひとつは日本のネタで、衛星から小さい金属球を宇宙空間に放出して、地球に落ちてくる際に燃えるのを見上げて、ああ流星やぁ、と。人工的に流星を作るという計画。

 もうひとつはロシアのネタで、宇宙空間に太陽光を反射する特殊な素材の帆を拡げた小型衛星をいくつも上げて、ソレをコンピューターでコントロールして並べて、地上から見たら光る点々で描かれた文字とか絵柄にして、CM広告にするという計画。遠い空に浮かぶ電光掲示板。壮大な大文字焼きみたいいなモンか。

 

 前者は、ナンのために?キレイやぁ〜、てコトやろか。たまたま燃え尽きずにアタマに落ちてきたら穴開くやん。

 後者は、技術的に実現を問題視する声もあるとか。天文学者からは宇宙観測に支障を来たすのではないかという声もあるとか。そんなバカデカイもんでもないのに影響あるんやろか。テレビで見たCGによる想像図では、なかなか幻想的でオモシロイと思たけど。夜空に浮かぶ大文字焼き。

 

 けど、ドッチも、誰も気つかんだら悲しいなぁ。

 

 

😊今朝のNHK朝の連ドラ『まんぷく』😊

萬平の提案が通った。そして今後もガンバレと、あのシビア担当者は言った。借家新居には畑。旧家の中はカラッポ。リヤカーで新生活スタート。子どもらに屈託なし。武士の娘はトーブン出番なくなる・・・てコトはないよね。今や、武士の娘がいないと寂しい。そしていよいよやっと来週からインスタントラーメン発明編みたいや。

 

Thumbnail
●和モノ 【絵本『CONTON』】 http://www.youtube.com/watch?v=RA1t2ssZk_o
びごーじょうじ×KatsukiHarusuke
洋モノ 【CONTON English version】 Picture Book『CONTON』Joji Bigo×Harusuke Katsuki
Story and Pictures:Joji Bigo/Music:Harusuke katsuki/Translated:Yukiko Nakata

 

タイ旅記 最終章 〜ワット・ポー壁画の雑談〜

  • 2019.01.18 Friday
  • 09:15

 

 塩谷やったねぇ〜。絵に描いたような猿顔。赤いし。

 ポイチジャパン、やったやないの。先行されてからの逆転勝利というのが、またえかった。

 全替えのBチームで勝って、申し分ない、言うコトなし。内容なんか関係ない。結果が全て。満点。

 考えたら、ウズベクもBチームやったんかな。ナンか前より弱くなったような気がしたけど。

 コレでまた、セルジオ越後屋がドノようにケチをつけるのか楽しみ。

 ソーソー、タイが決勝トーナメントに残った、というコトで応援しよーっと。

 

 

 さて、「タイ旅記」の最後は、ワット・ポーの回廊の途中にあった壁画たちの雑談です。(怪しい・・・)

 

 

左白髪:アノ日本人親子のタイ王国4泊5日旅、楽しそうやったね。滞在中、ズッと見とったけど。

    ま、チョイ疲れたみたいやけどね。・・・・あのオヤジなんか、カオが死んどる

右白髪:日本との気温差にカラダがビックラこいたみたいや。

    日本代表の大変さが分かった、とか言うとったけど・・・ナンか勘違いしとるな

 

   

左水牛:いろんなトコ行ったみたいやね。

右水牛:象は見ただけで、待ち時間が長すぎるし、乗るのは諦めたらしいわ。

    タイ古式マッサージも諦めたし、ムエタイも行けんかったらしいゾ。体験型、全滅。

 

   

左虎:都市部のチョー近代的風景と地方の田舎風景の落差がモノスゴクて、ビックリしとったな。

右虎:昭和30〜40年代の日本を感じて懐かしがっとった。若い日本人観光客はドー見とるんやろか。

 

   

左牛:日本のかつての風景を知らんワケやもんね、ヤングは。日本も昔はもっと活力あったのに・・・。

右牛:タイは、東南アジアの経済先進大国建設現在進行形やからねぇ。

 

 

左象:けどねぇ「微笑みの国」とは感じんかったみたいやゾ。そんなに優し気な感じはせんかった、と。

右象:素朴な感じはしたけど、お店のオバチャンなんかも不愛想で無表情やとモンク言うとったな。

左象:微笑んでおるのかドーかは分からんが、ワット・プラ・マハタ―トのアレはやっぱインパクトあったみたいや。

 

 

左イケメン:インパクトいうたら、コノ西洋人の石像はナンなんや〜、

      よぉ分からんモンが時々紛れ込んどるなぁコノ国は、て、ウケとった。

右イケメン:石文化には不慣れやな、木文化やもんな日本は。ソレにしてもコノ石像はナンなん?

 

 

左キリンみたいなナニか:ソーソー、インパクトいうたら、やっぱコレに尽きるて、やたらウケとったね。

右キリンみたいなナニか:うん。戦場にかける加藤浩次て、勝手に名前までつけとったね。そんなに似とるんか?

イケメン:さあ。

 

 

下段のマッサージツボ衆:ま、ご苦労さんでした。

            セントレアの写真らしいけど、行きのか帰りのか分からんらしいわ。

            やっぱアホやな、アノ夫婦。

全員:ま、コップンカー。

ワシ:コップンカー?・・・カップンコーやろ?・・・ん?コップンカーかな?      (おしまい)

 

 

😊今朝のNHK朝の連ドラ『まんぷく』😊

武士の娘も女給に。世を忍ぶ仮の姿。白薔薇、流行っとんなぁ〜。ユーアービッグビッグカレーオッケー?世良も騙されるんやねぇ。明朝時代の大皿やと。カレー特大盛り。萬平、頭取を3時間待ち。萬平は辞任と、梅田銀行から池田信用組合への人員の出向を提案。ドラマは粛々と進行。以上

 

Thumbnail
●和モノ 【絵本『CONTON』】 http://www.youtube.com/watch?v=RA1t2ssZk_o
びごーじょうじ×KatsukiHarusuke
洋モノ 【CONTON English version】 Picture Book『CONTON』Joji Bigo×Harusuke Katsuki
Story and Pictures:Joji Bigo/Music:Harusuke katsuki/Translated:Yukiko Nakata

 

タイ旅記 タイ王国の僧侶

  • 2019.01.17 Thursday
  • 09:52

 

 昨日の続き。

 タイではドコへ行っても僧侶を見掛けた。

 タイにおける僧侶の位置づけというのはモノスゴク高くて、王様の次くらいかぁ?

 で、ソノ次に大切にされるのが老人・高齢者・年寄り(全部いっしょ)らしい。

 そして、コノ序列は老若男女にバシッと浸透しており、暗黙の了解、不文律となっているようなのだ。

 

 でもって、コノ事実を立証するような事件に、ワシは偶然遭遇したのであった。

 

   

 

電車で、乗降口横の3人掛けの席に座っておったときのコト。

ワシが乗降口側の左端で、右隣に若い男女のカップルが座っていた。

 

ドコゾの駅で停車した際、2人の僧侶が乗ってきた。

2人がコチラの席に向かって歩みを進めると、驚くほど素早い反応でワシの隣のカップルがピュッと立ち上がった。

ソノまま流れるように両手を合わせ拝みつつ席を空け、通路へ移動した。

席を譲ったワケね、2人の僧侶に。

 

2人の僧侶は至極アタリマエといった感じでソノ席に着こうとした。つまりワシの右隣。

・・・むむむ。事態をよく呑み込めないまま、コレはワシも立たねば手討ちにされるかもしれんと思い、腰を浮かせた。

すると、2人のうちの年輩の方の僧侶がコチラに目を向けるコトもなく素早く手をかざし、ワシの動きを制した。

 

「よいよいソノままでよい。アンタは座ったままでよい」という暗黙の指示と理解できた。

とにかくオーラがハンパないの。

 

横に立っていた息子に「コノままでええんか」と小声で聞いたら

「タイでは坊さんの次に年寄りが敬われるから、ソノまま座ってて構わんよというコトや。

 坊さんがええと言うんやからソレでいいのだ。

 つまりアンタは年寄りというコトじゃ」

と息子に言われ、ラッキーなような、そんなに老けとるのか・・・フクザツな想いになった。坊さん認定シルバーシート。

 

息子からは「決して坊さんに触れてはいけない。修行によって清らかに浄化された坊さんのカラダが汚れてしまうからの。

      ソレほど我々は汚れておる、不浄というコトじゃ」(ソレはとてもよく分かる)

と、事前に言われていたので、ワシは左端のポールにしがみ付いて、極力僧侶に触れないように心掛けた

  ※しかし、あとで調べたら、坊さんに触ってイカンのは、女性のハナシらしい。

   ま、日本でもお祭りゴトのアレコレや、神社仏閣のアレコレについて、女人禁制という戒律は今もある。

   だいぶウヤムヤになったものもあるけど。

   とにかくコノ時のワシは、そんなコト知る由もなく息子の言いなりなのであった。

 

今ほどワシを制した隣の僧侶が、座って間もなく懐からスマホを取り出し(裸足の僧侶の胸元からスマホ・・・やや驚いた)

ナニかサクサクといじったあと、眠りについた。

深く寝入る僧侶。

やがて徐々に僧侶の股が弛緩して開き始めた。ワシの太腿を僧侶の太腿がグイグイ押し始めた。

ドレだけ両足を揃え左寄りに肩身を狭くしても限界。

僧侶の太腿とワシの太腿はピタリと密着し、僧侶の体温がビンビン伝わってくるほどだ。

ワシが悪いワケではないゾ。コレは不可抗力というモンでしょ。

 

真っ黒に日焼けした僧侶からは、土のような草木のような匂いがした。

手と足がやたらと大きく肥大して見えた。

顔に刻まれたシワがとても深く、ソぉ〜ッとマッチ棒を挟めば、顔じゅう合計で20〜30本は軽く保持できそうである

 

ふた駅ほどで、ワシらは先に下車した。僧侶はグッスリ眠ったままだった。

キビシイ修行でお疲れなのだ。たぶん。

 

 さて、ソノ後、ワシは浄化され、帰国後、清く正しく美しく日々を過ごし、下々の者々に功徳を施しているコトは言うまでもない。

 

 ソレはウソだが、実は帰国後チョッとええコトがあったりして、コレはきっと右太腿からナニかを授かったからに違いないと思っております。

 恐るべしご利益。偉大なる密着パワー。

 ソーなると、やや心配なのが、アノ僧侶のコトであります。

 恐らく、僧侶の功徳とワシの不浄が置換したのではないか、と。

 ワシの不浄は並みの不浄ではなく、今頃アノ僧侶はドノようなコトになっておられるのか・・・・・・ゴメンナサイ。

 

 

😊今朝のNHK朝の連ドラ『まんぷく』😊

今度もまた差し押さえ。逮捕はあるか?家中の家財道具に担保物件差し押さえの札がペタペタ。自分の布団は確保する武士の娘。シンイチさんは悪の手先と嘆く武士の娘。そりゃ可哀そうや。組合員からも融資金回収か。波乱万丈の萬平福子一家であった。テレビドラマはコーでねーと。

 

Thumbnail

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM